シリコン?ノンシリコン?どっちのシャンプーが良いの??

シャンプーって何を基準に選んだら良いのか分からない!!

という方は多くいらっしゃるかと思います!

 

確かに僕が働くサロンにもオーガニックやノンシリコン、アミノ酸系などなど、様々なジャンルのシャンプーが置いてあります!

 

一体その中からどのシャンプーを選べばいいのか!?

 

結論から言いますと、『人によって、ベストなシャンプーは違うという事です』

 

それはもちろん髪質だったり、頭皮の状態や今の髪のお悩みなどによって、自分にとってベストなシャンプーは変わってくるという事です!!

 

それを理解した上で、このページの本題の

【シリコン入りシャンプー】と
【ノンシリコンシャンプー】の違い

をご説明させて頂きます!!

自分にはどっちが良いのか判断の基準にしてみて下さい^o^

 

スポンサーリンク

シリコンとは?

シリコンは主に髪をコーティングしてくれる働きをする為に、シャンプーに添加されています!

シリコンシャンプーのメリット

・髪にツヤが出る
・指通りが良くなる
・ドライヤーの熱から髪を守ってくれる!
・髪の広がりを抑えてくれる
・シャンプー中に髪同士が擦れる摩擦を減らしてダメージを防ぐ

 

これだけ見ると、シリコンは凄く素敵な成分に見えますよね!!

 

ではなぜ今、そのシリコンが入っていないノンシリコンシャンプーが人気なのかをご紹介します★

 

それはシリコンシャンプーのデメリットを書くことで理解して頂けるかと思います!!

 

シリコンシャンプーのデメリット

・毛穴にシリコンが詰まってしまう
・髪質によっては髪がペタッとなりやすい
・シリコンのコーティングが邪魔してトリートメントが浸透しにくくなる

 

解説していきます!

 

1、毛穴にシリコンが詰まってしまう

シリコンにはコーティングするという機能があると先程説明しましたが、それは頭皮にも膜を張ってしまうようなイメージで、シャンプーの洗い残しがあるとシリコンが毛穴に蓄積されて毛穴を塞いでしまう為、毛穴が皮膚呼吸できなくなってしまうのです!

 

すると健康な髪が生えにくくなって、
薄毛や抜け毛の原因にもなってしまいます(*_*)

 

髪が成長したがっていても出口が塞がっていることによって髪の太さが細くなってしまう事にも繋がります_| ̄|○

健康な髪が成長しやすい環境にしてあげることが大事です!

 

2、髪質によっては髪がペタッとなりやすい

これは薄毛にお悩みの方や元々髪が細い方が使用すると、シリコンのコーティングによって髪一本一本の重さが重たくなって、ペタッとしてしまうのです!

髪がしっとりしすぎるとボリュームが出にくくなってしまうのです_| ̄|○

 

 

3、シリコンのコーティングが邪魔してトリートメントが浸透しにくくなる

これも凄く大事なポイントで、シャンプーの後に使用するトリートメントがシリコンコーティングでバリアされて髪に浸透しにくくなってしまいます(*_*)

 

せっかく髪への栄養が沢山含まれたトリートメントを使っても、コーティングで浸透率が下がってしまうとムダになってしまいます!!

 

カラー剤やパーマ液の浸透も悪くなるので、少なからず、カラーが入りにくかったり、パーマがかかりにくくなったりにも影響します!!

 

それが、今ノンシリコンシャンプーが人気の理由ですね☆

実はトリートメントにもシリコンが入っていますので、それを頭皮に着けないように、毛先だけコーティングするっていう使い方もオススメです!!

 

ノンシリコンでアミノ酸系のオススメのシャンプートリートメントはこちら⬇︎⬇︎

mogans モーガンズ ノンシリコン アミノ酸 ヘアシャンプー & コンディショナー ヘアケア ノンシリコンシャンプー アミノ酸シャンプー トリートメント
by カエレバ

 

髪質次第ではシリコンシャンプーの方が良い場合もありますので、一概にノンシリコンシャンプーが良いとは言えない所ですが、自分にあった良いシャンプーを探す基準にしてみて下さい☆

 

スポンサーリンク


The following two tabs change content below.
Tomohiro Makiyama

Tomohiro Makiyama

表参道のbluefacesという美容室で美容師をしています 特にホワイトヘアーやホワイトアッシュなどのハイトーンカラーを得意にしています 足立区生まれ静岡育ち 一眼レフ(Eos5dmark4)が宝物です笑 ホットペッパークーポンを使用してのご予約はこちら

コメントを残す