【ラベンダーピンク】グラデーションはこんなカラー「メリット/デメリットは?」

ピンクパープル/ラベンダーピンク

ラベンダーピンクのグラデーションにしたい人

・ラベンダーピンクのグラデーションってどんな感じ?
・グラデーションで染めるメリットとかあるかな?
・やっぱりラベンダーピンクの色落ちは早い?

 

ラベンダーピンクのグラデーションが得意な美容師

このブログでは
・ラベンダーピンクのグラデーションはこんなカラー
・グラデーションのメリット/デメリット

・ラベンダーピンクの色落ちを遅らせる方法
これらについて解説します

 

このブログはこんな人にオススメです。⬇︎

  • ラベンダーピンクのグラデーションにしたい
  • グラデーションカラーのメリットやデメリットも知りたい
  • ラベンダーピンクの色落ちを遅らせる方法も

 

本記事を書いているのはこんな人

マキヤマといいます

・ラベンダーピンクのヘアカラーが得意
・グラデーションカラーやブリーチカラーも得意
・表参道で10年ほど美容師をしている

 

今回はそんな僕が「ラベンダーピンクグラデーション」について徹底解説していきます。

色持ちが良くなる「カラーシャンプー」についても紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いください。

 

 

ラベンダーピンクのグラデーションはこんなカラー

早速ですが、ラベンダーピンクのグラデーションはこんな感じのカラーです。⬇︎

かなり自然なグラデーションですね。

そうなんです。
好みはあるかもですが、個人的にはこれくらい濃いめに染めておく事をオススメします。(理由は後ほど解説します。)

ここからはラベンダーピンクに限らず、グラデーションで染めるメリットとデメリットを解説していきます。

まずはメリットから。

 

 

グラデーションのメリット

グラデーションのメリットはこちらの3つです。⬇︎

  • 根元の伸びが気になりにくい
  • 期間限定でも楽しめる
  • 全体を染めるより自然

順番に解説します。

 

 

根元の伸びが気になりにくい

これはグラデーションで染める一番大きいメリットかもです。
グラデーションで染めると根元が伸びてきても「リタッチが伸びてる感」が出にくいんです。

確かに、いくら可愛いカラーでも根元のリタッチが伸びてる感があると可愛く無いですからね。

そうなんです。
その点、グラデーションで染めておけばリタッチが伸びても自然な感じなので、長く楽しめます。(もちろん染め方にもよりますが。)

 

 

期間限定でも楽しめる

ひとことでグラデーションといっても様々です。
暗い部分の方が多い「毛先グラデーション」もあれば、明るい部分の方が多い根本グラデーション」もあります。(呼び方は人によって違うかもです。)

確かにグラデーションの高さは悩みどころですね。

中でも、毛先グラデーション(暗い部分の方が多い)の場合はダメージ次第でカットする前提で染めたりする事も出来るので、ブリーチを諦めていた人や期間限定でカラーを楽しみたい人にもオススメなスタイルです。

 

 

全体を染めるより自然

これはメリットでもあり、デメリットでもありますが、全体をラベンダーピンクにするより、根本グラデーションで染めておくと自然な感じになります。

ラベンダーピンクに限らず、どんなカラーでも言える事ですね。

その通りです!!
グラデーションの高さによって派手すぎないように作る事もできます。(逆に全体を明るくしたい人は全体ブリーチの方がオススメです。)

 

 

グラデーションのデメリット

グラデーションのデメリットで考えられるのはこれらです。⬇︎

  • 黒い部分が多くなりやすい
  • セルフでは難しい

これもラベンダーピンクに限らずの話しですが、解説していきます。

 

 

黒い部分が多くなりやすい

グラデーションは良く言えば「根本を染めないで馴染ませるカラー」です。
ただ、悪くいうと暗い部分が多く残ったカラーです。

確かにそういう言い方も出来ますね。笑

根元の地毛が伸びてきた時に黒い(暗い)部分の比率(範囲)が多くなってしまうのはデメリットかもです。

それを計算して黒い(暗い)部分を少なめに設定しておくと良いかもですね。

 

 

セルフでは難しい

グラデーションカラーは全体カラーに比べると染めるのが難しいカラーです。

確かに、ネットで調べていると失敗した人とか見かけます。

そうなんです。
だからセルフでやるのは辞めたほうが良いでしょう。
キレイなラベンダーピンクグラデーションにしたいなら美容室でカラーするようにしましょう。

どこで染めて良いかわからない人で都内近郊にお住まいの方はこちらもどうぞ。⬇︎
【半額】ヘアモデル募集します。「期間限定、人数限定」

 

 

ラベンダーピンクの色落ちを遅らせる方法

グラデーションのメリット、デメリットは理解しましたが、やっぱりラベンダーピンクの色落ちは早いですか?

結論から言うと、残念ながら「早い」です。

やっぱり……。

とはいえ、しっかりとケアをしてあげれば、色持ちは良くなるので、特にこれらの点には注意しましょう。⬇︎

  1. 濃いめラベンダーピンクにする
  2. カラーシャンプーを使う
  3. ぬるま湯で洗う

これだけでも分かるかもですが、また簡単に解説します。

 

 

①濃いめラベンダーピンクにする

初めにも少しお話ししましたが、ラベンダーピンクに染める場合はかなり濃いめに染める事をオススメします。
特にグラデーションで染める場合はより濃いめに染めておけば、根元との馴染めも良くなります。

でもせっかくラベンダーピンクにするなら明るめにしたいんですけど…。

その気持ちはよく分かります。
ただ、出来れば最高な状態を少し先(1週間後とか)にしておくと色落ちも楽しむ事が出来るのでオススメです。

なるほど!

確かに、色落ちも楽しめるのは良い事ですね。

 

 

②カラーシャンプーを使う

ラベンダーピンクのグラデーション(特にブリーチあり)にするならカラーシャンプーは必ず使用する様にしましょう。
カラーシャンプーを使用すると色落ちのスピードも、色の抜け方も変わります。

ラベンダーピンクの場合は何色を使えば良いですか?

紫シャンプーかピンクシャンプー好きな方でOKです。
個人的には赤(ピンク)みが強い紫シャンプーの「カラタス」シリーズがオススメです。⬇︎

別にこれ以外の種類でも良いですが、カラーシャンプーは必ず使うようにしましょう。(カラートリートメントは出来ればでOKです。)

参考記事
【結論】カラタス 【Pr】はめっちゃ良いムラシャン「使い方は?」

 

 

③ぬるま湯で洗う

最後はかなり初歩的な事ですが、お湯の温度が高すぎるとラベンダーピンク以外のカラーでもすぐに色落ちしてしまいます。

お湯の温度も関係するんですね!

出来るだけ「ぬるめ」で洗うとカラーケアにもなるので、風邪をひかない程度のぬるま湯で洗うようにしましょう。

 

 

ラベンダーピンクはグラデーションを楽しもう♡

今回は「ラベンダーピンクグラデーション」について徹底解説してきました。

ラベンダーピンク自体可愛いカラーですが、グラデーションにするとさらに可愛いです。
ぜひ、あなたも「ラベンダーピンクグラデーション」を試してみてください。

どこで染めて良いか分からない人はこちらからLINE下さい。⬇︎

ラベンダーピンクについてはこちらのブログもどうぞ。⬇︎

【色落ち】ラベンダーピンクの色落ちは? 「ブリーチあり、なしで色落ちは?」

【色落ち】ラベンダーピンクの色落ちは? 「ブリーチあり、なしで色落ちは?」
ラベンダーピンクの色落ちについて知りたいですか?このブログではラベンダーピンクが得意な美容師が「ラベンダーピンクの色落ち」と「ラベンダーピンクの色持ちを良くする方法」について解説します。これからラベンダーピンクにする人や既にラベンダーピンクの人は必見です。

【髪色】ラベンダーピンクはブリーチなしでも可愛い「でも透明感は……。」

【髪色】ラベンダーピンクはブリーチなしでも可愛い「でも透明感は……。」
ラベンダーピンク(ブリーチなし)ついて知りたいですか?このブログではラベンダーピンクのヘアカラーが得意な美容師がラベンダーピンク(通称ラベピ)の「ブリーチなしとありの違い」「色落ち」について解説しています。ブリーチなしでラベンダーピンクにしたい人も必見です。

【保存版】紫シャンプーの使い方を解説「その使い方で大丈夫?」

【保存版】紫シャンプーの使い方を解説「その使い方で大丈夫?」
紫シャンプーの効果について知りたいですか? このブログでは紫シャンプー好きな美容師が紫シャンプーの効果的な使い方について解説しています。 紫シャンプーの使い方やオススメの紫シャンプーが知りたい人は必見です。

それではまた♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました