【比較】おすすめのバームは?「ドラッグストアでも買える?」

バーム

オススメのバームについて知りたい人

・おすすめの「ヘアバーム」の種類は?
・レディース、メンズ別々に「おすすめバーム」を知りたいです。
・ドラッグストアで買えるバームでもオススメの種類はある?

 

バーム好きな美容師

このブログでは
・話題の「ヘアバーム」おすすめの種類は?「美容師がセンターパートで比較」
・【結論】おすすめのバームは…。(メンズ、レディース別)
・ドラッグストア(市販)で買えるバームのおすすめは…。
これらについて解説します。

 

このブログはこんな人にオススメです。⬇︎

  • おすすめのバームの種類(メーカー)を知りたい
  • バームの特徴を理解したい
  • 自分の髪にオススメな「バーム」を知りたい

 

このブログを書いているのはこんな人

・バーム好きな美容師
・これまでに数々のバームを使用してきた
・10年以上美容師をしている(現在は表参道でフリーランス美容師として働いている)

 

今回は、おすすめの「ヘアバーム」の種類について解説します。

そもそも、ヘアバームがおすすめな人、おすすめしない人の特徴も紹介しますので、バームを使う(買う)か迷っている人も必見です。

 

 

スポンサーリンク

話題の「ヘアバーム」おすすめの種類は?「美容師がセンターパートで比較」

早速ですが、僕の自撮りをどうぞ。笑⬇︎

これは以前、とある「ヘアバーム」を使ってセンターパートにした時の画像です。

いきなり自撮りでビックリしました。笑

失礼いたしました。笑
という事で(?)早速「おすすめのバームの種類」をご紹介したい所ですが、そもそも「バームの使用がオススメな人」と「オススメしない人」の差が大きいので、その点から解説させてください。

 

 

バームをオススメしない人

まず、そもそもバームの使用をおすすめしない人の特徴から。

このような人は、バームの使用は辞めた方が良いかもです。⬇︎

  1. セット力が欲しい
  2. ドライな質感が好き
  3. 束感が要らない
  4. オーガニック系が苦手

せっかくこのブログに来てくださったのは嬉しいですが、上の条件に当てはまる人は(そもそも)バームの使用はおすすめしません。笑

確かに、合わない人が無理矢理使っても誰も幸せにならないですからね…。

その通り!!

そんな人はこのブログでも読んでいってください。笑⬇︎

【なぜ緑?】ブルーブラックの色落ち後が緑になる理由 「対処法も解説」

【なぜ緑?】ブルーブラックの色落ち後が緑になる理由 「対処法も解説」
「ブルーブラックの色落ちが緑になる理由」が知りたいですか? このブログでは「ブルーブラック」のヘアカラーが得意な美容師が「ブルーブラックの色落ちが緑になってしまう理由」について解説しています。 対処方法が知りたいはもちろん、これからブルーブラックにしたい人も必見です。

 

 

バームをオススメする人

続いては「バームの使用をおすすめする人」の特徴です。⬇︎

  1. ツヤ感、ウェット感が欲しい
  2. 束感が欲しい
  3. オーガニック系が良い
  4. ボディやハンドにも使いたい

基本的には「おすすめしない人」の逆ですね。

そうなんです。
1つだけ違うのは「④ボディやハンドにも使える」という点です。
これについては、この後詳しく解説していきます。

 

 

【メンズ】におすすめなバーム

まずは、メンズにもおすすめなバームの種類をご紹介します。
それがこちらです。⬇︎

N.(エヌドット)ナチュラルバーム

1番初めにあった、僕がセンター分けした画像は、この「ナチュラルバーム」を使用しています。笑

このバームは、レディースはもちろん、メンズにもおすすめなんです。

レディースでも使えるんですね!?

もちろんです。
束感、ツヤ(ウェット)感も最強で、ひとことで言うと「総合力No1」なバームです。

素晴らしい!!

「オーガニックな香り」も男女問わずおすすめです。

ナチュラルバームについては、こちらのブログもどうぞ。⬇︎
【王者】エヌドット「ナチュラルバーム」「美容師が魅力や違いを解説」

 

 

【レディース】におすすめなバーム

続いて、レディースにおすすめなバームについてですが、結論を言うとN.ナチュラルバーム(メンズと同じ)です。笑

えっ!?
それじゃ「メンズ」と「レディース」に分けた意味ないですよね…。

そうですね。笑
という事で(?)もう1つ、おすすめのバーム紹介します。

それがこちらです。⬇︎

(ミルボン)ジェミールフラン「メルティバターバーム」

ピンクのデザインが可愛いですね。

そうなんです。
メルティバターバームは香りも「The女子」という感じで、めちゃくちゃ人気があります。

良い匂いがするのは大切ですね。

ちなみに、メルティバターバームでセンター分けした画像がこちらです。笑⬇︎

ツヤ感(濡れ感)が良い感じですね!

