【青髪】「ブリーチなし」でも可能「ブリーチあり」との違いや色落ちは?

ブルーブラック/青髪

青髪(ブリーチなし)にしたい人

・青髪は「ブリーチなし」でも出来ますか?
・「青髪(ブリーチなし)」はどんな感じかな??

・青髪にしたいけどブリーチのダメージが心配だなぁ

 

青髪(ブリーチなし)が得意な美容師

このブログでは
・青髪は「ブリーチなし」でも可能
・青髪「ブリーチなし」と「ブリーチあり」の色落ちの違い
・ブリーチのダメージが心配ならケアブリーチ
これらについて解説します

 

本記事は特にこんな人にオススメです。⬇︎

  • 青髪(ブリーチなし)に出来るか知りたい
  • 青髪にしたいけどブリーチのダメージが心配
  • 「ブリーチなし」と「あり」でどんな違いがあるか知りたい

 

このブログを書いているのはこんな人

マキヤマといいます。

・青髪(ブリーチなし)が得意な美容師
・自分も青髪にしたりする
・表参道(青山)で10年ほど美容師をしています

 

今回はそんな僕が「青髪(ブリーチなし)」について徹底解説しています。

「青髪(ブリーチなし・あり)の色落ち」についても解説していますので、これから青髪にしてみたい人はもちろん、既に青髪に染めている人も必見です。

 

 

【結論】青髪はブリーチなしでも可能

さっそく結論からですが青髪は「ブリーチなし」でも染める事は可能です。

「ブリーチなし」でどれくらいの青髪になるんですか?

それでは「青髪(ブリーチなし)」について、色々チェックしていきましょう。

 

 

青髪は「ブリーチなしでもここまで染まる」

これらの青髪は「ブリーチなし」で染めています。⬇︎

青髪は(人によっては)ブリーチなしでも、ここまでキレイになります。

割としっかり「青髪」ですね!笑

ただ、全ての人がここまでの青になる訳ではありません。
その辺りを踏まえて「青髪(ブリーチなし)」について、さらに深掘りしてみます。

 

 

黒染め、白髪染めがある人→「青髪(ブリーチなし)はNG」

青髪にするには、ある程度ベースが明るい必要があります。

その為「黒染め」や「白髪染め」の履歴がある人は「ブリーチなし」で青にする事は難しいのでブリーチが必須になります。

では「黒染め」や「白髪染め」していなければ「青髪(ブリーチなし)」が可能ですか?

その可能性は高いです!

ただ、黒染めや白髪染めがあっても、人によっては「ブリーチなし」でも可能な場合もあります。

要するに「個人差が大きい」という事ですね。

その通りです!

担当の美容師さんとしっかり相談しましょう

 

 

継続するとさらに青髪に?

(当たり前ですが)「ブリーチあり」の場合は、髪のベースを明るくするのは簡単です。

むしろ、その為にブリーチ するんですよね。笑

そうなんです!

反対に「ブリーチなし」でベースを明るくするには、時間がかかる場合もあります。

「ブリーチする」or「時間をかけて明るくする」という感じですね。

その通りです!!

継続して青を入れていくと、色の抜け幅がどんどん大きくなっていき、さらにキレイな青髪が入るようになります。(実は、このように長期的にベースを明るくしていく染め方の方がダメージが少ないです。)

 

 

【ブリーチありの青髪】は「ブリーチ なし」よりキレイ?

ここまで「青髪(ブリーチなし)」について見てきましたが、紛れもない事実が1つあります。

なんですか??

それはブリーチありの方がキレイ(鮮やか)な青が入るという事です。

やっぱり…。笑

ヘアカラーは「画用紙と絵の具」の関係に近いです。
・画用紙が髪(ベースの明るさ)

・絵の具がカラー剤
どれだけキレイな絵の具を塗っても画用紙(髪)が黒だと色が入りません。

これと同じで「ベース(画用紙)を明るくする事」はとても重要なんです。

 

 

「青髪(ブリーチあり)」はこんな髪色

「ブリーチあり」で染めた青髪がこちらです。⬇︎

最後に1枚だけ変なのが混ざってますが、お気になさらずに。笑

やはりブリーチありの方が青は出やすいですね。

逆に「そこまで青みを強くしたくない人」は「ブリーチなし」でもありかもです。

 

 

青髪は「ブリーチの有無」より「ベースの明るさ」が重要

ここまでブリーチの有無について見てきました。

本当に大切なのは「ブリーチの有無」ではなく「ベースの明るさ」です。(ブリーチありでも濃い色素が入っていてベースが暗ければ青が入らない事もあります。)

「個人差もある」んでしたね。

そうです!

「今の自分がどれくらいのベースの明るさなのか?」を意識すると青髪をより楽しむ事が出来るでしょう!

 

 

「青髪(ブリーチなし)」と「ブリーチあり」の色落ちの違い

ここまで「ブリーチなし」と「ブリーチあり」の青髪について見てきましたが、もう1つ大きな違いがあります。

どんな違いですか?

それは「色落ち」の違いです。
ブリーチの有無によってこれらの色落ちの違いがあります。⬇︎

  • 透明感が違う
  • 色落ち過程も楽しめる
  • 緑になるかも?

僕の髪の写真付きで簡単に解説します。笑

 

透明感が違う

当たり前ですが、ブリーチありの色落ちの方が透明感があります。
この理由はベースが明るいからです。

僕は2回ブリーチして青に染めたので透明感がマックスな色落ちです。
青に染めてから1週間後の色落ちがこんな感じです。⬇︎

シルバーっぽくてめっちゃ透明感です。(好みが分かれる色かも。)

 

 

色落ち過程も楽しめる

これも透明感とほぼ同じですが「ブリーチあり」の方が色落ちしていく過程が楽しめます。
2週間後の色落ちがこちら。笑⬇︎

アッシュグレーっぽい感じですが、これは「ブリーチなし」では出せない色です。

 

 

緑になるかも?

ブリーチありの青髪の場合、ベースの黄色が強い場合があります。(ブリーチ1回の人は特に)
髪の黄色が強い上に青を入れると「黄色+青」で緑になる事もあります。

この場合は紫シャンプーを使用するなどの、黄色を打ち消す対策が必要になります。
「青髪(ブリーチなし)」ではこの心配はありません。

青髪が緑になる件についてはこちらのブログをどうぞ。⬇︎
【なぜ緑?】ブルーブラックの色落ち後が緑になる理由 「対処法も解説」

 

 

「青髪(ブリーチなし)」のメリット

「青髪(ブリーチなし)」にはメリットもあります。
それがこちらです。⬇︎

  • ダメージが少ない
  • 派手になりすぎない
  • 緑になりにくい

ここまで読んでくださった方なら、これだけで理解できるはずです。

とにかく、青髪は「ブリーチあり」「ブリーチなし」それぞれにメリット、デメリットがありますのでその辺りをしっかり考慮してください。

 

 

ダメージが心配なら「ケアブリーチ」

本当は「ブリーチあり」の青髪にしたいけど、ダメージが心配という人は「ケアブリーチ」もオススメです。

「ケアブリーチ」ってなんですか?

ケアブリーチはブリーチのダメージを95%以上カットしてくれるという魔法の(?)ケア剤です。
ブリーチはもちろん、カラー剤にも混ぜる事も出来ます。

これだけでブリーチやカラーのダメージがかなり減るので、ケアブリーチも検討してみても良いかもです。

参考ブログ
【ケアブリーチ】デメリットは3つ「デメリットよりメリットが大きすぎる」

 

 

「青髪(ブリーチなし)」を楽しもう

今回は「青髪(ブリーチなし)」について徹底解説してきました。
青髪は「ブリーチなし」「ブリーチあり」どちらでも可能です。

それぞれの特徴を理解して、自分に合った方を選ぶようにしましょう。
どうしても決められない場合で、表参道まで来店可能な人はこちらからLINE下さい。⬇︎

一人一人の髪の状態を見ながら相談させていただけます。
いずれにせよ、このブログを読んでくれたあなたが「キレイな青髪」になる事を願っております。

青髪についてはこちらのブログもどうぞ。⬇︎

【青髪】メンズが急増中 「おしゃれメンズが青髪に染める理由」

【メンズ】青髪が超クールで大人気「青髪の色落ち(写真付きで解説)」
青髪メンズについて知りたいですか? このブログでは「青髪メンズが得意な美容師」がメンズの青髪について徹底解説してます。 「青い髪色に染める際の注意点」や「青髪の色落ち」についても解説していますので、これから青髪にしたい人は必見です。

【青髪】色落ちを写真付きで紹介「色持ちを良くするポイントは3つ」

【青髪】色落ちを写真付きで紹介「色持ちを良くするポイントは3つ」
青髪の色落ちについて知りたいですか? このブログではヘアカラーが得意な美容師が「青髪の色落ち」について解説しています。 自分自身の髪を青髪にして、色落ちを写真で紹介していますのでご興味のある方は参考にしてみてください。(閲覧注意かも?笑)

青髪にはムラシャンは使えるか?ネイビーシャンプー?

青髪にはムラシャンは使えるか?ネイビーシャンプー?
青髪(ネイビーヘアやブルーブラック)のヘアカラーは何色のカラーシャンプーを使えば良いか知りたいですか? このブログでは青髪のヘアカラーで使った方が良いカラーシャンプーは何色なのか?について解説しています。 今青髪(ブルーブラックなど)のカラーをしている方。これからする予定の方は参考にしてみください。

それではまた♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました