トリートメントの中身と成分、選び方

このページではトリートメントの中に入っている成分とその効果、トリートメントの選び方まで書いていこうと思います⭐️

どんなトリートメントが自分に合うのかお悩みの方に少しでも参考になればと思います🎶

 

トリートメントの成分と効果

まずは成分とその効果からまとめていきます🎶

 

①界面活性剤

この界面活性剤はシャンプーにも添加されているという事を過去記事『シャンプー の中身と成分、効果について』のページでも書きましたが、トリートメントの中の界面活性剤はその効果とは少し違います。

 

ここでは簡単に説明すると、コンディショニング成分です!

 

これは、トリートメント成分を髪に浸透しやすくするためのものです!!

 


②トリートメント成分

(油性成分、PTT類、動植物抽出液、糖類)

 

トリートメントではこの様々な成分がとても大事になってきます!

 

このトリートメント成分はまた別のページでご紹介します

 


③その他成分
(香料、防腐剤、安定化剤)

 

これは

・香りをつけるための成分

・トリートメントの品質を保つための成分

・紫外線や酸化から守るための成分

などです

 

④溶剤(水)

 

シャンプーでも溶剤としてこの水が出てきましたが、基本的にほとんどのトリートメントでは溶剤として水を使用しています。

 

 

ここまでトリートメントに含まれている成分とその効果について簡単に説明してきました!!

ということでここからはトリートメントを選ぶ基準(選び方)についてかいていこうと思います⭐️

 

スポンサーリンク

 

トリートメントの選び方

 

トリートメント?コンディショナー?リンス?

まずトリートメントに似ている物に『コンディショナー』と『リンス』があります⭐️

この違いが分からない方は、まずこちらをご参照ください⬇︎⬇︎

トリートメント?コンディショナー?リンス?何が違うの??

 

上のページを見ると分かると思いますが、使用して頂きたいのは『コンディショナー』でも『リンス』でもなく『トリートメント』もしくは『マスクトリートメント』です🎶

 

では、どのトリートメントが良いのか??

トリートメントを選ぶのは分かったとして、その先はどのように選べば良いのか?という所ですが、極論から言ってしまえば、『良いトリートメントは一人一人によって違う』です笑

 

ここまで書いてきて何だよ!!と思われるかもしれませんが、髪質は一人一人全く違いますし、今までのケアの仕方やカラーやパーマの履歴などダメージ具合によってもオススメのトリートメントは変わってきます!!

 

トリートメントも大事ですが、ヘアオイルも大切ですのでこちらも⬇︎⬇︎

オススメのヘアオイル3選

 

という事で色々なトリートメントを試してみて、本当に自分に合う物を見つけてみて下さい⭐️

 

ナプラ ケアテクトHB カラートリートメント 250g 【S・しっとり タイプ】
by カエレバ

 

この辺の記事も参考にしてみて下さい⬇︎⬇︎

コタシャンプーがかなり良いと話題なので成分や特徴を調べてみた

シャンプーとトリートメントは同じメーカーの方が良いの?

ヘアケアの本質について、トリートメントよりも大切な頭皮ケアの話し

 

 

スポンサーリンク

 


The following two tabs change content below.
Tomohiro Makiyama

Tomohiro Makiyama

表参道のbluefacesという美容室で美容師をしています 特にホワイトヘアーやホワイトアッシュなどのハイトーンカラーを得意にしています 足立区生まれ静岡育ち 一眼レフ(Eos5dmark4)が宝物です笑 ホットペッパークーポンを使用してのご予約はこちら

コメントを残す