オリーブは【ブリーチなし】でも可能?「ヘアカラー好きな美容師が解説」

オリーブ

ブリーチなしで「オリーブ」のヘアカラーをしたい人

・「オリーブ」のヘアカラーは「ブリーチなし」でも可能?
・「ブリーチありオリーブ」と「ブリーチなしオリーブ」の違いは?
・オリーブのヘアカラーの「色持ちを良くする方法」は?

 

(ブリーチなし)オリーブのヘアカラーが得意な美容師

このブログでは
・オリーブは「ブリーチなし」でも可能「ヘアカラーが得意な美容師が解説」
・「ブリーチなしオリーブ」と「ブリーチありオリーブ」の違い
・オリーブの色持ちを良くする「3つのポイント」
これらについて解説します。

 

このブログは、こんな人にオススメです。

  • 「ブリーチなし」でオリーブのヘアカラーに出来るか知りたい
  • 「ブリーチなしオリーブ」と「ブリーチありオリーブ」の違いを知りたい
  • オリーブのヘアカラーの色持ちを良くしたい

 

このブログを書いているのはこんな人

蒔山(マキヤマ)といいます

・オリーブ(ブリーチなし)が得意
・オリーブ(ブリーチあり)も得意(笑)
・表参道で10年以上美容師をしている

 

今回は、大人気のヘアカラー「オリーブ」は「ブリーチなし」でも染めれる?という疑問について「オリーブ大好き美容師」が(笑)徹底解説します。

「オリーブのヘアカラーの色持ちを良くする方法」も紹介しますので、これから染める人はもちろん、既にオリーブの髪色にしている人も必見です。

 

 

スポンサーリンク

オリーブは「ブリーチなし」でも可能「ヘアカラーが得意な美容師が解説」

早速ですが、結論です。
「オリーブ」は「ブリーチなし」でも染める事が可能です。

こちらが「ブリーチなし」で「ヘアカラーのみ」で染めた「オリーブ」です。⬇︎

しっかり「オリーブ」ですね!

そうなんです。
ただ「ブリーチなしのオリーブ」は誰でも出来るわけではありません。

どういう事ですか!?

その辺りも踏まえて、もう少し詳しく「(ブリーチなし)オリーブ」について解説していきます。

 

 

「ブリーチなしオリーブ」と「ブリーチありオリーブ」の違い

「ブリーチなし」でもオリーブのヘアカラーにする事が出来るのは分かりました。
でも、それなら「ブリーチあり」でオリーブにするメリットは何ですか??

良い質問です!!
「ブリーチなしオリーブ」と「ブリーチありオリーブ」の違いは大きく3つあります。⬇︎

  1. 透明感(ベースの明るさ)の違い
  2. ダメージの違い
  3. 色落ちの違い

「自分はブリーチあり、なしどちらを選ぶべきか?」の判断で非常に重要になる所なので、1つずつ解説していきます。

 

ブリーチあり、なしの違い【①透明感(ベースの明るさ)】

「ブリーチありオリーブ」と「ブリーチなしオリーブ」の違いの1つ目は「透明感の違い」です。

こちらが「ブリーチなし(ヘアカラーのみ)」で染めた「オリーブ」⬇︎

こちらが「ブリーチあり」のオリーブです。⬇︎

確かに、少し透明感の差がありますね。

そうなんです。
これは「オリーブを入れる前の髪(ベース)の明るさ」による差です。
ヘアカラーは「画用紙」と「絵の具」の関係に近く「画用紙(ベースの髪の明るさ)」が明るければ明るいほど「絵の具(ヘアカラー)」がキレイに入ります。

だから、地毛(ベース)が明るい「ブロンド」の人とかは、どんなカラーを入れてもキレイな透明感が出るんですね!?

その通り!
いかに、画用紙を明るくするか(白に近づけるか?)が透明感の差が生まれます。

とはいえ、その中でも「オリーブ」はブリーチなしでも楽しみやすいカラーではあります。

なぜですか??

それは「オリーブ系」のヘアカラーは「ブリーチなし」ではどうしても消しにくい「赤み」の反対色だからです。

確かに、赤みが強いと茶髪(?)ぽくなって透明感は無いですね。

そこに、反対色「オリーブ」を入れる事で(ブリーチなし)でも透明感が出るんです。

 

 

ブリーチあり、なしの違い【②ダメージの違い】

解説したように「ブリーチあり」のオリーブの方が透明感は出やすいですが、ブリーチによるダメージは普通のヘアカラーと比較すると、格段に大きいです。

確かに、ブリーチはダメージが心配です。

最近は、出来る限りダメージを抑えながら染める事が出来る「ケアブリーチ」とかもありますが、それでも「ブリーチなし」のオリーブと比較するとダメージの差は大きいです。(もちろん髪質にもよりますが。)

ダメージが心配なら「ブリーチなしオリーブ」が良さそうですね…。

 

 

ブリーチあり、なしの違い【 ③色落ちの違い】

「ブリーチありオリーブ」と「ブリーチなしオリーブ」の違いの最後は「色落ち」です。

それぞれ、どんな感じで色落ちするんですか?

ざっくり言うと「ベース(オリーブを入れる前の髪色)」に向かっていきます。⬇︎

もちろん「ブリーチのあり、なし」も影響しますし「髪質(髪の明るくなりやすさ)」も関係してきます。

なるほど!

オリーブのヘアカラーの色落ち(色持ち)については、後ほど詳しく解説します。

 

オリーブの「ブリーチあり、なし」の違い

  1. 透明感(ベースの明るさ)の違い
  2. ダメージの違い
  3. 色落ちの違い

 

 

「ブリーチなし」でオリーブにできない場合も…。

ここまで「ブリーチなし(ヘアカラーのみ)でもオリーブの髪色に染めることは可能」とお伝えしてきました。

しかし!!

人(髪)によっては不可能な場合もあります。

えっ!?
そうなんですか!?

はい!
例えば、このような人達はブリーチが必要になる可能性が高いです。⬇︎

  • 黒染めしている(していた)
  • 白髪染めしている(していた)

なるほど、逆に言うと、黒染めや白髪染めをしていなければ「ブリーチなし」でもオリーブに染めれるんですか?

その可能性は高いです。
という事で、次は「ブリーチなし(ヘアカラーのみ)」でオリーブの髪色にする方法を解説していきます。

 

 

(ブリーチなし)オリーブの染め方は?「育てるヘアカラー?」

「ブリーチなし(ヘアカラーのみ)」でオリーブに染めるには、ざっくり2つの工程があります。⬇︎

  1. 髪のベースを明るくする
  2. オリーブのヘアカラーを入れる

②に関しては、何も問題は無いです。(もちろん使用しているカラー剤によってオリーブの発色、色待ちは異なります。)

では大切なのは「①髪のベースを明るくする」という事ですね!

はい!
先程お伝えしたように、どれだけベース(画用紙)がキレイになっているか?でオリーブ(絵の具)の発色が決まってきます。

逆に、どれくらい明るければオリーブの色が入りますか?

使用するカラー剤にもよりますが「11トーン」くらいあればOKです。

「11トーン」は中段の右から3番目です。⬇︎

結構赤っぽいですね!

この上から「オリーブのカラー」を入れる事で、赤みを打ち消していく感じです。

なるほど!!
でも、どうやって(ブリーチなしで)ベースを明るくするんですか??

良い質問です。
それでは、その点のついてサクッと解説します。

 

髪のベースを明るくする方法は2つ

ブリーチなしで「ベース」を明るくする方法は次の2つです。⬇︎

  1. ヘアカラーの1番明るいものを使って「ダブルカラー」する
  2. ヘアカラーを繰り返す事で、徐々にベースを明るくしていく

簡単に解説します。

 

①ヘアカラーの1番明るいものを使って「ダブルカラー」をする

ブリーチの代わりに「1番明るいヘアカラー剤を使う」という方法です。

「ブリーチなしダブルカラー」って事ですね。

その通り。

ブリーチと比較すると「髪を明るくする力」は弱いですが、ヘアカラーでも、ある程度までなら明るくする事ができます。

※ダメージは「ブリーチあり」で染める場合より少ないですが、次に紹介する②の方法の方がさらに「低ダメージ」になります。

 

②ヘアカラーを繰り返す事で、徐々にベースを明るくしていく

これはオリーブに限らずですが、ヘアカラーというのは「髪を明るくする力」と「色を入れる力」の2つの力があります。

この力は「カラー剤の種類」によって異なりますが、一度でも髪を染めた事がある人なら、色落ちしてきて髪が明るくなるのを体験したはずです。

※ちなみに、ブリーチは「髪を明るくする力」が最強(というか、その力しか無い)です。

その、ヘアカラーの中にもある「髪を明るくする力」というのを利用して、少しずつオリーブが入るスキマをつくるという事ですね?

その通り!
定期的にヘアカラーを続けて、オリーブが入りやすい髪に育てていくイメージです。

それなら、かなり「低ダメージ」で染めれそうですね。

その通り。
ブリーチのダメージが心配な人は「ブリーチなしオリーブ」を検討してみても良いかもです。

 

 

【結論】オリーブのブリーチあり、なし「オススメは人(髪)よる」

ここまで「ブリーチありオリーブ」と「ブリーチなしオリーブ」の違いを比較してきました。

いずれにせよ、自分の髪の状態によって、どっちが良いのかが決まるという事でしたね。

はい!
あとは髪質やダメージ具合も影響してくるので、その辺りも踏まえて、担当美容師さんとしっかり相談してください。

※表参道までご来店可能な人は、このページ下からLINEください。笑

 

 

オリーブのヘアカラー「持ちを良くする3つのポイント」

「ブリーチなし」でもオリーブのヘアカラーに出来る事は分かった所で、最後に「オリーブのヘアカラーを長く楽しむ為に出来ること」をご紹介します。

いくらキレイなオリーブになっても、すぐに色落ちしたら悲しいですからね…。

その通り!

早速ですが、オリーブの色持ちを良くする為に出来る対策はこの辺りです。⬇︎

  1. 濃いめに染める
  2. カラーシャンプーを使う
  3. 色落ちの原因を避ける

特に②カラーシャンプー(色で迷ったら紫シャンプーがオススメ)の使用は必須です。

オススメは「エヌドット」の紫シャンプーです。⬇︎

「③色落ちの原因」というのは??

例えば「プール」や「海水」「温泉のお湯」なんかも注意が必要です。
もっと身近な事だと、シャワーやアイロンの温度が高すぎると、ヘアカラーの色抜けに影響してきます。

色々気をつけなきゃですね!

あと「①濃いめに染める」というのも大切なので、染める際は美容師さんとしっかり相談して決めましょう!!

オリーブの色落ちについて、詳しくはこちらでも解説しています。⬇︎
【大人気】オリーブ系ヘアカラー「美容師がメリットや色落ちも解説」

 

 

「オリーブ」のヘアカラーは「ブリーチなし」でも楽しめる

今回は(ブリーチなし)オリーブのヘアカラーについて徹底解説してきました。

もちろん、透明感や明るさを重視したいなら「ブリーチありオリーブ」も魅力的ですが「ブリーチなし(ヘアカラーのみ)」でも育て方次第ではここまで明るめになります。⬇︎

とはいえ「カラー剤の配合」や「育て方」も大切になるので、美容師さんと、しっかり相談しながら染めるようにしてください。

最後に宣伝です。笑
(ブリーチのあり、なしどちらでも)オリーブのヘアカラーにしたい人で、表参道までご来店が可能な人はこちらからLINEください。⬇︎

最後の最後に失礼しました。笑
いずれにせよ、このブログを読んでくれたあなたの髪色がキレイなオリーブになる事を願っております。

オリーブ系ヘアカラーについては、こちらのブログもオススメです。⬇︎

【イエベ春】にもオススメな髪色「オリーブ」暗め、明るめどっちが良い?

【イエベ春】にもオススメな髪色「オリーブ」暗め、明るめどっちが良い?
「イエベ春」にオススメな髪色「オリーブ」について知りたいですか?このブログでは「オリーブ系」の髪色に染めるのが得意な美容師が「パーソナルカラー」の「イエベ春」と「オリーブ」の髪色の関係について解説しています。オリーブの色持ちを良くするポイントも紹介していますので、これからオリーブに染める人はもちろん、すでにオリーブの髪色に染めている人も必見です。

【オリーブ】の髪色は「暗め」がオススメな「3つの理由」色落ちも解説

【オリーブ】の髪色は「暗め」がオススメな「3つの理由」色落ちも解説
(暗め)オリーブの髪色に染めたいですか?このブログでは「オリーブの髪色を染めるのが得意な美容師」が「オリーブは暗めがオススメな理由」について解説しています。「オリーブの色持ちを良くするポイント」も紹介しますので、これからオリーブの髪色に染める人はもちろん、既にオリーブに染めている人も必見です。

【透明感◎】オリーブの髪色が可愛すぎる「染め方、色落ちは?」美容師が解説

【透明感◎】オリーブの髪色が可愛すぎる「染め方、色落ちは?」美容師が解説
「オリーブの髪色」について知りたいですか?このブログでは「オリーブの髪色」が得意でオリーブオイル好きな美容師(笑)が「オリーブの髪色の魅力や染め方」について解説しています。「オリーブの色持ちを良くする方法」も紹介していますので、これからオリーブに染める予定の人はもちろん、既にオリーブの髪色の人も必見です。

それではまた!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました