【ブルージュ×インナーカラー】が超クール「黒髪との組み合わせも抜群」

ブルーブラック/青髪

ブルージュのインナーカラーにしたい人

・ブルージュのインナーカラーってどう?
・黒髪にブルージュのインナーカラーは合うかな?
・ブルージュのインナーカラーは「ブリーチなし」でも可能?

 

ブルージュのヘアカラーが得意な美容師

このブログでは
・「ブルージュ×インナーカラー」が超クール
・「ブルージュ」は「黒髪インナーカラー」との相性が抜群
・ブルージュ×インナーカラーは「ブリーチなし」でも可能?おすすめは「ブリーチあり」?
これらについて解説しています。

 

このブログはこんな人にオススメです。⬇︎

  • ブルージュのインナーカラーが気になる
  • 黒髪にブルージュのインナーカラーを入れたい
  • ブルージュのインナーカラーにする時の注意点を知りたい

 

このブログを書いているのはこんな人

マキヤマといいます。

・「ブルージュ」のヘアカラーが得意
・「インナーカラー」や「グラデーション」などの「デザインカラー」も得意
・表参道で10年以上美容師をしている

 

今回は「ブルージュ」のインナーカラーについて解説していきます。

「ブルージュ×インナーカラー」の染め方はもちろん「色持ちを良くするホームケア」も紹介しますので、これから染める人はもちろん、既に「ブルージュ×インナーカラー」にしている人も必見です。

 

 

スポンサーリンク

「ブルージュ×インナーカラー」が超クール

さっそくですが、結論です。
上の画像のように「ブルージュ×インナーカラー」は超クールです。

ブルージュ系のインナーカラーってあまり見かけないから、人と被らなそうで良いですね。

そうですね。
インナーカラーの定番と言えば「ピンク」とか「ベージュ」が多いので「ブルージュ系」は珍しいです。

定番のインナーカラーはこんな感じ。⬇︎

という事で、今回はそんな「ブルージュのインナーカラー」について深掘りして解説していきます。

 

 

「ブルージュ」のインナーカラーは「黒髪」との相性が抜群

(ブルージュに限らず)インナーカラーというのは「表面の髪色との組み合わせ」も重要です。

確かに、組み合わせが悪いとダサくなりそうですね。笑

そうなんです。笑
(個人的には)インナーカラーをブルージュにするなら表面は暗め(もしくは黒髪)がおすすめです。

確かに、その方がクールな感じですね。

もちろん黒髪以外でも良いですが、せっかくインナーカラーをするなら「メリハリ」が出る髪色にしたいですね。

逆に表面を「ブルージュ」にするパターンはどうですか??

それもありだと思います。
インナーカラーをホワイティなカラーと組み合わせるとこんな感じになります。⬇︎

これも個性的で良いですね!

 

 

ブルージュ×インナーカラーは「ブリーチなし」でも可能?

質問です。
ブルージュのインナーカラーは「ブリーチなし」でも可能ですか?

結論から言うと「ブリーチなし」でも(髪質によっては)ある程度は青っぽくなりますが、基本的には「ブリーチあり」がおすすめです。

髪の状態、髪質によっては「ブリーチなし」でも、ここまでブルージュになります。⬇︎

なんとなくブルージュっぽくしたい人はアリかもですね。

 

染めたては「濃いめ(暗め)ブルージュ」がおすすめ?

もう1つポイントをお伝えしておくと「ブルージュ系」のカラーは「出来るだけ濃いめ(暗め)に染める」のがオススメです。

その方が「色持ち」が良さそうですね。

そうなんです。
その方が色落ちも楽しめますので、染めたては出来る限り「濃いめ(暗め)」がおすすめです。

僕が自分の髪を染めた時も、こんな感じで暗め(濃いめ)にしました。⬇︎

 

 

ブルージュは「グラデーション」も人気!?

