グラデーションカラーはもう時代遅れ!?表参道でヘアカラーが得意な美容師のブログ✨

昨日はhoyuさんが開催してくださったカラー技術講習会に参加させて頂きました!!

 

世界的カラーリスト《Daniel Galvin》さんとアシスタントの《Lily Wakeman》さんがロンドンから来日されていて、新しいカラー技法

 

URBAN LIGHT(アーバンライツ)』についてご紹介されていました!!

 

Daniel Galvinさんは超一流芸能人や著名人が世界各国からヘアカラーをされに来るほどの

それはそれはすごい人なのです★

 

その中で感動した事、勉強になった事をご紹介させて頂きたいと思います♪♪

 

スポンサーリンク

 

今街中を歩いているとグラデーションカラーをされている女性がとても大勢いらっしゃいます!!

 

少し前までは、僕の働いている表参道のサロンでも

 

一日に10名とか20名の方が、

グラデーションカラー※をされにいらっしゃっていました!!

※髪の根元を暗めの色にして、毛先の部分を明るくするカラー

(毛先1/3を明るくするのが一般的)

 

今でもグラデーションカラーをご希望のお客様は多くいらっしゃいますし、

根元のリタッチ(カラー後の新しく伸びてきた髪の毛)が目立たないというのがこのグラデーションカラーのポイントの一つですので、毛先の色抜けした部分だけ色を入れ直したり、違う色にしてグラデーションカラーのバリエーションを楽しんだりされている方も多くいらっしゃいます!!

 

 

前置きが長くなりましたが、

今回の本題

グラデーションカラーに変わる、ヘアカラー新技法

 

『URBAN LIGHT』を少しだけ、ご紹介させて頂きます!!

 

仕上がりはグラデーションカラーに近いのですがグラデーションカラーよりナチュラルで動きの出やすいヘアカラーです!!

 

 

ここからは美容用語だらけになってしまいそうなので、簡単に説明すると

 

頭の上半分(トップと呼ばれる部分)と

下半分(ネープ&両サイドのハチより下の部分)

を分けて下半分の所だけをカラーしていくというものです☆

 

このカラーはセクションカラーとも呼ばれていますが、このセクションカラーと違う所は、

カラーする下半分にハイライト、ローライトを入れていくというところです!!

 

セクションカラーハイ・ローライト+グラデーションカラー

という訳です!!

 

色の明るさの違い(メリハリ)をどれだけ出すかによって

10代20代の方はもちろん、40代50代の方でも

お楽しみ頂けるヘアカラーだと思います!!

 

今回の講習会は自分自身も大変勉強になりました☆

 

 

講習を聞きに来ている周りの美容師さん・カラーリストさんの真剣さ、目に見えるような向上心がとても刺激的でした!!!

 

hoyuさん、Daniel Galvinさん、Lily Wakemanさん

ありがとうございました☆

 

こちらもどうぞ⇩

ハイライトかグラデーションかどちらか迷っている方にオススメの春カラー☆ハイライト+グラデーションで【欲張りカラー】♪

 

♡ブリーチ一回で出来る『ハイトーンハイライトベージュ』♡

 

ブリーチ無しのグレージュハイライ

 

スポンサーリンク


The following two tabs change content below.
Tomohiro Makiyama

Tomohiro Makiyama

表参道のbluefacesという美容室で美容師をしています 特にハイトーンカラーが得意です!! 足立区生まれ静岡育ち メカニック(カメラやパソコン)や美容器具が大好きです!! ホットペッパークーポンを使用してのご予約はこちら

コメントを残す