ドライヤーの温度と消費電力(W数)育成光線などについてご質問を頂きました!ヴェーダブライト、ホリスティックキュアRPなどについて解説します!

beauty

先日このブログに、ご質問のコメントを頂きました!!

ありがとうございます ^_^

 

 

これまでも何度かコメントを頂いて来ましたが、

今回も本当に面白い(ステキな)ご質問でしたので。

 

このページで僕の知る限りでご紹介、解説をさせて頂ければと思います!!

 

 

コメントを頂いたブログ記事を書いたのは

ヤーマンさんのドライヤー【ヴェーダブライト】が発売された時の記事でした。

 

こちらの記事ですね⬇︎⬇︎

ヤーマンドライヤー「ヴェーダブライト」が遂に!!やはりヤバイやつでした。ヴェーダブライトまとめ

 

 

このブログは2019年の7月に書いた記事でした。

(今から1年ほど前ですね。)

 

という事で!!!

早速内容に入っていきたいと思います。

 

 

ドライヤーの温度と消費電力(W数)育成光線などについてご質問を頂きました!

 

今回頂いたご質問がこちら⬇︎⬇︎

はじめまして!
ドライヤーを買い替えようと悩んでいます。
こちらのヴェーダブライトBSとホリスティックキュアドライヤーRPとで悩んでいます。
低温で乾かすドライヤーはぶっちゃけどうなのか、ホリスティックキュアドライヤーのクレイツイオン(テラヘルツが云々)といった効果はどうなのかとも気になっています。
また、ホリスティックキュアドライヤーRPは1400Wと消費電力が高めなのも気になっています。
(ホリスティックキュアドライヤーRPは熱風の温度が公表されていないため髪のダメージとかも気になっていたり、、、)

もしアドバイス頂ければ嬉しいです!
ブログ、大変参考になり楽しく読ませて頂きました!

 

 

こちらこそ読んでいただき本当にありがとうございますm(__)mm(__)mm(__)m

そしてコメントを下さりありがとうございます♡♡

 

アドバイスとまで言えるか分かりませんが、僕の知る限りでお話しさせて頂きます。

 

 

まず今回のご質問を整理してみます!!

この方は、新しいドライヤーの購入を考えてらっしゃるとの事でした。

 

具体的には、

【ヴェーダブライトBS】(ヤーマン)

 

【ホリスティックキュアRp】

 

この名前が上がっていました。

 

この2つのドライヤーはもちろん、

他のドライヤーとも比較して今回のご質問について解説していきます!!

 

 

そして、ドライヤーを選ぶ上でいくつかのポイント(疑問)を挙げられていました!!

それが、

 

1、ドライヤーの温度(低温)の違い

2、ドライヤーの消費電力(W数)

3、テラヘルツ(育成光線)の効果

 

 

順番は変わりますが、この3つについて解説していきたいと思います♡

(少し長くなりますが、お得な情報もありますので是非最後までご覧ください!)

 

 

 

1、ドライヤーの温度(低温)の違い

まずはドライヤーの温度の違いとその効果について。

 

現在発売されているドライヤーを

【温度】という観点から見ると4つの種類があります。

 

 

それは

低温ドライヤー

手動温度切り替えドライヤー

自動温度切り替えドライヤー

④温度管理無しドライヤー

の4つです。

 

順番に見ていきます。

 

 

①低温ドライヤー

低温ドライヤーの1番のメリットは熱のダメージを抑える事ができる点です。

特に髪の長さが長い方の場合は毛先のオーバードライ(乾かしすぎ)を抑えてくれる効果も大きいです!

(要するに、低温ドライヤーだと誰が使ってもダメージになりにくいんです。)

 

ご質問にあった「ヴェーダブライト(ヤーマン)」「復元ドライヤー」なんかが有名です。

 

 

 

②手動温度切り替えドライヤー

対して、エレメアドライヤー(クレイツ)なんかは

細かく温度設定が可能(40〜120度まで5段階)なので、上級者にはこちらが使いやすいです。

(車で言うとギアを自分で変えるマニュアル車のような感じです。)

 

 

 

③自動温度切り替えドライヤー

また、最近家電芸人さんがテレビで紹介して話題になった「ドレープフロードライヤー」(SHARP)や、「ビューテックドライヤー(リファ)なんかは自動で温度を調整してくれるタイプです。