そうなんです。
レディースの外ハネにも超おすすめなバームです。⬇︎

メルティバターバームについてはこちらのブログもどうぞ。⬇︎
【ジェミールフラン】メルティバターの3つの魅力「美容師が口コミ」

 

 

【ドラッグストア(市販)】で買えるバームのおすすめは…。

・メンズにおすすめなバーム
・レディースにおすすめなバーム
これらについては理解しましたが、どちらのバームも美容室でしか買えないですよね?

そうなんです。
どちらも「美容室専売品」と言って、サロンでしか取り扱っていないバームなんです。(最近はドンキとかでも見かけますが。笑)

もっと身近で「ドラッグストア」とか市販で買えるバームでオススメはありますか?

その条件だと、間違いなくプロダクトの「ヘアワックス」がオススメです。⬇︎

これ!

見たことあります!

かなり昔から「ドラッグストア」や「量販店(ドンキやロフトなど)」で販売されている「バームの先駆け」です。

確かに、結構前からあるイメージです。

僕自身もかなり昔に使いましたが、めちゃくちゃ使いやすいので、市販で、ゲットしたいならかなりオススメです。

 

 

バームは「使い方」にも注意しよう

ここまで「バーム好き美容師がおすすなバーム」について解説してきました。笑

ただし、どんなに良い(人気のある)バームを使っても、使い方が悪いと効果的に使えません。

どんな使い方をすれば良いんですか??

例えばこの辺りです。⬇︎

  • しっかり溶かして使う
  • 適量を使う

そして、一ヶ所にまとまらないように「全体に馴染ませる」という事も重要です。

バームの使い方についてはこちらで詳しく解説していますので、参考にしてみて下さい。⬇︎
【5Step】バームの使い方を美容師が解説「NGな使い方も紹介」

 

 

(自分の髪に合う)バームでスタイリングを楽しもう

今回は「バーム好きがおすすめなバーム」を3つご紹介しました。

このブログの内容をざっくりまとめると、こんな感じでした。⬇︎

  • メンズにおすすめ
    →N.ナチュラルバーム
  • レディースにおすすめ
    →メルティバターバーム(もしくはN.ナチュラルバーム)
  • 市販でオススメ
    →(プロダクト)ヘアワックス

この3種類はどれもオススメなので、メンズ、レディース問わず試してみるのもありかもです。

せっかくなら効果的に使って、バームを楽しみたいですね!

その通り!
このブログを読んでくれたあなたが「自分に合うバーム」を見つけてスタイリングを楽しめることを願っております。

今回オススメしたバームはこちらからもチェック可能です。⬇︎

N.(エヌドット)「ナチュラルバーム」

ジェミールフラン「メルティバターバーム」

プロダクト「ヘアワックス」

こちらのブログもオススメです。⬇︎

話題の【バーム】とは?「髪だけでなく肌、リップにも使える!?」

話題の【バーム】とは?「髪だけでなく肌、リップにも使える!?」
今大人気の「バーム」とは?について知りたいですか?このブログでは「バーム好き美容師(笑)」がバームとは「どんなモノなのか?」「どんな使い方が出来るのか?」などについて解説しています。「美容師がオススメなバームの種類」もご紹介していますので、どのバームを買えば良いか迷っている人も必見です。

【濡髪】メンズにおすすめなバームは?「美容師が使い方や特徴を解説」

【濡髪】メンズにおすすめなバームは?「美容師が使い方や特徴を解説」
「バーム」はメンズでも使えるか知りたいですか?このブログでは「バーム好きなメンズ美容師」が「メンズがバームを使う際の注意点」や「おすすめのスタイル」などについて解説しています。「メンズにおすすめなバームの種類」も紹介しているので、これからバームを購入予定のメンズも必見です。

【比較】バームとワックスの違いは3つ「混ぜることも可能?」

【比較】バームとワックスの違いは3つ「混ぜることも可能?」
「バーム」と「ワックス」の違いについて知りたいですか?このブログでは「バーム好きな美容師」が(笑)バームとワックスの違い、そしてオイルとの違いについて解説しています。「バームに興味があるけどワックスやオイルと何が違うの?」という人は必見です。

それではまた!

この記事を書いた人

表参道で美容師をしてます。(歴は10年ほど)
メカニックや美容器具など「ガジェット愛」が強めです。
趣味は「カメラ」と「読書」

Tomohiro Makiyamaをフォローする



バーム
スポンサーリンク
Tomohiro Makiyamaをフォローする
Tomohiro Makiyama

コメント

タイトルとURLをコピーしました