【東京】ケアブリーチの色落ちや痛みは?「ファイバープレックスが最強」

hair

ケアブリーチについて知りたい

・東京でケアブリーチが出来る美容室を知りたいです。
・ケアブリーチって色落ちや痛みはどうなんだろう?
・ファイバープレックスが良いって聞くけど。

 

ケアブリーチが得意な(東京の)美容師

このブログでは
・ケアブリーチ(ファイバープレックス)が最高すぎる
・色落ちは、色の抜けは(ほぼ)変化なし
・ケアブリーチでブリーチの痛みは「超絶軽減」
これらについて解説します。

 

本記事は特にこんな人にオススメです。⬇︎

  • ブリーチしたいけど髪の痛みが心配
  • ケアブリーチに興味がある
  • ファイバープレックス以外のケアブリーチも知りたい

 

このブログを書いているのはこんな人

・ケアブリーチを使ったハイトーンカラーが得意
・青山(表参道)で10年くらい美容師をしています
・これまで数種類のケア剤(ケアブリーチ)を使用

 

今回はそんな僕が「ケアブリーチの効果や色落ち」について解説しています。

東京都内でケアブリーチで染めたい人は必見です。

 

ケアブリーチ(ファイバープレックス)が最高すぎる。

さっそく結論ですが「ケアブリーチ」は最高過ぎです。
特に「ファイバープレックス」という種類はダメージが超絶少なくなります。

それは最高ですね!!

これからブリーチをしようと考えている人は「ケアブリーチ」は絶対必須です。

 

 

ブリーチを断られた人も可能(かも)

上で書いたように、ケアブリーチのメリットは「ブリーチのダメージを超絶減らせる」という事です。

ブリーチのダメージが減るという事は、今までダメージを原因にブリーチを断られたら人もブリーチ可能かもです。

もちろん髪の状態によっては、ケアブリーチでも辞めた方が良いケースもあります。
しかし、ブリーチ出来る可能性は間違いなく大きくなります。

 

 

ケアブリーチの色落ちは・色の抜けは(ほぼ)変化なし

ケアブリーチって色落ちや色抜け早いですか?

これも結論から言うと「ほぼ変化なし」です。
「ほぼ」と書いたのは、髪を明るくするブリーチ力は普通のブリーチより多少は下がる気がするからです。(とはいえほとんど変わらないレベルの差です。)

ブリーチ力が減るのはちょっと残念ですが、痛みを出したくない人にとっては誤差ですね。

そうですね。
しかもダメージが少ないので、数回ブリーチをする場合もオススメです。(個人的な感覚では、ケアブリーチ2回分で普通のブリーチ1回分のダメージレベルです。)

 

 

ケアブリーチのデメリット

ここまでケアブリーチのメリットについて見てきましたが、もちろんデメリットもあります。
それはこちらの2つです。⬇︎

  • 値段が高い
  • 取扱店が限られる

簡単に解説します。

 

値段が高い

まず1つ目のデメリットとして「ケアブリーチの値段はかなり高い」です。(ケア剤の薬剤が高いです。)

ケア剤やケアブリーチの値段を考慮するとカラー剤トータルの値段はかなり上がります。
おそらく多くの美容室で別料金になっているはずです。(もしくはそれも込みの料金になっているかも。)

別料金も取らないで値段も安いなら本当にケアブリーチを使っているか怪しいくらいです。笑(ケア剤もピンキリなので。w)

 

 

取扱店が限られる

ケアブリーチのデメリット2つ目は「取扱店が限られる」という事です。
東京都内などの美容室では取扱店は多いかもですが、全ての美容室で使用している訳ではないです。

地方の美容室だと更に少なそうですね

そうですね!
普段行っている美容室で扱っていれば良いですが、扱っていなければ相談してみるのも良いかも。

 

 

ケアブリーチを使うべき3つの理由

ここまで「ケアブリーチのメリットとデメリット」「色落ちや色抜け」について見てきましたが、個人的には「ブリーチを2回以上するならケアブリーチ」は必須と考えています!

ブリーチ1回だと差がわかりづらい(もちろんある)ですが、2回以上する人は段違いです。

という事で、ここでは「あなたもケアブリーチを使うべき理由」を3つ紹介します。
その理由はこちらです。⬇︎

  1. 一度出たダメージは戻らない
  2. 数年間単位で考えるとコスパ良すぎ
  3. 将来の施術の幅が広がる

また簡単に見ていきます。

 

⑴一度出たダメージは戻らない

髪の毛は「死細胞」と言って、一度ダメージが出たら自分で修復する事は出来ませんので、根本から新しい髪が生えてきて、ダメージ部分を切るまでずっとダメージは残ったままです。

かなり長期戦ですね。

そうですね!
髪の長さが長ければ長いほど、その期間は長くなります。

ではどうしたら良いんですか?

大切なのは「そもそも髪をダメージさせない」という事が重要です!
一度出たダメージは取り返せないという意識をしっかり持つようにしましょう。

確かに、そう考えたらケアブリーチは必須ですね。

 

 

⑵数年間の単位で考えるとコスパ良すぎ

今お伝えしたように「いかに髪のダメージを出さないか?」は非常に重要です。

ダメージを出来る限り軽減する事が出来る「ケアブリーチ」は髪の長さによって数年間の効果を発揮します。

ブリーチ毛が無くなるまでケアブリーチの効果が残ると考えたら多少のプラス料金でもコスパは最高に良いです。

なるほど!
やっぱりブリーチだけで無く、カラー剤にもケア剤入れた方が良いですか?

本当はカラー剤にもケア剤を入れた方が良いですが、ブリーチだけでも全然違うので、まずはケアブリーチをオススメします。

 

 

⑶将来の施術の幅が広がる

今お伝えしたように、ケア剤の効果は数年間続きます。

その結果、数年間の施術の幅が広がります。(ダメージが大きすぎると多くのメニューがやりづらくなったりします。)

ぶっちゃけ、普通のブリーチでダメージが出た後にトリートメントをするよりも、最初からケアブリーチでブリーチした方が最終的なダメージレベルは低いです。

流石にそろそろくどいですが(笑)将来の施術も楽しめるように是非ケアブリーチをオススメします。

 

 

ファイバープレックスが最強です。

最後に「ケア剤の種類」について簡単に。

僕が使用しているのは「ファイバープレックス」という種類のケア剤です。

これまで僕はファイバープレックス以外にこれらのケア剤を使用してきました。⬇︎

  • オラプレックス
  • R
  • キャラデコ

その結果として「ファイバープレックス」が最強です。(もちろん好みはあるかもです。)

 

 

東京でケアブリーチしたいならお任せを♡

今回はケアブリーチについて徹底解説してきました。
東京都内でケアブリーチをしたい時は、ぜひ僕にお任せください。

ケアブリーチは1ブリーチにつき+1000円になりますが、初回割引30%オフなので、ケア剤の料金は実質無料です。

質問などもお気軽にどうぞ。⬇︎

InstagramのDMからでもOKです。(フォローもお願いします。笑)

ブリーチやヘアカラーについてはこちらのブログもどうぞ。⬇︎

【最強】ピンクパープルはブリーチなしでも可能「ケアブリーチもあり」

【最強】ピンクパープルはブリーチなしでも可能「ケアブリーチもあり」
ピンクパープル(ブリーチなし)にしたい人・ピンクパープルはブリーチなしで染めれますか?・やっぱり「ブリーチあり」のピンクパープルの方が良い?・本当はブリーチありが良いけどダメージが心配です。ピ...

【ブルーブラック】にブリーチなし・ありは関係ない理由「美容師が解説」

【ブルーブラック】にブリーチなし・ありは関係ない理由「美容師が解説」
ブルーブラック(ブリーチなし)にしたい人・ブルーブラックは「ブリーチなし」でも出来ますか?・やっぱり「ブリーチあり」が良いですか?・「ブルーブラック(ブリーチなし)」でもブルーブラックを楽しむ方法はありますか...

【最強説】「黒髪ロング」×「インナーカラーピンク」が可愛すぎる件

404 NOT FOUND | Tomohiro Makiyama
美容師が美容情報やドライヤー、ムラシャンを語るブログ

それではまた♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました