【Q&A】初めてカラーするんですがやっぱりダメージは出ますか?どれくらいの頻度で染める事になりますか?

Q、今までヘアカラーをした事が無いんですが、髪を染めるかどうか迷っています。
やっぱりカラーするとダメージが出るんでしょうか?
あと根元の伸びた部分はどれくらいの期間で染めないと目立ちますか?

 

A、初めてのカラーは不安が大きいと思います。

まずはなぜカラーがダメージになるかという所からご説明していきます!

カラー剤の中に配合されている薬は、大きく分けて2つに分けられます。

1つは髪の中に色を入れる為の色素

もう1つは元々髪の中にある色素を取り除く為の薬

この2種類のうち後者の色素を取り除く(髪を明るくする)為の薬が髪のダメージに繋がるのです。

分かりやすく言うと、
カラー剤はまず髪を明るくして、その後に色素を入れていきます。

それ以外にもトーンダウン(髪を暗くする)の場合に使うカラー剤で、髪を明るくする力が無く、色を入れるだけの薬もあります。

ただ初めてのカラーで地毛を染める場合は必ず髪を明るくする薬が配合されたカラー剤を使用する事になります!

ヘアカラーは絵の具と同じような感じなんですが、髪を画用紙に例えると分かりやすいかと思います!

地毛の真っ黒な髪をカラーする場合は真っ黒の画用紙に絵の具を塗るのをイメージしてもらえると分かると思いますが、絵の具の色が付かないですよね。

だから一度黒い画用紙の色を明るくする作業(薬)が必要になってくるのです。

明るくした画用紙の上なら絵の具が発色しますよね!

ただこの髪を明るくする工程は、
髪の中に入っている色素を破壊して取り除く為、これがダメージの原因になってしまうのです。

日本人の場合は特に元々髪の色素が濃いので西洋人に比べて黒っぽくなっています。

その色素を抜く為に使う薬がダメージに繋がっているのです!

あと根元の伸びた部分は髪の明るさや色によっても変わりますが人によっては1〜2ヶ月で根元の伸びた部分(リタッチ)が気になってくると思います。

これは染めた髪色が明るければ明るいほど早く気になりやすくなるので、ブリーチ等でかなり明るくした髪だと1ヶ月も経たないうちに根元の暗い部分が気になり出したりします。

基本的に髪色は根元が一番暗くて毛先に向かって段々明るくなっていくナチュラルなグラデーションが一番自然に見えるので、
そこまで明るくしないカラーの方が比較的気になりにくいというポイントもあります!

一番最初のカラーは心配なことも多いと思いますのでしっかり美容師にその事を伝えるのが大切です^ ^

僕も初めてのカラーを担当させて頂ける事はとても嬉しいですしその方の人生を左右すると考えていますので、
髪を染めてみたいけど少し心配という方は是非お気軽にご相談下さい☆

ご連絡お待ちしております^ ^


《マキヤマのブログを見て》と言っていただければ初回は30%offで施術させて頂きます

いつでもご連絡お待ちしてます

bluefaces表参道(東京都港区南青山5-8-1セーヌアキラB1)

TEL:03-5485-3662

 

「スポンサーリンク」


The following two tabs change content below.
Tomohiro Makiyama

Tomohiro Makiyama

表参道のbluefacesという美容室で美容師をしています 特にホワイトヘアーやホワイトアッシュなどのハイトーンカラーを得意にしています 足立区生まれ静岡育ち 一眼レフ(Eos5dmark4)が宝物です笑 ホットペッパークーポンを使用してのご予約はこちら

コメントを残す