話題の【バーム】とは?「髪だけでなく肌、リップにも使える!?」

バーム

バームについて知りたい人

・最近、話題のバームとは?
・髪だけで無く、肌にも使えるって聞いたけど…。
・どのバームが1番良いの?

 

「バーム」に詳しい美容師

このブログでは
・今、話題の「バーム」とは?「美容師が解説」
・バームの使い方は?「髪、肌だけでなくリップにも使える!?」
・美容師がオススメなバームの種類とは?「3種類を激選」
これらについて解説します。

 

このブログは、こんな人にオススメです。

  • バームがどんなモノか知りたい
  • オススメのバームを知りたい
  • バームの使い方も気になる

 

このブログを書いているのはこんな人

・バームが大好きな美容師
・これまでに様々なバームを使用してきた
・表参道で10年以上美容師をしている

 

今回は、美容室や薬局でも大人気の「バーム」についてご紹介していきます。

最近、よく聞くけど「そもそもバームとはどんなモノ?」という件について知りたい人は必見のブログです。

 

 

スポンサーリンク

話題の「バーム」とは?「美容師が解説」

最近はどこへ行っても、みんな「バームが…。」「バームが…。」というように「バームについて語っている人」だらけですね。

流石にそこまででは…。笑

でも、バームって何者なんですか??

それでは、その疑問に「バーム好き美容師」がお答えします。

 

「バーム」とは「固めたオイル」のこと?

早速ですが「バームとは何か?」について、ざっくりお答えすると「固めたオイル」です。

もちろんメーカーによって成分が違ったりしますが、大まかなイメージだと「常温だと固形なオイル」です。

「常温だと」という事は、温度が変わると形が変わるんですか??

その通り!!
手のひらの温度(体温)で温める事で液体状に溶けるようになっています。

これが常温の状態のバーム⬇︎

右側だけ手(指)の温度で溶かすと、こんな感じになります。⬇︎

両方溶かすとこちら。⬇︎

パンに塗ったバター(マーガリン)みたいですね!

その通り!!
まさに「パンの温度で溶けるバター」です。(例えが微妙?笑)

なるほど!!
空気中で冷めると、また個体(?)に戻っていくんですね!?

そのイメージです!!
だからこそ「バーム」を付けると「髪の束感」が生まれやすくなります。

※使用しているバームの種類は後ほど紹介します。

 

 

「ワックス」や「クリーム」と「バーム」の違いとは?

バームが「個体のオイル」なのは分かりましたが「ワックス」とか「クリーム」との違いは?

良い質問です!!
結論から言うと、明確な定義はありません…。

そうなんですか!?

はい!
とはいえ、何となくのイメージはこんな感じです。⬇︎

ワックス
→スタイリング力(セット力)がある

クリーム
→水分量が多く髪に馴染みやすい

確かにメーカーによって成分が違うから、この辺りはざっくり覚えておけばよさそうですね!

そうなんです。
そして、今回ご紹介している「バーム」の中にも「ワックス」や「クリーム」という名前が付いたりするものあるので、その境界線(違い)は非常に曖昧になっています。

この辺りの違いをさらに詳しく知りたい人は、これらのブログもどうぞ。⬇︎

【比較】バームとワックスの違いは3つ「混ぜることも可能?」

【バーム】と【クリーム】違いは?「成分」と「形状が違う?」

 

 

バームの使い方は?「髪、肌だけでなくリップにも使える!?」

ここまで「バームとは?」について(バームが溶けてしまうくらい)熱く語ってきました。(笑)

それは困りますね…。(笑)

バームが溶けてしまう前に(?)もう1つ質問があるんですが…。

なんでしょう??

バームは「髪」だけでは無く「肌」や「唇(リップ)」にも使えるって聞いたんだけど、本当ですか!?

本当です。
とはいえ、その辺りの使い方で注意して欲しい点もあるので「バームの使い方(注意点)」を少しだけ解説していきます。

 

基本的には、ヘア(髪)メイン

多くの「バーム」は「髪(ヘア)」だけでは無く「肌(ボディ)」や「唇(リップ)」に使う事が可能です。

どこに使えるかは、各バームの裏側に詳しく書いてあります。⬇︎

※これは「メルティバターバーム」というバームの裏目です。

種類によって使用可能な場所は異なりますが、あくまでも「メインは髪(ヘア)」と考えるのがオススメです。

確かに「ボディならボディ用」「リップならリップ用」の方が安心感もあるし、本当に好きなモノを選べますね…。笑

もちろん全てに使いたい場合は問題ないですが(あくまでも個人的には)髪以外は「おまけ」程度に考えておくのが良いかと…。

 

 

手に残った分はお肌に伸ばしてOK

とはいえ「バームを使った後に手を洗わなくても良い」というのはめちゃくちゃ便利です。

確かに、洗面台が遠い場合とか、出先で付け足したい時とかは便利ですね!!

そうなんです。
僕自身も残った分はハンドクリームとして「手」や「ひじ」に使っています。

 

 

顔には使わない方が無難

バームは「お肌」に付けれるという事は「顔」に使うのも可能ですか??

実は、それもよくある質問なんですが、基本的には辞めておいた方が無難だと思います。
そうなると「顔もお肌かどうか?」という議論になりますが(笑)もし僕が発売する立場なら「ボディ」とは書かず「フェイス」と書くはずです。

確かに…。

お顔のトラブルはとても怖いので正直、使わないのが良いかと思います。

 

 

美容師がオススメなバームの種類とは?「3種類を激選」

ここまで「バームとは」や「バームの使い方(注意点)」について解説してきました。

バームの種類はたくさんあると思いますが、ぶっちゃけ、どのバームが1番良いですか??

バームは、かなりたくさん種類がありますし、更にどんどん増えています。

そんな中で(バームマニアな)僕がオススメなのは、この3種類です。⬇︎

  1. エヌドット「ナチュラルバーム」
  2. プロダクト「ヘアワックス」
  3. ジェミールプラン「メルティバターバーム」

1つずつ特徴を紹介していきます。

 

①エヌドット「ナチュラルバーム」

2,000円+税(ヘア、ハンド)45g

まずは、僕もずっと愛用している「N.ナチュラルバーム」です。
正直、これが1番オススメです。

パッケージもオシャレですね。

そうなんです。
かなりインスタ映えします。笑
「オーガニック感のある香り(2種類あり)」と「適度なホールド力」が特徴です。

参考記事
【王者】エヌドット「ナチュラルバーム」「美容師が魅力や違いを解説」

 

 

②プロダクト「ヘアワックス」

2178円+税(ヘア、ボディ、ハンド、リップ、ネイル)42g

2つ目は「プロダクト」のバームです。
名前は「ヘアワックス」ですが、ボディやリップなど全身に使用できます。

全然「ヘアワックス」じゃないですね。笑

そうなんです。笑
保湿力があって、市販(ドンキやロフト)でもよく販売されているので、1番入手しやすいバームかと思います。

 

 

③ジェミールプラン「メルティバターバーム」

2200円+税(ヘア&ハンド)40g

最後は「ミルボン」さんの「メルティバターバーム」

めちゃくちゃ可愛いデザインですね。

そうなんです!
香りも「女子」な甘い香りです。

女子は「メルティバターバーム」で決まりですね!

参考記事
【ジェミールフラン】メルティバターの3つの魅力「美容師が口コミ」

 

 

バーム好きがオススメなバーム

①エヌドット「ナチュラルバーム」
→おしゃれさんにオススメ

②プロダクト「ヘアワックス」
→買いやすさ、使い用途の広さ重視の人にオススメ

③ジェミールフラン「メルティバターバーム」
→女子、甘い香りが好きな人にオススメ

 

 

バームが買える店舗は?「ドンキやロフトでも売ってる?」

「バーム」ってどこで買うのがオススメですか?

「ドンキ」や「ロフト」でも買えますか??

種類によりますが「ドンキ」や「ロフト」で売ってることもあります。

とはいえ、ぶっちゃけ「通販」がお得です。笑
ただ(口コミをしっかりチェックするなど)偽物には十分注意してください。

 

 

クレンジングもできる「クレンジングバーム」とは?

もう1つ質問です。
「クレンジングバーム」というのは「普通のバーム」とは違うんですか?

「クレンジングバーム」はクレンジング用のバームです。(ヘアバームと同じようにオイルが固体になっています。)

なるほど!!
それでクレンジングをする感じですね!

はい!
バームとはあくまでも(オイルを固形にした)形状の事ですね。

 

 

バームはメンズでも使える?「結論」もちろんです。

最後にもう1つお伝えしておくと「ヘアバーム」はメンズでも使用可能です。
実際に、僕自身もよく使用しています。

自撮りばかりすいません。笑
ちなみに、これは「N.ナチュラルバーム」を使っています。

ツヤが出るから「センターパート」とかにも合いますね。

そうなんです。
アップバング(?)とかも可能です。⬇︎笑

参考記事
【濡髪】メンズにおすすめなバームは?「美容師が使い方や特徴を解説」

 

 

バームを使って髪、肌、唇をまとめてケアしよう。

今回は「髪だけではなく、お肌(ボディ)や手(ハンド)にも使えるバームとは?」について徹底解説してきました。

バームを髪に付けると「クールでウェットな束感」が出るので、ぶっちゃけ「ボディ」や「ハンド」には使わないという人にもオススメですので、気になる人は、是非チェックしてみてください。

今回ご紹介した3種類のバームはこちらからチェック可能です。⬇︎

バームについてはこちらのブログもオススメです。⬇︎

【比較】おすすめのバームは?「ドラッグストアでも買える?」

【比較】おすすめのバームは?「ドラッグストアでも買える?」
「おすすめのバーム」について知りたいですか?このブログでは「バーム好きな美容師(笑)がおすすめなバームの種類について解説しています。メンズ、レディース別にオススメバームを紹介していますので「バームを使いたいけど、どれを買ったら良いか分からない…。」という人は必見です。

【5Step】バームの使い方を美容師が解説「NGな使い方も紹介」

【5Step】バームの使い方を美容師が解説「NGな使い方も紹介」
「バームの使い方」について知りたいですか?このブログでは「バーム好きな美容師」が「バームの(適切な)使い方」や「NGな使い方」について解説しています。「バーム好きがおすすめなバームの種類」も紹介しますので、これからバームを使用する人も必見です。

【比較】バームとオイルの違いは「形」の違い?混ぜるのもあり?

【比較】バームとオイルの違いは「形」の違い?混ぜるのもあり?
「バーム」と「オイル」の違いについて知りたいですか?このブログでは「ヘアバーム」や「ヘアオイル」などの「美容アイテム」が大好きな美容師が「バーム」と「オイル」の違いや混ぜ方などを解説しています。オススメな「バーム」や「オイル」も紹介していますので、どんな「バーム」や「オイル」を使えば良いか分からないという人も必見です。

それではまた!

この記事を書いた人

表参道で美容師をしてます。(歴は10年ほど)
メカニックや美容器具など「ガジェット愛」が強めです。
趣味は「カメラ」と「読書」

Tomohiro Makiyamaをフォローする



バーム
スポンサーリンク
Tomohiro Makiyamaをフォローする
Tomohiro Makiyama

コメント

タイトルとURLをコピーしました