【バレない?】ブルーブラックは「黒強め」がオススメ?「色持ちも◎」

ブルーブラック/青髪

黒強めのブルーブラックに染めたい人

・ブルーブラックは黒強めで染めれる?
・バレないようにも出来る?
・色落ちは??

 

ブルーブラックのカラーが得意な美容師

このブログでは
・ブルーブラック(黒強め)はバレにくいし、色持ちも良い?
・ブルーブラックの黒強め「メリット、デメリット」
・ブルーブラック黒強めの色落ちは…
これらについて解説していきます。

 

このブログは、特にこんな人にオススメです。⬇︎

  • 黒強めのブルーブラックに染めたい
  • バレないブルーブラックにしたい
  • あまり派手なブルーブラックにはしたくない

 

このブログを書いているのはこんな人

・ブルーブラックのヘアカラーが得意
・自分の髪をブルーブラックに染めたりもする
・表参道で10年以上美容師をしている

 

今回は、黒強めのブルーブラックについて徹底解説していきます。

色持ちもよく、個人的にも超オススメなカラーですので、これからブルーブラックに染める人は必見です。

 

 

スポンサーリンク

ブルーブラック(黒強め)はバレにくいし、色持ちも良い?

早速ですが、ブルーブラックは「青」と「黒」が混ざった髪色です。

名前の通りですね…。笑

そして、同じブルーブラックでも「青」と「黒」のどちらを強め(多め)にするかによって、発色の仕方や色落ちが違ってきます。

こちらは黒強め⬇︎

こちらが青強め⬇︎

(好みもありますし、髪の状態にもよるので)どちらの方が良いという訳では無いですが、今回紹介していく「黒強め」なブルーブラックも中々魅力的です。

という事で、まずはブルーブラック(黒強め)のメリット、デメリットを解説していきます。

 

 

ブルーブラックの黒強め「メリット」

早速ですが、ブルーブラック(黒強め)のメリットはこの辺りです。⬇︎

  1. 色持ちが良い
  2. バレにくい
  3. ブリーチなしも可能
  4. 緑に抜けにくい

1つずつ解説していきます。

 

メリット①【色持ちが良い】

まずは、色持ちについて。
ブルーブラックの「黒強め」は「青強め」に比べると色持ちが良くなる傾向があります。

確かに「青強め」の方が早く色落ちしそうなイメージです。

もちろん、髪の明るさや色の濃さにもよりますが、単純に比較すると「黒強め」なブルーブラックの方が色持ちが良くなる傾向が強いです。

 

 

メリット②【バレにくい】

黒強めのブルーブラックは「バレにくい」という特徴もあります。
例えば「会社や学校、バイトなどでバレたく無いけど髪を染めたい」という人には最高にオススメです。

確かに、黒髪に近いほどバレる可能性は下がりそうですね。

その通り!
だからこそ、バレたく無い人ほど、黒強め(多め)のブルーブラックで染めるようにしましょう。

ブルーブラックの髪色がバレたく無い人はこの辺りのブログもどうぞ。⬇︎

 

 

メリット③【ブリーチなしも可能】

ブルーブラックは「ブリーチなし」でも挑戦しやすいカラーですが、その中でも特に「黒強めブルーブラック」は染めやすい色です。

こちらは「ブリーチなし」で染めています。⬇︎

青みをガッツリ入れる為には、ある程度の明るさは必要ですが、黒強めのブルーブラックなら「ブリーチなし」でも染める事は可能ですので、髪のダメージの心配がある人にもオススメです。

参考記事
【ブルーブラック】にブリーチなし・ありは関係ない理由「美容師が解説」

 

 

メリット④【緑に抜けにくい】

ブルーブラックは「ベースの明るさ」や「ホームケアの仕方」によって、色落ちの仕方が全く異なります。

特に「ブリーチあり」で青強めのブルーブラックにする場合は、緑っぽく色落ちしやすいので注意が必要です。

染め方やケア方法によっては、こんな感じになります。⬇︎

参考記事
【なぜ緑?】ブルーブラックの色落ち後が緑になる理由 「対処法も解説」

その点「黒強めのブルーブラック」は緑っぽく抜けにくいので、ブルーブラック初心者の人は「黒強め」から初めてみるのも良いかもです。

 

ブルーブラック(黒強め)のメリット

  1. 色持ちが良い
  2. バレにくい
  3. ブリーチなしも可能
  4. 緑に抜けにくい

 

 

ブルーブラックの黒強め「デメリット」

続いて、ブルーブラック(黒強め)のデメリットについて紹介します。
早速ですが、こちらです。⬇︎

  1. 青みが弱い
  2. 暗い

また1つずつ見ていきましょう。

 

デメリット①【青みが弱い】

初めにお伝えした通り、ブルーブラックには「黒強め」と「青強め」があります。
そして、当たり前ですが「黒強め」は「青強め」と比較すると青みが弱いです。笑

せっかくブルーブラックに染めるなら、青みを出したいという場合は「青強め」で染めるようにしましょう。

 

 

デメリット②【暗い】

「黒強め」のブルーブラックは、かなりトーンが低い(暗い)という特徴があります。

バレにくいのは良いけど、言い方を変えると暗いって事ですからね…。

そうなんです。
もちろん、色落ちすると明るくなっていきますが、もっと明るめのブルーブラックにしたいなら「青強め」で染めても良いかもです。

 

ブルーブラックのデメリット

  1. 青みが弱い
  2. 暗い

 

 

もちろんブルーブラック(青強め)もオススメ

ここまで「黒強めのブルーブラック」について解説してきましたが、もちろん「青強めのブルーブラック」がダメという訳ではありません。

ただ、青強めのブルーブラックは特に緑っぽく色落ちしやすいという特徴があるので、しっかり「ホームケア」をする必要があります。

そもそも「ホームケア」って具体的に何をすれば良いんですか?

良い質問です。
それでは、最後にブルーブラックの色持ちを良く、色落ちをキレイにする為のポイントをご紹介します。

 

 

ブルーブラックの色落ち「色持ちを良くするポイントは?」

そもそも、ブルーブラックの色落ちはこれらのポイントによって変わってきます。⬇︎

  • ベースの明るさ
  • ブルーブラックの配合
  • ホームケア

 

そして、最終的にはベース(ブルーブラックを入れる前の髪色)の明るさくらいまで色落ちしてきます。⬇︎

という事は、ブリーチの回数によって色落ちが全然違うという事ですね?

その通り!!
2つ目の「ブルーブラックの配合」というのは、上で紹介した「青強め」なのか「黒強め」なのか?という話です。

「黒強め」の方が色落ちしにくいんでしたね?

はい!!
そして、皆さんにとって超重要なのが最後の「ホームケア」です。

ブルーブラックの色持ちを良く、色落ちをキレイにしたいなら、ホームケアで大切なのはこの辺りです。⬇︎

  • 紫シャンプーの使用
  • 海水や温泉、プールにはつけない
  • シャワー、お風呂の温度はぬるま湯で

特に大切なのは「紫シャンプー」です。

紫は黄色の反対色なので、髪の黄ばみを打ち消してくれます。
そのおかげで、緑っぽく色落ちしにくくなります。

紫シャンプーについては、こちらのブログもどうぞ。⬇︎
紫シャンプーとは?紫シャンプーの効果や使い方を美容師が解説します。

 

ちなみに、ブルーブラックが色落ちする度に、継続してブルーブラックを入れるというのも効果的です。

これはブルーブラックに限らずですが、ヘアカラーは同系色を続けると色持ちが良くなっていきます。

ブリーチ後の色持ちが悪いのはその為ですね?

その通り!!
出来る限り継続して、ブルーブラックを楽しめると良いですね!

 

 

ブルーブラック(黒強め)の色落ち「美容師が実践」

今回はブルーブラックの黒強めについて解説してきました。

正直、色落ちに関しては個人差が大きいので、染めてくれる美容師に確認するのが1番ですが、実際に僕自身が(黒強めの)ブルーブラックに染めてから色落ち経過を記録した時の画像をご紹介します。

それでは早速⬇︎⬇︎

染めたて

1週間後

2週間後

1ヶ月後

中々キレイな色落ちですね!

僕の場合は「ブリーチ2回」していますので「ブリーチなし」や「ブリーチ1回」の人は全く違う感じになりますので、参考程度にしてください。

ブルーブラックの色落ちについて、もっと詳しく知りたい人はこちらのブログもどうぞ。⬇︎
【過程】ブルーブラックの色落ち後は?どんな色?「期間や防ぎ方は?」

 

 

ブルーブラック(黒強め)を楽しもう

今回は、ブルーブラックの中でも「黒強め」について解説してきました。

このブログでは「黒強め」と「青強め」の2つに分けましたが、その中間はグレーゾーンですし、色の入りや色落ちは髪質やダメージ具合などでも異なります。

担当の美容師さんとしっかり相談して、キレイなブルーブラックを目指しましょう。

 

最後に少し宣伝です。笑
髪色をブルーブラックにしたい人で、表参道までご来店可能な人はこちらからLINEください。⬇︎

ついでに「Instagram」のフォローもお願いします。笑

 

最後の最後に失礼しました。笑
いずれにせよ、このブログを読んでくれたあなたが、素敵な「ブルーブラックライフ」を楽しめる事を願っております。

こちらのブログもオススメです。⬇︎

メンズヘアカラー【ブルーブラック】が最高「ブリーチなし」や「色落ち」は?

メンズヘアカラー【ブルーブラック】が最高「ブリーチなし」や「色落ち」は?
メンズのヘアカラー「ブルーブラック」について知りたいですか?このブログでは、メンズのヘアカラー「ブルーブラック」が得意な美容師が「ブルーブラックが最高な理由」や「ブルーブラックはブリーチなしでも可能?」などについて解説しています。「ブルーブラックの色持ちを良くする方法」もご紹介していますので、既にブルーブラックのヘアカラーをしているメンズも必見です。

【市販】ブルーブラックは市販のカラー剤で「セルフカラーは可能?」

【市販】ブルーブラックは市販のカラー剤で「セルフカラーは可能?」
「ブルーブラック」を市販のカラー剤で染められるか知りたいですか? このブログでは「ブルーブラック」のヘアカラーが得意な美容師が「ブルーブラックの(市販)カラー」について解説しています。 ブルーブラックを市販のカラー剤でセルフで染めたい人は必見です。

【青黒】ブルーブラック×ミディアムがオススメすぎる「注意点も解説」

【青黒】ブルーブラック×ミディアムがオススメすぎる「注意点も解説」
ミディアムヘアのブルーブラックについて知りたいですか?このブログでは「ブルーブラック」と「ミディアムヘア」どちらも得意な美容師が「ブルーブラック×ミディアムヘア」の魅力や注意点を解説しています。ブルーブラックの色持ちを良く、色落ちをキレイにする方法も紹介していますので、これからブルーブラックに染める予定の人は必見です。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました