【黒髪から】ブルーブラックは黒髪からでも出来る?「色落ちは?」

ブルーブラック/青髪

黒髪からブルーブラックにしたい人

・ブルーブラックは黒髪からでも出来る?
・ブリーチなしでも可能?
・ブルーブラックの色落ちは?

 

ブルーブラックのカラーが得意な美容師

このブログでは
・ブルーブラックは黒髪からでも出来る
・黒髪からブルーブラックに染める方法は3つ「ブリーチなしでも出来る?」
・ブルーブラックは色落ちも超重要
これらについて解説していきます。

 

このブログは、こんな人にオススメです。⬇︎

  • 黒髪からブルーブラックに染めたい
  • ブルーブラックに染めたいけど、ダメージが心配
  • ブリーチなしでもブルーブラックに染めれるか知りたい

 

このブログを書いているのはこんな人

マキヤマといいます

・ブルーブラックのヘアカラーが得意
・自分の髪も、よくブルーブラックに染めたりする(笑)
・表参道で10年以上働く(フリーランス)美容師

 

今回は、ブルーブラックは黒髪から染める事が出来るのか?について解説していきます。

ブルーブラックの染め方や注意するべき点も紹介しますので「ブルーブラックに染めてみたいけど、どうやって染めるのか知りたい」「髪のダメージが心配」そんな人は必見です。

 

 

スポンサーリンク

ブルーブラックは黒髪からでも出来る

レディースはもちろん、メンズにも人気があるヘアカラー「ブルーブラック」
(はじめにお伝えした通り)僕自身もよくブルーブラックに染めています。⬇︎

いきなり自撮り失礼。笑

確かに、最近は韓国ブームの影響もあってか?ブルーブラック人気ありますよね!
でも、ブルーブラックって黒髪から染めれるんですか?

結論から言うと、ブルーブラックは黒髪からも染める事が出来ます。
ただ、ブルーブラックにする為には、ある程度の明るさは必要になります。

「ある程度」ってどれくらいですか??

もちろん使用するカラー剤などにもよりますが「10トーン前後くらい」が目安になると思います。

「10トーン」は中段の真ん中あたりです。⬇︎

なるほど…。
これくらい明るく無いと、ブルーブラックは入らないという事ですね?

そうなんです。
染め方は後ほど解説しますので、まずは「ブルーブラックを入れる為にはある程度(10トーン前後)の明るさが必要な理由」を解説していきます。

 

 

黒髪にはブルーを入れる空きがない?

また結論から言うと、黒髪の状態からいきなりブルーブラックを入れる事が出来ない理由は「ブルーを入れる空きが無いから」です。

普段からお客様の髪を染める時も説明している事ですが、ヘアカラーは「タンスの中に物(色)を入れる」という行動に近いです。

引き出しがいっぱいになっていて、空きがないタンスにはもう服を入れられないように、色素でいっぱいになっている髪(黒髪)に青(ブルーブラック)を入れる事は出来ません。

まずは、タンスに空きを作ってあげる必要があるという事ですね?

その通り!!
色を入れる為には、黒髪の中の色素を削る必要があります。

その目安が「10トーン」という事ですね!?

その通り!!
逆に、引き出しの中に何も入っていないタンスは「20トーン」です。

「20トーン」は右下の真っ白です。⬇︎

これなら何色でも入りそうですね!!

その通り!!
だからこそ、自分が入れたいカラーはどれくらいのスペースがあれば入るか?(今の自分の髪は何トーンくらいなのか?)という所から考える必要があります。

 

 

黒髪からブルーブラックに染める方法は3つ「ブリーチなしでも出来る?」

ここまでお伝えした通り、黒髪からブルーブラックを入れるには「髪のベースを明るくする」必要があります。

そして、具体的に言うとその方法は大きくこの3つに分けられます。⬇︎

  1. ブリーチする
  2. カラー剤でWカラー
  3. ブルーブラックを継続していく

下にいくほど、ダメージは小さくなります。
順番に解説していきます。

 

 

①ブリーチする

まずは、ダメージは1番大きいですが、1番シンプルで、より青みが出やすい方法です。

それが、1度ブリーチをしてからブルーブラックを入れるという染め方で、いわゆる「ダブルカラー」と言います。

地毛の黒髪からブリーチすると「15トーン前後」くらいになります。

「15トーン」は下段の左から2番目です。⬇︎

※これまでの履歴や髪質によって個人差があります。

この方法は青みが入りやすいので、黒髪からブルーブラックにするなら、1番スタンダードな方法です。

でも、ブリーチだからダメージも大きいんですよね?

その通り!!
ベース(ブルーブラックを入れる前の髪色)の明るさが明るいので、色落ちの幅も大きいという特徴もあります。

色落ちも楽しめるのは嬉しいですね!

逆に言うと、しっかりケアしないと汚い色落ちになる場合もあるので注意しましょう。

参考記事
【なぜ緑?】ブルーブラックの色落ち後が緑になる理由 「対処法も解説」

※ブルーブラックの色落ちについては、後ほど詳しく解説します。

 

 

②カラー剤でWカラー

1つの目のダブルカラーは「ブリーチありのダブルカラー」でしたが「ブリーチなしのダブルカラー」も可能です。

ブリーチなしのダブルカラー??
どういう事ですか??

ブリーチの代わりに(明るめの)カラー剤を使うという方法です。
黒髪からいきなりブルーブラックを入れるのではなく、一度明るいカラーで引き出しに空きを作ってからブルーブラックを入れるという方法です。

それならブリーチほどダメージは出ないから良さそうですね!

もちろん、青みの強さは「ブリーチあり」の方が上ですが、ブリーチなしでも十分ブルーブラックを楽しむ事が出来ます。

 

 

③ブルーブラックを継続していく

最後はブルーブラックを続けて、少しずつ青みを入れていく方法です。

1番最初(完全に黒髪から)は青みが分かりにくいですが、ブルーブラックを継続するたびに少しずつ青みが入りやすい状態になっていきます。

あまり派手にしたくない人や、少しずつ青っぽくしたい人はこの方法が良いかもですね!

3つの方法の中では1番ダメージが少ないので、ブルーブラックにしてみたいけど髪のダメージも心配という人にもオススメの方法です。

 

 

ブルーブラックは「色落ち」も超重要

お伝えした通り、ブルーブラック(特にブリーチあり)は色落ちの経過も重要です。

例えばこれは、僕が(ブリーチ2回して)ブルーブラックに染めた時の色落ち過程です。⬇︎

染めたて

1週間後

2週間後

1ヶ月後

僕の場合は、2回ブリーチしてからブルーブラックを入れたので、かなり引き出しに空きがあるタンス状態です。

確かに、せっかくブルーブラックに染めるなら色落ちも楽しみたいですね!

その通り!!
という事で、最後に「ブルーブラックの色持ちを良く、色落ちをキレイにする方法」を解説します。

 

 

ブルーブラックの色持ちを良く、色落ちをキレイにするポイント

いつも通り結論から。
ブルーブラックの色持ちを良く、色落ちをキレイにしたいなら大切なのは、この4つです。⬇︎

  1. 濃いめに入れる
  2. 紫シャンプーを使う
  3. 色落ちリスクを避ける
  4. ブルーブラックを継続する

順番に解説していきます。

 

①濃いめに入れる

ブルーブラックに限らずですが、ヘアカラーというのはいずれ色落ちします。
それを考慮すると、染めたては理想より濃いめがオススメです。

確かに、色落ちしてきて理想の色になるなら色落ちも楽しめますね!

そうなんです。
ブルーブラックに染める場合でも、可能な限り濃いめに染める事をオススメします。

参考記事
【トーン別】ブルーブラックは何トーンがベスト?「ブリーチの有無も解説」

 

 

②紫シャンプーを使う

ブルーブラックに染めるなら「紫シャンプー」などの「カラーシャンプー」の使用は絶対です。
カラーシャンプーを使用すれば、色持ちが良くなるだけでなく、色落ちの経過もキレイになります。

特に「ブリーチあり」のブルーブラックに染める場合は色落ちのキレイさに影響しますので、絶対使うようにしましょう。

 

 

③色落ちリスクを避ける

ヘアカラーというのは、これらの影響で色落ちが早くなります。⬇︎

  • 海水
  • プール
  • 温泉
  • 紫外線

これらは、色落ちのリスクだけで無く、髪のダメージにもなるので、出来る限り近づけないようにしましょう。

 

 

④ブルーブラックを継続する

最後は「ブルーブラックが色落ちするたびに、ブルーブラックを入れる」という方法です。

黒髪から徐々にブルーブラックにしていく方法もそうですが、ヘアカラーというのは同じ系統の髪色を繰り返していくと、色の定着が良くなり、色の発色も良くなります。

もちろん、色々なカラーを楽しみたい気持ちは分かりますが、出来る限り同じ系統のカラーを継続して楽しむようにしましょう。

 

ブルーブラックの色持ちを良く、色落ちをキレイにするポイント

  1. 濃いめに入れる
  2. 紫シャンプーを使う
  3. 色落ちリスクを避ける
  4. ブルーブラックを継続する

 

 

ブルーブラックは黒髪からも可能「自分に合う染め方でブルーブラックを楽しもう」

今回は「ブルーブラックは黒髪から染めれる?」という件について解説してきました。
お伝えした通り、黒髪からブルーブラックを入れるには、ある程度ベースを明るくする必要があります。

そして、その加減は髪の状態や髪質によっても異なります。

ぜひ、美容師さんとしっかり相談して染めるようにしましょう。
くれぐれも市販のカラー剤でセルフカラーをしたりするのは辞めましょう!

 

という事で、最後に宣伝です。笑
黒髪からブルーブラックに染めたい人で、表参道までご来店可能な人はこちらからLINEください。⬇︎

ついでにInstagramのフォローもお願いします。

 

宣伝、失礼しました。笑

いずれにせよ、このブログを読んでくれたあなたの髪がキレイなブルーブラックになる事を願っております!

 

こちらのブログもオススメです。⬇︎

【過程】ブルーブラックの色落ち後は?どんな色?「期間や防ぎ方は?」

【過程】ブルーブラックの色落ち後は?どんな色?「期間や防ぎ方は?」
ブルーブラックの色落ち後について知りたいですか? このブログではブルーブラックが得意な美容師がブルーブラックの色落ち後について解説しています。 これからブルーブラックにしたい人、色落ちが気になる人は必見です。

メンズヘアカラー【ブルーブラック】が最高「ブリーチなし」や「色落ち」は?

メンズヘアカラー【ブルーブラック】が最高「ブリーチなし」や「色落ち」は?
メンズのヘアカラー「ブルーブラック」について知りたいですか?このブログでは、メンズのヘアカラー「ブルーブラック」が得意な美容師が「ブルーブラックが最高な理由」や「ブルーブラックはブリーチなしでも可能?」などについて解説しています。「ブルーブラックの色持ちを良くする方法」もご紹介していますので、既にブルーブラックのヘアカラーをしているメンズも必見です。

【ブルーブラック】にブリーチなし・ありは関係ない理由「美容師が解説」

【ブルーブラック】にブリーチなし・ありは関係ない理由「美容師が解説」
ブルーブラック(ブリーチなし)の色落ちについて知りたいですか?このブログでは「ブルーブラックが得意な美容師」が「ブルーブラック(ブリーチなしの)の色落ち」について解説しています。これからブルーブラックにしたい人。ブリーチなしのブルーブラックの色落ちが知りたい人は必見です。

それではまた!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました