ラインザバーム使ってみました!

昨日ラインザバームについてのブログを書いたんですが、今日は実際に同期が購入したラインザバームを使わせてもらいましたので、その質感や使った感想を書いていきます☆

image

ラインザバームの成分について

まずはこのラインザバームの成分を見ていこうと思います☆

image

写真だと分かりにくいので、ラインザバーム成分表より↓↓

シア脂、ミツロウ、ワサビノキ種子油、ビワ葉エキス、トコフェロール、マンダリンオレンジ果皮油、ベルガモット果皮油、レモン果皮油、エンピツビャクシン油、ニオイヒバ葉油、ジャスミン油、べチべル根油、ビタミンE


完全に100%オーガニック成分ですね

シアバター(シア脂)、ミツロウ、ワサビノキ種子油の3種類が多く配合されているので、保湿成分たっぷりですね

成分を見ると、ラインザバームはスタイリング剤とヘアケア剤の中間の様な感じがします

というか両方の良いとこ取りな感じです☆

美容業界でもかなり話題で保湿力が高いシアバターとミツロウ

この2種類が配合されることで、ラインザバームはしっとりまとまる髪の毛に仕上げられます

そしてその2種類の次に多く配合されている「ワサビノキ種子油」

これは別名「モリンガオイル」とも呼ばれていて、サラッとしていて、抗酸化物質を豊富に含んでいる成分です

「奇跡のオイル」と呼ばれている、モリンガオイルはこのラインザバームの1番の特長と言っても良いかもしれません

髪だけでなく肌にも使用できる上に、抗酸化作用の高い物質が配合されているとはかなり凄いです( ̄▽ ̄)

ニキビや炎症している部分にモリンガオイルを塗るとそれを抑えてくれる効果もあるそうです


とにかく身体全体で乾燥が気になるような所にどんどん使える逸品です♡


実際に使ってみた

成分ばかり良くても実際に使ってみないとなんとも言えませんので、使っていきたいと思います☆

中身はこんな感じで固形の状態になっています↓↓

image

ワックスとオイルは一緒?

ワックスとオイル一緒のようで、実は少しだけ違うんです!!!

簡単に2つの違いを説明すると

・ワックスは常温で個体

・オイルは常温で液体なんです!!

どちらも油なんですが常温での形状によって呼び方が変わるのです^ ^!!

という雑学は置いといて笑

ラインザバームを手に取って馴染ませると個体だったワックスが体温によって液体に変わっていきます

ラインザバームの香りについて

香りがまたオレンジ、ベルガモット、レモンの果皮油の香りで癒し効果を与えてくれます( ̄▽ ̄)☆

風でなびいた女性の髪からこの香りがしてきたら、男性はイチコロでしょう笑

本当に良い香りでこれを全身に使ったら歩くアロマデュフューザーなんじゃ無いかくらいに良い香りです!

失礼しました笑

ラインザバームの質感
オーガニック100%の油分によってしっとり束間が出ながらまとまるという感じです!


後日ラインザバームを使用した写真もアップしようと思いますので楽しみにしていて下さい✨


 

 

「スポンサーリンク」


The following two tabs change content below.
Tomohiro Makiyama

Tomohiro Makiyama

表参道のbluefacesという美容室で美容師をしています 特にホワイトヘアーやホワイトアッシュなどのハイトーンカラーを得意にしています 足立区生まれ静岡育ち 一眼レフ(Eos5dmark4)が宝物です笑 ホットペッパークーポンを使用してのご予約はこちら

コメントを残す