ムラシャンと色素成分の話し

何個かムラシャンについての記事を書きましたが

今回は紫シャンプーをはじめ、ピンクシャンプー、シルバーシャンプーなど

カラーシャンプーについて少し詳しく突っ込んだページを作っていきたいと思います

 

カラーシャンプーとは

カラーシャンプーとは何か?

まずこれを解説していこうと思います

カラーシャンプーは通常のシャンプーとは違い

シャンプーの中に色素成分が配合されています

 

色素成分とは何か?

image

上の画像は僕のオススメしてる『エンシェールズ』のピンクシャンプーの成分表示ですが

この画像でいう一番下の≪赤213≫のように

≪色○○○(数字)≫で書かれているのが色素成分です

見づらくすいませんw

 

これはカラーバターやカラートリートメントといわれるものにも入っています

下の画像は同じ≪エンシェールズ≫のカラートリートメント(フラッシュピンク)です

image

成分表示はこちら

image

上の方には水・トリートメント成分(油分)・界面活性剤(水と油分を混ぜ合わせる為の成分)・防腐剤

とたくさんの成分が並んでいます

ここまでは普通のトリートメントと同じような成分配合なんですが

下の方にはカラーシャンプーと同じように≪色○○○(番号)≫が書いてあります!

これが色素成分です

 

シャンプーのラベルが見にくかったのでカラートリートメントで説明しましたが

カラーシャンプーもこれと同じで

普通のシャンプーと同じような成分色素成分で構成されています

 

色素成分とカラー剤は違うのか?

カラー剤はカラーシャンプーと違い1剤と2剤の2種類の薬があります。

簡単に説明すると、1剤は色素が入っている薬で、2剤は髪の毛に色素を入れるための薬です。

先に結論を書くと、カラー剤とカラーシャンプーは全然違う物です。

1剤には色素が入っているのですが、これだけでは髪の毛は染まりません。そこで2剤が必要になってくるのです。

2剤の役割は髪のキューティクルを開いて1剤の色素を髪の中に浸透させることです。

カラー剤はこの2種類の薬があって初めてカラー剤として使用できるのです。

 

紫シャンプーやシルバーシャンプー、ピンクシャンプーに配合されている色素成分は2剤を必要としない成分で、カラー剤が髪の中に色素を入れるのに対してカラーシャンプーは髪の表面に色素を乗せるイメージです。

どちらかというとヘアマニキュアに近いです。

その成分(マニキュアに比べるとかなり薄い)が髪の表面に着くことで、ヘアカラーの補助的な効果ができるのです。

ムラシャンの記事は結構書きましたがカラー剤とカラーシャンプーの違いはこれでお分りいただけたかと思います✨

 

スポンサーリンク

 


The following two tabs change content below.
Tomohiro Makiyama

Tomohiro Makiyama

表参道のbluefacesという美容室で美容師をしています 特にホワイトヘアーやホワイトアッシュなどのハイトーンカラーを得意にしています 足立区生まれ静岡育ち 一眼レフ(Eos5dmark4)が宝物です笑 ホットペッパークーポンを使用してのご予約はこちら

コメントを残す