 

低温ドライヤーだと髪を乾かす時間が長くなりやすいというデメリットがあります。

 

しかし、この温度自動変換機能ならそのデメリットは無くなります。

温度調整機能=プロセンシング機能と呼ばれたりします。

(ダイソンドライヤーだとヒートインテリジェンスという。)

 

このタイプは車で言うと「オートマチック車」のようなイメージです。

 

 

④温度管理無しドライヤー

まぁ。

いわゆる普通のドライヤーです。

 

 

温度の観点から言うとこんな感じです。

 

最後の④温度管理無しドライヤーは度外視するとして(笑)

 

低温ドライヤー

手動温度管理ドライヤー

自動温度管理ドライヤー

 

この3つのタイプから選ぶ事になるんですが。。。

 

これは、車を買う時の様に好みが分かれます。

 

 

①低温は乾かすのに時間がかかります。

時間がかかっても良いからとにかくダメージ無く乾かしたい人には良いでしょう。

 

②手動は自分で温度管理をする必要があります。

車の運転好きな人はマニュアル車でギア操作が面白い様に、ドライヤーの温度変化を自分でやりたいというタイプです。

 

ちなみに、僕はこのタイプです。

美容師という職業病なのか、もう少し温度を高くしたいとか低くしたいとか考えながらブローしたりしますので!

 

かなりのモノ好きタイプです。笑

 

 

最後は、自分がどのタイプが良いか分からないという方は個人的に

③のオートメーション(自動化)されたドライヤーがオススメです。

 

 

理由は1つ!

良いドライヤーの効果を楽に体感出来るからです。

 

 

①と②は時間がかかったり、温度管理したりと労力が必要でした。

そこに労力をかけたくないという方は③の自動温度切り替えドライヤー1択でしょう!!

 

※車の例えが分かりにくかった方はスルーして下さい。笑

 

 

 

2、ドライヤーの消費電力(W数)

続いてドライヤーの消費電力についてです。

 

ここは、

なんと無〜くのイメージとして理解して頂きたいのですが、

 

ドライヤーの消費電力というのは、

風量×熱

 

この2つのエネルギーの組み合わせでほとんどが決まります。

 

大風量のドライヤーほど消費電力(W)が大きく、

温度が高いドライヤーほど消費電力(W)が大きい

です。

 

 

風を起こす、熱を起こす

この2つにはエネルギー(電力)が必要だからです。

 

その結果、大風量で温度が高いほど消費電力は大きくなります!!

髪が乾くまでの時間はもちろん短くなります。

 

 

ご質問にあった様に、

ホリスティックキュアドライヤーは1400Wです。

 

他のドライヤーに比べて中々消費電力が高いです。

試しに比較してみましょう!!

 

 

レプロナイザー4D

1200W

 

 

 

リファドライヤー

1200W

 

 

 

ヴェーダブライト

1000W

 

やはり「ホリスティックキュアRp」ドライヤーはかなり高い消費電力ですね。

 

 

これは個人的な感想で、実際に温度を測った訳では無いのですが、

初代ホリスティックキュアドライヤー(黒いやつ)を使った時にかなり温度が高かったのを覚えています。

 

 

なんと初代ホリスティックキュアドライヤーは1500Wだったのです。

 

これですね⬇︎

 

ご質問にあった【Rp】より高いですね。

Rpの方が100W下がっていますので、流石にこれよりは温度は低いと思いますが、

他のドライヤーに比べると高めですね。

 

 

ホリスティックキュアRpは、モード切り替えができるのである程度なら調整可能ですが。

温度の話は最初の所でお話ししたのでこれくらいにします。

 

 

消費電力=風量×熱(温度)

なんと無くこのイメージを持っているとドライヤー選びがしやすくなるかと思います。

(場所によっては1500Wは使えないコンセントもあるのでご注意を。)

 

 

 

3、テラヘルツ(育成光線)の効果

最後はテラヘルツ(育成光線)の効果についてです!!

最近の高級ドライヤーでは割とスタンダード化されてきている、育成光線です。

 

 

メーカーによっては【テラヘルツ波】とか【バイオプログラミング効果】とか【ハイドロイオン】とか言ってたりします。

 

【NASA】が認めたという育成光線(遠赤外線)なんですが、本当に効果はあるのか?

この様な質問は良く頂きます。

 

 

僕が初めて育成光線のドライヤーを触ったのは【ヘアビューロン2】というドライヤーでした。

 

これです⬇︎

懐かしい。。。

今から5年以上も前の

2014年の12月のことでした。

 

その時僕は感動を覚えました!

こんなドライヤーがあるんだ!!と!

 

僕がドライヤーマニアになったのはこの時からでした。

 

 

育成光線は目には見えないので本当に怪しくて詐欺のようですが(笑)実際に使ってみるとビックリ、髪が柔らかくなるのです!!

 

しっとりするという言い方が正しいのでしょうか?

とにかく普通のドライヤーの乾き方と違って髪が生き生きしているような感じになります。

(めっちゃウソくさいですが。笑)

 

 

今回のご質問の中にあった

【テラヘルツ波】はクレイツさんのホームページを見ると分かりやすいですが、

遠赤外線の中にある波長の光なんです。

 

この光が髪やお肌に作用する事で髪やお肌のしっとり具合が変わってくるんです。

 

 

個人的な感想だと、今この効果の最高峰は僕も毎日家で使っている【レプロナイザー4Dプラス】だと思っています。

6万円近くしますが中々良いドライヤーですよ。

高すぎ。笑

 

 

まとめ

今回頂いたご質問に、僕の知る限りの情報をお答えさせて頂きました。

 

【ホリスティックキュアRp】と【ヴェーダブライト(ヤーマン)】

どちらもかなり良いドライヤーです。

 

あえてどちらかを選べと言われたら。

 

僕なら

【ホリスティックキュアRp】を選びますね。

 

こっちの方が新しいですし。

 

 

もう一言付け足すなら、

【リファドライヤー】を検討してみるのもアリなのかなーと。

 

同じくらいの値段ですし。

 

 

更にお金を出しても良ければレプロナイザー4Dもありかもしれませんね。。。

高いけど。笑

 

 

という事で!

今回ご質問を下さりありがとうございましたm(__)m

 

この様な感じで、

ご質問には出来る限りお答えしていけたらなと思いますのでお気軽にコメント下さい♡

 

 

そして最後に大切な情報を!!

高級ドライヤーをお得意に購入する方法(裏技?)があります!!

 

その方法はこちらでご紹介しています。⬇︎

高級ドライヤーや高級アイロンを最安値で購入する方法を知りたい人必見。レプロナイザーやリファドライヤー、ヘアビューロンは楽天市場で!この方法、タインミングで買え!!

 

 

 

このページでご紹介したドライヤーはこちらからチェックできます⬇︎

 

 

 

 

コメント

  1. はんだかずや より:

    すごく分かりやすく解説して頂きありがとうございます!

    もやもやしていたのがすっきりしました!!
    大変参考になりました!!

    これからもまた相談にのって頂けたら嬉しいです!

    お忙しいなか、本当にありがとうございます!

    • Tomohiro Makiyama より:

      どっちも良いドライヤーなので、あとは好みの問題なのかなぁと思います!
      新しい家電を選ぶのは中々楽しいですよね(大変だけど。笑)

      こちらこそご質問頂き、ありがとうございました!
      むしろ、新しいドライヤーの候補を増やしてしまってすいませんでした。笑

      いつでもお気軽にご相談くださいませ^ ^

  2. はんだかずや より:

    ありがとうございます!

    実は、頭の片隅に復元ドライヤーPROの存在もあり、少し気にしていました。。。
    復元ドライヤーってどうなんですかね、、、。

    度々質問ばかりですみません

    • Tomohiro Makiyama より:

      とんでも無いです。
      いくつでもご質問ください。笑

      復元ドライヤーPROすごく良いですよー!!
      デザインには好みが分かれますが、性能はすごく良いです。

      個人的にはホリスティックキュアやヴェーダブライトより好きです!!

      参考になれば嬉しです⬇︎
      https://makiyama.blue/hukugen-pro-saikoou/

  3. はんだかずや より:

    返信ありがとうございます!
    (インスタ、フォローさせて頂きました!)
    大変参考になる記事で読み込んでしまいました!笑
    復元ドライヤーPRO、そそられます笑

    やっぱりスゴいドライヤーなんですね~
    復元ドライヤーPROについて、ボチボチ調べてみました。
    旧型の復元ドライヤーと比べて、モーターがデジタル式になって耐久性が上がったとHPで見かけたのですが、
    これは、ホリスティックキュアとかヴェーダブライトとかダイソンと同じように、ブラシレスDCモーターを採用していのでしょうか??

    ご存知ですかね??

    • Tomohiro Makiyama より:

      フォローありがとうございます☺️
      少しでも参考になれば幸いです。

      ブラシレスDCモーター!
      中々マニアックですね!!

      恐らくブラシレスDCモーターだと思います。
      が、公式では独自開発と言っているので少しだけ違う可能性もありますね。

      育成光線の呼び方、アプローチの仕方がメーカーよって違うようにモーターに関してもそうかもしれませんね!!

      マニアックな質問ありがとうございます笑

  4. はんだかずや より:

    早速のお返事ありがとうございます!
    そうなんですよね、ルーヴルドーさんの公式HPでも詳しく載ってないんですよね、、、。

    やっぱりドライヤーの心臓部はモーターが命だと思うので、、笑

    実はいま、パナのナノケア(当時の最上級モデル)を8年ぐらい使っておりますが、新品の頃と比べると、明らかに、
    モーターの音が疲れてる音がする、風量が落ちたように感じています。。。

    このことから、モーターのスペックにはちょっとこだわりがありました笑

    • Tomohiro Makiyama より:

      確かにドライヤーのモーターは車のエンジンと同じですからね!

      パナ最上位とはもしかして黒い「プレミアムビューティー」ですか??

      8年使われたならかなり元は取れましたね。笑
      ドライヤーは5年くらい持てば頑張った方ですね!!

      • はんだかずや より:

        やっぱり長く使いたいですし、心臓部は大事ですよね~

        8年は使いすぎましたね笑
        でも、そういう時に限ってなかなか壊れない笑
        まぁいいことなんですけどね笑

        きょう家電量販店にいって、最新のナノケアドライヤーと音等を比較してきましたが、やはりモーターの音が全然違う、、、
        風量も強くて、、
        8年の寿命を感じましたね

        いま使っているナノケアドライヤーは、EH-NA94というモデルです!

        • Tomohiro Makiyama より:

          長期的に使うのならブレシレスが良いですねー!

          モーターの劣化が先に来るというのは、逆にパナソニックの素晴らしさですね!!
          (他の部分がそれだけ丈夫という事ですからね!)

          最近はさらにパワーUPしてますよね!!!
          パナソニックのプレミアムドライヤーも中々良いですよ!
          ↪︎パナソニックプレミアムドライヤーがやっぱりプレミアムだった件について。

          • はんだかずや より:

            あれから復元ドライヤーPROのモーターの件でメーカーに問い合わせをしたら、モーターの公表はしておらず、、、ということでした、、
            音的にはヴェーダブライトBSと似ているなーと思っていたので、DCモーターっぽい感じもするんですけどね、、、
            ブラシレスかまでは分からないですね~

            パナソニックさんはドライヤー意外でも家電は長持ちするイメージがありますね!
            ナノケアもさすがですね!
            ただ、ナノイーとか諸々イオンを発生させる部分と磨耗してそう気はしそうな感じですね~

          • Tomohiro Makiyama より:

            そうなんですね!!

            貴重な情報をありがとうございますm(__)m

            どうなんでしょうかねー?
            気になりますね。。笑

            長持ちを考えたらやはりダイソン、ヴェーダブライト、ホリスティックが良さそうですね!!

  5. はんだかずや より:

    メーカーのサイトでは復元ドライヤーproはデジタル式モーターとは書いてるんですけどね~
    耐久性も上がってるとも書いてますね~
    でも、復元ドライヤーはどちらも日本製なので、信頼は高そうですよね!

    • Tomohiro Makiyama より:

      すいません。遅くなりました。
      復元ドライヤーが日本製なのはかなりポイント高いですよね☺️
      復元PRO使い続けて変化があれば感想教えて下さい!!!

タイトルとURLをコピーしました