ここまで、ブルージュのインナーカラーについて解説してきましたが、ブルージュのグラデーションカラーも人気があります。⬇︎

グラデーションもクールで良いですね。

「根元が伸びて気になりにくい」というメリットもあるので、頻繁にブリーチしたくない人はグラデーションにするのもアリもです。

 

 

ブルージュ×インナーカラーの「ホームケア」

最後に「ブルージュ×インナーカラー」をより長く楽しむ為の「ホームケア」について解説します。

確かに、せっかくキレイな髪色になってもすぐに色落ちしてしまったら悲しいですからね…。

そうなんです。
ブルージュ(インナーカラー)の色持ちを良くしたいなら、これら3つのポイントには注意しましょう。

  1. カラー(紫)シャンプーは必須
  2. 海水や温泉、プールに注意
  3. お湯の温度はぬるま湯で

簡単に解説していきます。

 

①カラー(紫)シャンプーは必須

髪色を「ブルージュ」に染めるならカラーシャンプーは必須です。

「カラーシャンプー」って何ですか?

カラーシャンプーは(ヘアカラーの持ちを良くする為に作られた)色素入りのシャンプーです。

1番有名なのは、紫色の色素が入った「紫シャンプー」です。

インナーカラーにブルージュを入れた時も紫シャンプーでOKですか?

はい!
ただ、表面(もしくはインナー)のブルージュじゃない方の色によっては紫じゃ無い方が良い事もあるので、そこは担当美容師さんに確認してください。

 

 

②海水や温泉、プールに注意

ブルージュやインナーカラーに限らず、これらには注意してください。⬇︎

  • 海水
  • 温泉
  • プール
  • 紫外線

これらは「ブルージュの色落ち」を早めるだけでは無く、髪のダメージにも繋がるので要注意です。

 

 

③お湯の温度はぬるま湯で

細かいですが、シャワーのお湯の温度を上げ過ぎるのもNGです。

細かいですね…。笑

でも、ブルージュ系のヘアカラーをより長く楽しみたいなら、ここも徹底していきましょう。

 

ブルージュ(インナーカラー)の色持ちを良くするポイント

  1. カラー(紫)シャンプーは必須
  2. 海水や温泉、プールに注意
  3. お湯の温度はぬるま湯で

 

 

「ブルージュ×インナーカラー」を楽しもう

今回は「ブルージュ×インナーカラー」について徹底解説してきました。

せっかく、ブルージュのインナーカラーにするなら色持ちを良くする為に頑張りたいですね!

その通り!!
是非、最後に紹介したポイントをクリアして「ブルージュ×インナーカラー」を楽しんでいきましょう。

という事で(?)最後に宣伝です。笑
「ブルージュ×インナーカラー」にしたい人で、表参道までご来店可能な人はこちらからLINEください。⬇︎

ついでに「Instagram」のフォローもお願いします。笑

こちらのブログもオススメです。⬇︎

【ラベンダーアッシュ×インナーカラー】が可愛すぎる「注意点も解説」

【ラベンダーアッシュ×インナーカラー】が可愛すぎる「注意点も解説」
「ラベンダーアッシュ×インナーカラー」について知りたいですか?このブログでは「ラベンダーアッシュ×インナーカラー」が得意な美容師が「ラベンダーアッシュ×インナーカラー」の魅力と注意点などを解説しています。これからラベンダーアッシュにする予定の人は特に必見です。

【ブルージュ】色落ちは緑?シルバー?「美容師が色落ち過程も解説」

【ブルージュ】色落ちは緑?シルバー?「美容師が色落ち過程も解説」
ブルージュの色落ちについて知りたいですか?このブログでは、ブルージュの色落ちに詳しい美容師が「ブルージュの色落ちの過程」と「色落ちをキレイに、色持ちを良くする方法」を解説しています。自分の髪を使って「ブルージュの色落ち」を紹介していますので、これからブルージュに染める予定の人は必見です。

【ブルージュグラデーション】が超人気!?「ブリーチ回数は?色落ちは?」

【ブルージュグラデーション】が超人気!?「ブリーチ回数は?色落ちは?」
「ブルージュ×グラデーション」について知りたいですか?このブログでは「ブルージュ」の「グラデーションカラー」が得意な美容師が、人気の「ブルージュグラデーション」の魅力や染め方について解説しています。「ブルージュグラデーション」の色持ちを良くする為のポイントも紹介していますので、これから「ブルージュグラデーション」に染める人はもちろん、既にブルージュのグラデーションにしている人は必見です。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました