【青髪×ボブ】が最強「染め方は?グラデーションでも可能??」

ブルーブラック/青髪

「青髪ボブ」について知りたい人

・青髪ボブってどんな感じ?
・青髪ボブのグラデーションって合うかな?
・青髪はセルフで染めたりも可能?

 

青髪×ボブが得意な美容師

このブログでは
・【青髪×ボブ】が最強
・青髪ボブはグラデーションでも可愛い
・青髪はセルフでも染めれる?
これらについて解説します。

 

本記事は特にこんな人におすすめです。⬇︎

  • 青髪ボブにしたい
  • 青髪のグラデーションにも興味がある
  • 染め方やケア方法も知りたい

 

このブログを書いているのはこんな人

マキヤマといいます

・青髪ボブが得意
・ブリーチを使ったハイトーンカラーが得意
・表参道で10年ほど美容師をしている

 

今回はそんな僕が「青髪×ボブ」について徹底解説していきます。

これらか青髪ボブにしたい人、気になっている人は必見です!

 

 

青髪ボブはこんな髪色

早速ですが「青髪ボブ」はどんな感じなんですか?

青髪ボブはこんなスタイルです。⬇︎

カッコいいですね!!

そうなんです!
クールな感じなので、可愛い過ぎるのは嫌な人には最高に合いますよ!

 

 

青髪ボブの染め方「ブリーチ回数は?」

青髪ボブの染め方についても知りたいです。

それでは、青髪ボブの染め方を深掘りしてみていきましょう。

 

 

ブリーチ回数は?ブリーチ無しでも可能?

そもそも青髪にする場合はブリーチ何回すれば良いですか?

これはボブに限らずですが、青髪にするにはブリーチ1回が基本です。
やりたい青髪の色によってはもっと多くなる人もいます。

ブリーチ無しでは難しいですか?

髪質やベースの色によってはブリーチ無しでも可能です。

ブリーチ無しで青髪にしたい人はこちらのブログもどうぞ。⬇︎
【青髪】「ブリーチなし」でも可能「ブリーチあり」との違いや色落ちは?

 

 

 

青髪ボブの染め方

青髪とブリーチについて分かった所で、具体的にどのように青髪に染めるかを解説します。

青髪の染め方は次の3ステップです。⬇︎

  1. ベースを明るくする(ブリーチ)
  2. 青を入れる
  3. ホームケアをする

順番に解説していきます。

 

 

①ベースを明るくする(ブリーチ)

まずは先程解説したように、ブリーチでベースを明るくする工程です。

目指すべき青髪によって必要なブリーチ回数が変わりますので、担当美容師さんと相談して、自分に合ったブリーチ回数をするようにしましょう。

以前、僕自身の髪をブリーチ2回して青を入れた時のブログも参考にしてみて下さい。⬇︎
【メンズ】ブルーブラックの髪色は市販で可能? 「美容師がセルフで染めてみた」

 

 

②青を入れる

ベースの状態が整ったら、青を入れていきます。
ポイントは「イメージよりも濃いめの青を入れる」という事です。

なぜ濃いめが良いんですか?

その理由は「青が比較的色落ちしやすい色だから」です。
染めたてだけでは無く、色落ちも楽しめるように濃いめに色を入れる事が重要です。

ブルーブラック(ほぼ黒な青髪)とかも人気ですよね。

そうなんです!!
その方が絶対色抜けも楽しいですよ!

こちらのブログもどうぞ。⬇︎
【メンズ】青髪が超クールで大人気「青髪の色落ち(写真付きで解説)」

 

 

③ホームケアをする

上で解説したように、青髪は色落ちしやすい色です。
だからこそ、お家でのケア(ホームケア)も重要です。

具体的にはどんな事をしたら良いですか?

青髪のホームケアで重要になるのは「カラーシャンプー」です。

色付きのシャンプーですね!?

そうです!

青髪の場合は何色のシャンプーを使えば良いですか?

結論から言うと「基本的には紫シャンプー」でOKです。
カラーシャンプー上級者は青系の色素が入っている「ネイビーシャンプー」という種類を試してみても良いかもです。

そんなシャンプーがあるんですね!!

こちらのブログもどうぞ。⬇︎
【青髪】カラーシャンプーは何色を使う?「結論は紫かネイビー」ピンクもあり?

ボブくらいの長さの人ならバランスが取れているエヌドットの紫シャンプーがオススメです。⬇︎

ネイビーシャンプーはこちら⬇︎

 

 

青髪ボブはグラデーションも可愛い

実は、今回ご紹介した青髪ボブはグラデーションで染めています。
もちろんグラデーションではなく全体を染めるのもありですが、グラデーションにはいくつかメリットがあります。

どんなメリットですか?

その点を解説します。(グラデーションに興味がない人は飛ばしてもOKです。)

 

 

青髪ボブ×グラデーションのメリット

青髪ボブをグラデーションで染めるメリットはこの3つです。⬇︎

  • 根元が伸びても気になりにくい
  • ダメージ部分が限定的
  • おしゃれ

簡単に解説します。

 

 

根元が伸びても気になりにくい

グラデーションの方が根元が伸びてきた時にリタッチが気になりにくいという利点があります。
特にブリーチありの場合はブリーチしている所とブリーチしてない所でバッチリ分かれてしまいます。

長く楽しむならグラデーションの方が良いかもです。(月一くらいでまめにリタッチ出来る人はむしろ全体の方が良いかも?)

 

 

ダメージ部分が限定的

グラデーションの高さにもよりますが、ブリーチの高さを低めにすればダメージ部分(範囲)が限られます。

毛先を切る直前なら、ダメージ覚悟でブリーチで遊ぶ事も出来ますね。笑

高さによってデザインが変わるので、それを楽しむのもありですね!!

 

 

おしゃれ

最後はグラデーションはオシャレという事です。

とはいえ、これは好みによるので、自分が好きな方を選べばOKですね。
ちなみに、ハイライトで青を入れても可愛いですよ。⬇︎

 

 

青髪(ボブ)Q&A

青髪(ボブ)についての疑問がいくつかあるんですが。

では、それらを解決していきましょう。

どんな質問ですか?

この3つについて知りたいです。⬇︎

  • 青髪はセルフでも染めれる?
  • 青髪はメンズでも出来る?
  • ボブ以外ならどんな長さが良い?

順番に解説しますので、気になる所だけチェックしてください。(それ以外は飛ばしてもOKです。) 

 

 

青髪はセルフでも染めれる?

結論から言うと、青髪はセルフで染める事も可能です。(僕自身がセルフで青髪に染めました。)

ただ、ボブくらい長さが長いと、失敗する確率が上がるのでセルフはオススメしません。
美容室で染めるようにしましょう。

 

 

青髪はメンズでも出来る?

もちろん可能です。
メンズの青髪はめちゃくちゃクールです!

メンズもレディースもどちらも楽しめて、青髪は最高の髪色ですね!!

そうなんです。

メンズの青髪についてはこちらのブログを⬇︎
【青髪】メンズが急増中 「おしゃれメンズが青髪に染める理由」

青髪が似合う人の特徴や似合う服についてはこちらのブログもどうぞ。⬇︎
【青髪】「似合う人は?」「似合う服は?」自分は青髪に似合う?

 

 

ボブ以外ならどんな長さが良い?

今回はボブの青髪を中心に見てきましたが、ボブ以外の長さで青髪に合う長さはありますか?

青髪は、基本的にどんな長さにも合います。
上で紹介したようにメンズ(ショートヘア)やロングも合います。
ただ、個人的にイチオシなのは「ミディアム」です。

ミディアムの青髪はボブと同じくらい可愛いですよ。⬇︎

 

 

次のカラーは青髪ボブで

今回は「青髪ボブ」について徹底解説してきました。
青髪ボブは個人的にもめちゃくちゃオススメなスタイルです。

ぜひ、次のカラーは「青髪ボブ」にしてみてはいかがでしょうか?
どこで染めて良いか分からない人はこちらからLINEください。⬇︎

青髪についてはこちらのブログもオススメです。⬇︎

【青髪】長持ちさせる方法(ポイント)とNG行動「写真つきで解説」

【青髪】長持ちさせる方法(ポイント)とNG行動「写真つきで解説」
青髪を長持ちさせる方法について知りたいですか? このブログでは「青髪のヘアカラーが得意な美容師」が青髪を長持ちさせる方法(ポイント)とNGな行動について解説しています。 これから青髪にする人はもちろん、既に青髪で色持ちをよくしたい人も必見です。

【ブルーブラック】がレディース(韓国好き)に大人気「韓国人風カラーとは?」

【ブルーブラック】がレディース(韓国好き)に大人気「韓国人風カラーとは?」
ブルーブラック(レディース)について知りたいですか? このブログではレディースのブルーブラックが得意な美容師が「ブルーブラック(レディース)が人気な秘訣や色落ち」について解説しています。 これからブルーブラックにしたいレディースは必見です。

【なぜ緑?】ブルーブラックの色落ち後が緑になる理由 「対処法も解説」

【なぜ緑?】ブルーブラックの色落ち後が緑になる理由 「対処法も解説」
「ブルーブラックの色落ちが緑になる理由」が知りたいですか? このブログでは「ブルーブラック」のヘアカラーが得意な美容師が「ブルーブラックの色落ちが緑になってしまう理由」について解説しています。 対処方法が知りたいはもちろん、これからブルーブラックにしたい人も必見です。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました