【相性抜群】ブリーチなしの赤(暗め)が超可愛い「美容師が解説」

ブリーチなし

ブリーチなしで(暗めの)赤に染めたい人

・ブリーチなしで「暗めの赤」にしてみたいです…。
・ブリーチなしの(暗め)赤ってどんな感じ??
・色落ちは??

 

ブリーチなし(暗め)赤が得意な美容師

このブログでは
・ブリーチなし(暗め)赤が超可愛い
・ブリーチなし(暗め)赤の染め方と注意点
・ブリーチなし(暗め)赤の色落ちと色持ちを良くするポイント
これらについて解説していきます。

 

このブログは、特にこんな人にオススメです。↓

  • 髪色を「暗めの赤」にしたい
  • 出来れば「ブリーチなし」で染めたい
  • ブリーチなし(暗め)赤髪の色落ちについても知りたい

 

このブログを書いているのはこんな人

マキヤマと言います。
・表参道で10年以上働く(フリーランス)美容師
・ブリーチなしカラーが得意
・ブリーチありカラーも得意(笑)

 

今回は、ブリーチなしで染める髪色に超オススメな(暗めの)赤について徹底的に解説していきます。

ブリーチなし(暗め)赤髪の色落ちについても紹介していますので、出来るだけ長く(暗め)赤髪を楽しみたい人は必見です。

 

 

スポンサーリンク

ブリーチなし(暗め)赤が超可愛い

早速ですが(暗めの)赤はブリーチなしでも超かわいいです。↓

もちろん明るめの(発色の良い)赤も可愛いですが、暗めの赤はナチュラルで可愛いですし、何より「ブリーチなし」でも挑戦しやすい髪色です。

確かに「明るめの赤」より「暗めの赤」の方が染めやすそうですね!

そうなんです!!
という事で、次は「ブリーチなしの(暗め)赤」に染める方法(染め方)と注意して欲しい点について解説していきます。

 

 

ブリーチなし(暗め)赤の「染め方と注意点」

ブリーチなしで(暗めの)赤に染めるには、いくつかの注意点があります。

例えば、この辺り↓

  • ベースは10トーン以上を目指す
  • 赤は「明るめ」より「暗め」がオススメ
  • 黒染め、白髪染めは要注意

(ブリーチなしで暗めの)赤髪に染める場合は、超重要な所なので、1つずつ解説していきます。

 

ベースは10トーン以上を目指す

「暗めの赤髪ならブリーチなしでも可能」とお伝えしましたが、黒髪(地毛)の状態から、いきなり赤みを入れても入りにくいです。

具体的に言うと、ベース(赤を入れる前の髪)の明るさを「10トーン」以上明るくすると「赤み」がキレイに入ります。

中段、真ん中が10トーンです。↓

(これは赤髪に限らずですが)ブリーチなしのカラーはベースが明るいほどキレイな(透明感のある)髪色になりやすいという事を覚えておきましょう。

 

 

赤は「明るめ」より「暗め」がオススメ

いくらベースが明るくても、入れる色(カラー剤)が悪いとキレイな髪色(赤)にはなりません。

ブリーチなしで赤髪にする場合は、あまり薄く(明るく)してしまうと色み(赤み)が分からず、ただの茶髪になってしまいますので、ある程度濃いめ(暗め)に染めるのがオススメです。

確かに、中途半端な赤だと、ただの茶髪になりそうですね…。

もちろん、薄め(明るめ)の赤が良いという人はそれでも問題無いですが、色持ちを考慮したら濃いめ(暗め)赤で染めておくのがオススメです。

※「(ブリーチなし)赤髪の色持ちを良くする方法」は後ほど解説します。

 

 

黒染め、白髪染めは要注意

ブリーチなしで赤髪にする場合に、注意して頂きたいのは「黒染め」や「白髪染め」をしている(していた)場合です。

これらのカラーは色素がめちゃくちゃ濃いので、ブリーチが必要になるケースもあります。

やっぱり黒染め、白髪染めは暗いんですね…。
ちなみに、どれくらいの期間で考えたら良いですか??

髪の長さにもよりますが、ボブで3年前後、ミディアムで5年前後、ロングだとそれ以上という感じです。

「暗めの赤髪」なら他の髪色に比べると、まだ挑戦しやすいですが、この期間に「黒染め、白髪染め」をしている人は美容師さんとしっかり相談して染めるようにしましょう。

 

 

ブリーチなし(暗め)赤は「メンズ」にもオススメです。

ここまで「(暗め)赤はブリーチなしでもカワイイ」とお伝えしましたが(暗め)の赤はレディースだけでなく、メンズにもオススメです。

暗め(濃いめ)の赤なら、鮮やかすぎないのでナチュラルにクールな髪色になります。

自撮りを失礼(w)↓

※これはブリーチありです。

メンズの赤髪については、こちらのブログをどうぞ。↓
【メンズ髪色】赤が大人気「ブリーチなしで出来る?色落ちは?」

 

 

ブリーチなし(暗め)赤の色落ちは茶髪?

質問です!!
ブリーチなしの(暗め)赤髪は色落ちするとどんな色になるんですか??

良い質問です!!
結論から言うと、ブリーチなしの赤髪は色落ちすると「茶髪」になります。

ベース(赤を入れる前)の髪色によっても異なりますが、多くの場合は中段の「茶髪ゾーン」に色落ちしてくるはずです。↓

やはり、ベースがどれくらい明るいかが大切なんですね…。

その通り!!
もちろん、染め方やホームケアの仕方によって色持ちが変わって来ます!

という事で、最後に「ブリーチなしの(暗め)赤髪」の色持ちを良く(色落ちをキレイに)する為のポイントをご紹介していきます。

 

 

ブリーチなし(暗め)赤髪の「色持ちを良くするポイント」

早速ですが「ブリーチなし赤髪」の色持ちを良く(色落ちをキレイに)したいなら、この辺りが重要です。↓

  1. 濃いめ(暗め)の赤に染める
  2. ピンクシャンプー、トリートメントを使う
  3. (暗め)赤を継続して入れる

「明るめ(薄め)の赤」より「濃いめ(暗め)の赤」の方が色持ちが良いというのは既にお伝えした通りですが、赤髪の色持ちを良く(色落ちをキレイに)したいなら「カラーシャンプー、カラートリートメント」の使用は絶対です!!

赤系の髪色に染める場合は(基本的には)ピンクのシャンプー、トリートメントがオススメです。

例えば、これとか↓

もちろん、これ以外のメーカーでもOKなので、ピンクシャンプー、トリートメントは必ず使うようにしましょう。

※最適な色、種類は髪の状態にもよるので、担当の美容師さんと相談してみてください!!

最後の「(暗めの)赤髪を継続する」というのはどういう事ですか??

ヘアカラーというのは、継続すればするほど髪への定着が良くなる傾向があるので(暗めの)赤を継続していくと、色の発色も色持ちも良くなっていきます。

染め方次第ではベースの明るさも明るく(赤を入れやすく)なっていきますので、可能な限り長期的に赤髪を楽しむ事をオススメします。

ブリーチなし赤髪の色落ちについてはこちらでも詳しく解説していますので、併せてどうぞ↓
【ブリーチなし×赤髪】色落ちは赤茶?「期間は2〜3週間?」

 

ブリーチなしカラーの色持ちを良く(色落ちをキレイに)する方法

  1. 濃いめ(暗め)の赤に染める
  2. ピンクシャンプー、トリートメントを使う
  3. (暗め)赤を継続して入れる

 

 

【結論】暗めの赤は「ブリーチなし」でも超カワイイ「ホームケアも楽しもう」

今回は【暗めの赤髪はブリーチなしでも超かわいい】という件を解説してきました。

お伝えした通り、様々なヘアカラーの中でも「暗めの赤」はブリーチなしでも挑戦しやすい髪色です。

「ブリーチはダメージが心配」という人はぜひ、挑戦してみてください!!

 

という事で、最後に少し宣伝です。笑
ブリーチなしで(暗めの)赤髪に染めたい人で、表参道までご来店が可能な場合はこちらからLINEください。↓

ついでに「Instagram」のフォローもお願いします。笑

 

最後の最後に失礼いたしました。w
いずれにせよ、このブログを読んでくれたあなたの髪がキレイな(暗め)赤髪になる事を願っております。
それではまた!!

 

こちらのブログもオススメです。↓

【赤髪】ブリーチなしでも赤になる?「美容師が限界と色落ちを解説」

【赤髪】ブリーチなしでも赤になる?「美容師が限界と色落ちを解説」
ブリーチなしで赤髪に染めたいですか?このブログでは「ブリーチなしカラー」が得意な美容師が「ブリーチなしでも可能な赤髪」について解説しています。「髪色を赤に染めてみたいけど、ブリーチはダメージが心配」という人は必見です。

 

【赤み消し】ブリーチなしでも「赤み消しカラー」で透明感がヤバい!?

【赤み消し】ブリーチなしでも「赤み消しカラー」で透明感がヤバい!?
「ブリーチなし赤み消しカラー」について知りたいですか?このブログでは、ブリーチなしカラーが得意な美容師が、ブリーチなしの「赤み」を消す【赤み消しカラー】について徹底解説しています。「ブリーチなしで赤みを消す方法」はもちろん「赤み消しカラーを長持ちさせる方法」も紹介していますので、ブリーチなしで、赤みのないカラーをしたい人は必見です。

 

【微妙?】ブリーチなしダブルカラーのデメリット「美容師が解説」

【微妙?】ブリーチなしダブルカラーのデメリット「美容師が解説」
「ブリーチなしダブルカラーのデメリット」について知りたいですか?このブログでは「ブリーチなしダブルカラー」が得意な美容師が「ブリーチなしダブルカラーのデメリット」を徹底解説しています。「ブリーチなしダブルカラー」で染めてみたいけどデメリットも知りたいという人は必見です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました