お店に置いてある傘袋でちょっとイラってしたお話し。

基本的にこのブログは髪の毛や美容について書いているんですが、今日だけはちょっと違うお話しを。

 

それは雨の日にスーパーやご飯屋さん?にもよく置いてある「傘袋」についてです笑

 

スポンサーリンク

 


それは、先日の台風の時に僕が良く行くスーパーで起こった出来事です!


その日は、台風の影響で非常に雨風が強い日でした。

 


僕は帰宅途中でしたが、買いたい物があったので、そのスーパーに立ち寄ろうと傘を閉じて、入り口にあった傘袋を1枚手に取り、傘を入れました。

 


足元にはいつもは1枚しか置いていない、マットが2枚引いてあったので、そこで靴の裏の水分を拭き取るように歩きながら、そのまま店内へと入って行きました。

 

店中には既に数人のお客さんがいました。

店内に入ってすぐの僕の見える範囲には、3人のお客さんました。

 

その3人とも傘袋に入れた傘を持っていました!
(台風なので当たり前ですが)

 


僕が外の雨風から逃れて一息着いたその時。

2人組みのカップルが店内に入って来ました。

 

もちろん2人とも傘は持っています。

びしょ濡れの傘です。

でも傘袋には入れずに、そのままの状態で持っています。

そしてそのまま店内に入って来ました。

 


その2人は、足元のマットも普通に通過してサクサク歩いて来たので、傘の先端からは水滴が滴り落ちています。


そしてそのまま、何も無かったかのように買い物を始めました。


。。。。。。。。

 

 

何のためにお店が傘袋を置いているのか?

何のために足元にマットを引いてあるのか?

 

何故か僕は悲しくなりました。

 


逆にポリ袋を使わないからエコなのか??


だとしたらもう少し傘の水滴を落としてからお店に入って来たらどうだろうか?

 


確かに傘をガチャと差し込むと勝手に袋に入る最近のタイプのやつでは無く、手動で1枚ずつ手に取って袋に入れるやつでした。

 

だから自分の手が濡れたり汚れたりするのが嫌なのか???

店内の床がよごれるのはオッケーなのか??

 

 

これはまた別件ですが、いつも、雨の日にモップでコンビニの床を拭いているバイトの子を見たりすると、大変そうだなーと思ったりしてました。


コンビニにも傘立てがあるのにそのまま店内に濡れたまま持って入って行く人達。
(傘が盗まれたりするのが嫌な気持ちは分かります)


せめて水気は落としてから入ろうよー!

という傘袋のお話しでした笑

皆様はどう思いますか??

 

スポンサーリンク


The following two tabs change content below.
Tomohiro Makiyama

Tomohiro Makiyama

表参道のbluefacesという美容室で美容師をしています 特にホワイトヘアーやホワイトアッシュなどのハイトーンカラーを得意にしています 足立区生まれ静岡育ち 一眼レフ(Eos5dmark4)が宝物です笑 ホットペッパークーポンを使用してのご予約はこちら

コメントを残す