【ラベンダーピンク】ブリーチありはこんな色「ブリーチありがオススメな理由」

ピンクパープル/ラベンダーピンク

ラベンダーピンク(ブリーチあり)にしたい人

・ラベンダーピンク(ブリーチあり)はどんな髪色
・「ブリーチあり」か「ブリーチなし」の違いは?どっちが良い?
・ブリーありだと色落ちはやっぱり早いかな?

 

ラベンダーピンク(ブリーチあり)が得意な美容師

このブログでは
・ラベンダーピンク(ブリーチあり)はこんな色
・ラベンダーピンク(ブリーチあり)がオススメな理由
・ラベンダーピンクの色持ちを良くする方法は3つ。
これらについて解説します。

 

本記事は特にこんな人にオススメです。⬇︎

  • ラベンダーピンク(ブリーチあり)にしたい
  • 「ブリーチあり」と「ブリーチなし」で迷っている
  • 「ブリーチあり」で染めるメリットが知りたい

 

このブログを書いているのはこんな人

マキヤマといいます。

・ラベンダーピンクが得意な美容師
・ブリーチありのハイトーンカラーも得意
・表参道(青山)で10年ほど美容師をしています。

 

今回はそんな僕が「ラベンダーピンク(ブリーチあり)」について徹底解説をしていきます。

ブリーチありカラーの魅力やケア方法も紹介するので、ぜひ最後までお付き合いください。

 

 

ラベンダーピンク(ブリーチあり)はこんな色

早速ですが、ラベンダーピンク(ブリーチあり)がこちら。⬆︎

キレイなラベンダーピンクですね!

個人的には「ラベンダーピンクはブリーチありがオススメ」です。

 

 

ラベンダーピンク(ブリーチあり)がオススメな理由

なぜ、ラベンダーピンクはブリーチありがオススメなんですか?

いきなりですが、その理由はこれらです。⬇︎

  1. 透明感が違う
  2. 色抜けがキレイ
  3. 色落ちしても違う色も楽しめる

順番に解説していきます。⬇︎

 

①透明感が違う

ラベンダーピンクは「ブリーチあり」と「ブリーチなし」で透明感が全く違います。(ブリーチなしについては後ほど解説します。)

やはり「ブリーチあり」の方がベースが明るくなるので良さそうですね。

 

 

②色抜けがキレイ

 

「ブリーチあり」「ブリーチなし」は色抜けの仕方まで変わってきます。

どんな感じに抜けるんですか?

それは、入れた色や人(髪)によって異なりますが、ブリーチありの方が色落ちも楽しめる事が多いです。(最後に紹介する色持ちを良くする方法をすればもっと楽しめます。)

 

 

 

③色落ちしても違う色も楽しめる

ラベンダーピンクを「ブリーチあり」で染めた場合、色落ちした後に違う色を入れる事も可能です。
もちろん根本は定期的にリタッチする(もしはグラデーションで染める)必要がありますが、ハイトーンカラーを継続することが可能です。

ラベンダーピンクをリピートしても良いですし、他の色に挑戦するのもありですね。

そうなんです!!
「ブリーチあり」でしか出来ない色を楽しめると良いですね。

 

 

ブリーチありはデメリットもある

ここまでラベンダーピンクは「ブリーチあり」がオススメと書いてきました。
とはいえ「ブリーチあり」にはデメリットがあります。

どんなデメリットですか?

それがこの2つです。⬇︎

  • 髪への負担がある
  • 色の抜け幅が大きい

確かに、ブリーチありのカラーだと髪への負担は大きくなりますね。

そうなんです!
色の抜け幅が大きいのも特徴的ですね。(簡単に言うと、金髪まで抜けてくるという事)

ヤンキーみたいな金髪になるのは嫌ですね。笑

その対策はこの後解説します。

 

 

ラベンダーピンクはブリーチなしも可能

1つ質問です。

なんですか?

先程から「ブリーチあり」のカラーについてお話ししてますが「ブリーチなし」でラベンダーピンクにする事は可能ですか?

結論から言うと可能です。

これくらいのラベンダーピンクならブリーチなしでも可能です。⬇︎

参考記事
【髪色】ラベンダーピンクはブリーチなしでも可愛い「でも透明感は……。」

とはいえ、個人的なオススメは透明感のある「ブリーチあり」のラベンダーピンクです。

 

 

ダメージが心配なら「ケアブリーチ」も

もし「ブリーチありのラベンダーピンクに染めたいけど、ブリーチのダメージが心配」という人がいたら「ケアブリーチ」もオススメです。

「ケアブリーチ」??

ブリーチのダメージを出来る限り少なくしていくというものです。
最新、ハイトーンカラーがここまで増えたのもこの影響が大きいです。

参考記事
【ケアブリーチ】デメリットは3つ「デメリットよりメリットが大きすぎる」

 

 

ラベンダーピンクの色持ちを良くする方法は3つ

先程解説したように、ラベンダーピンク(ブリーチあり)は色抜けの幅が大きい為しっかりケアをしないとすぐに色落ちしてしまいます。

せっかくキレイな色になってもすぐ抜けるのは悲しいですね。

そこで、ラベンダーピンクの色持ちを良くする為にこれらのポイントに注意しましょう。⬇︎

  • 濃いめに染める
  • カラーシャンプー(トリートメント)
  • ぬるま湯で洗う

簡単に解説します。

 

 

①濃いめに染める

そもそもの話ですが、ヘアカラー(特にブリーチあり)の場合は濃いめに染めておくのがオススメです。

参考記事
【ラベンダーピンク】暗め(濃いめ)がオススメな理由「色持ちは?」

いくら明るめが良いからと言っても薄く染めてしまうと、すぐに色落ちしてしまいます。
可能であれば、染めた1週間後くらいがベストなラベンダーピンクだと最高です。

色持ちも考慮して濃いめに入れるのが良いんですね。

その通りです!
「ブリーチあり」の場合は特に注意しましょう。

 

 

②カラーシャンプー(トリートメント)

ホームケアで一番重要なのは「カラーシャンプー」「カラートリートメント」の使用です。

ラベンダーピンクって何色を使えば良いんですか?

【ラベンダー(青紫)ピンク】だから迷いどころですが、基本的に「紫」か「ピンク」でOKです。

参考記事
【ピンクパープル】カラーシャンプーは何色を使う?「オススメのメーカーは?」

個人的には「赤みの紫」である【カラタス】のパープルシャンプーがオススメです。⬇︎

トリートメントもセットでありますし、ラベンダーピンクの人には最高の色みなのでかなりオススメです。

 

 

③ぬるま湯で洗う

最後はシャワーの温度についてです。
細かい事ですが、お湯の温度は「ぬるめ」がオススメです。

お湯の温度も影響するんですね!?

そうなんです!
「ぬるめ」の方がカラーの色落ちスピードを遅らせる事が出来ますので、風邪をひかない程度にぬるま湯にしましょう。

 

 

ラベンダーピンク(ブリーチあり)を楽しもう

今回は「ラベンダーピンク(ブリーチあり)」について解説してきました。
記事内でも書いていますが、ラベンダーピンクは「ブリーチあり」の方がキレイです。(個人的にもオススメです。)

とはいえ、ヘアカラーは髪質(や髪の状態)も大切ですので自分に合ったカラーを楽しむようにしましょう!

どこでラベンダーピンクにして良いか分からない人で表参道まで来店可能な方はこちらからLINEください。⬇︎

こちらのブログもオススメです。⬇︎

【ラベンダーピンク】グラデーションはこんなカラー「メリット/デメリットは?」

【ラベンダーピンク】グラデーションはこんなカラー「メリット/デメリットは?」
「ラベンダーピンクグラデーション」について知りたいですか?このブログはでは「ラベンダーピンク」「グラデーションカラー」が得意な美容師が「ラベンダーピンクグラデーション」のメリットや、デメリット、色持ちを良くする方法も解説しています。これからラベンダーピンクのグラデーションにしたい人は必見です。

【色落ち】ラベンダーピンクの色落ちは? 「ブリーチあり、なしで色落ちは?」

【色落ち】ラベンダーピンクの色落ちは? 「ブリーチあり、なしで色落ちは?」
ラベンダーピンクの色落ちについて知りたいですか?このブログではラベンダーピンクが得意な美容師が「ラベンダーピンクの色落ち」と「ラベンダーピンクの色持ちを良くする方法」について解説します。これからラベンダーピンクにする人や既にラベンダーピンクの人は必見です。

【ラベンダーピンク】はブリーチ1回でも可能「色持ちを良くする方法は?」

【ラベンダーピンク】はブリーチ1回でも可能「色持ちを良くする方法は?」
「ピンクラベンダー(ブリーチ1回)」について知りたいですか?このブログでは「ピンクラベンダーやブリーチが得意な美容師」が「ラベンダーピンク(ブリーチ1回)」について徹底解説するブログです。「色持ちを良くする方法」や「ダメージを軽減する染め方」も紹介していますので、ピンクパープルにする予定の人は必見です。

このブログを読んでくださったあなたの髪がキレイなラベンダーピンクになる事を願っております。
それではまた♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました