【ピンクパープル】ブリーチ1回はこんな色「ケアブリーチや色落ちも解説」

ピンクパープル/ラベンダーピンク

ピンクパープル(ブリーチ1回)にしたい人

・ピンクパープルって「ブリーチ1回」で出来ますか?
・ブリーチ1回で出来る「ピンクパープル」ってどんな色?
・ブリーチのダメージや色落ちが心配だなぁ

 

ピンクパープル(ブリーチ1回)が得意な美容師

このブログでは
・ピンクパープル(ブリーチ1回)はこんな色
・ブリーチのダメージを抑える方法
・ピンクパープルの色持ちを良くする方法
これらについて解説します。

 

本記事は特にこんな人にオススメです。⬇︎

  • (ブリーチ1回で)ピンクパープルにしたい
  • ブリーチ有無の違いが知りたい
  • ダメージや色抜けも気になる

 

このブログを書いているのはこんな人

マキヤマといいます

・ピンクパープルが得意な美容師
・ブリーチを使ったハイトーンが得意
・表参道で約10年美容師している

 

今回はそんな僕が「ピンクパープル (ブリーチ1回)」について解説していきます。

「ブリーチなしピンクパープル」についてはこちらのブログをどうぞ。⬇︎
【最強】ピンクパープルはブリーチなしでも可能「ケアブリーチもあり」

 

 

ピンクパープル(ブリーチ1回)はこんな色

さっそくですが、ピンクパープル(ブリーチ1回)はこんな色です。⬆︎

良い感じの「ピンクパープル」ですね!!

そうなんです。

こんな感じも。⬇︎

しかも、ピンクパープル(ブリーチ1回)はブリーチなしに比べてメリットが大きいです

どんなメリットですか?

それでは、ピンクパープルにする際、ブリーチを1回するメリットを解説します。

 

 

ピンクパープル「ブリーチ1回するメリット」

ブリーチ1回するメリットは以下の通りです。⬇︎

  • 透明感が出る
  • 色み(ピンクパープル)が出やすい
  • 抜け方がキレイ

特に「色み」に関しては「ブリーチ無し」では出せない「キレイなピンクパープル」が可能になります。

 

 

ピンクパープル「ブリーチ1回のデメリット」

ピンクパープル(ブリーチあり)にはデメリットもあります。
特に大きいのは、この辺りです。⬇︎

  1. ブリーチのダメージが出る
  2. 色落ちが早くなる

(ブリーチ1回して)ピンクパープルにしたいけど、ブリーチのダメージも色落ちが早くなるのも嫌だなぁ。

それでは、これらの対策について順番に解説していきます。

 

 

ピンクパープル「ブリーチのダメージを抑える方法」

ピンクパープルに限らずですが、ブリーチのダメージを抑えるならこれらの方法がオススメです。⬇︎

  • ケアブリーチ
  • ブリーチなしのダブルカラー

簡単に解説します。

 

ケアブリーチ

ブリーチのダメージを抑える方法として一番重要なのは「ケアブリーチ」の使用です。
ケアブリーチを使うだけで、ブリーチしていないかのような「ツヤ」や「しっとり感」を残して染めていけます。

メーカーによっては95%以上のダメージカットが見込まれるそうです。

95%はヤバいですね。

そうなんです!
ブリーチありなのに、ブリーチしてないような髪質で染めれます。

 

 

ブリーチなしのダブルカラー

もう1つはブリーチなしのダブルカラーという方法です。

ダメージを少なくする為には、ブリーチではなく「カラー剤でダブルカラー」をするのもありです。

ブリーチ無しで、ダブルカラー?

はい!

実は、ピンクパープルは濃いめに入れればブリーチなしでも入ります。

このように。⬇︎

そこでカラー剤の1番明るい薬でベースを明るくした後に、濃いめのピンクパープルを入れる「ブリーチなしダブルカラー」もオススメです。

ここは髪質などにもよるので、気になる人はページ下からご連絡ください。

 

 

ピンクパープル「色持ちを良くする方法」

続いては「ピンクパープルの色落ち」についてです。
ピンクパープルの色持ちを良くしたいならこれらのポイントに注意です。⬇︎

  • カラーシャンプーの使用(カラタス)
  • お湯の温度を下げる

また順番に見ていきましょう。(ブリーチ1回のピンクパープルを想定しています。)

 

 

カラーシャンプーの使用(カラタス)

ブリーチを1回でもしているピンクパープルなら、カラーシャンプーの使用は必須です。

ピンクパープルって何色のカラーシャンプーを使えば良いですか?

オススメは「ピンクシャンプー」か「パープル(紫)シャンプー」ですね。

そのまま!!笑

これら2つを混ぜたり、交互に使用してもOKです。
とはいえ「そんなの面倒」という人には「カラタス」というメーカーの紫シャンプーがオススメです。

どうしてですか?

カラタスの紫シャンプーはピンクが強い紫シャンプーなので「ピンクパープルシャンプー」と言っても過言ではありません。

この写真の右から3番目がカラタスです。⬇︎

確かに、他のものに比べるとピンクみ(赤み)が強いですね。

そうなんです。
だからピンクパープルとの相性がバッチリです。(逆にグレーやアッシュなどの寒色系の人にはあまり向いていません。)

ピンクパープルとカラーシャンプーについてはこちらのブログもどうぞ。⬇︎
【ピンクパープル】カラーシャンプーは何色を使う?「オススメのメーカーは?」

カラタスの紫シャンプーはこちらからチェック可能です。(上が一般サイズ、下が業務サイズ)⬇︎

 

 

お湯の温度を下げる

細かい事ですが、お湯の温度を下げることで色持ちを良くする事が出来ます。
食器を洗う時に水で洗うより、高温のお湯で洗う方が汚れが落ちやすい原理と同じです。

ウチは「食洗機」なので分かりません。

そんな人は何となくで察しください。笑
冬の寒い時期を除いて少しぬるま湯くらいがオススメです。

「ピンクパープルの色落ち」についてはこちらのブログもどうぞ。⬇︎
【最高】ピンクパープルの色落ちは?「結論」色抜けがめちゃキレイ!

 

 

ピンクパープル(ブリーチ1回)ならお任せください。

今回は「ピンクパープル(ブリーチ1回)」について見てきました。
ピンクパープルは本当に人気の髪色です。

どこで染めて良いか分からない人で表参道まで来店可能な人は、この文章をコピぺしてそのままLINEください。笑⬇︎

「ピンクパープル×ブリーチ1回」のブログを見てLINEしました。

(笑)

いずれにせよ、このブログを読んでくださったあなたの髪がキレイなピンクパープルになる事を願っています。

ピンクパープルについてはこちらのブログもどうぞ。⬇︎

【髪色】ピンクパープルのヘアカラーが最高「色落ち◯ブリーチなしも◯」

【髪色】ピンクパープルのヘアカラーが最高「色落ち◯ブリーチなしも◯」
「ピンクパープル」の髪色について知りたいですか? このブログでは「ピンクパープル」のヘアカラーが得意な美容師が「ピンクパープル」の髪色について徹底解説しています。 染め方や色落ちについても書いていますので、これから「ピンクパープル」にする人や気になっている人は必見です。

【暗め】ピンクパープルは暗めが最高な理由「色持ちもキレイ?」

【暗め】ピンクパープルは暗めが最高な理由「色持ちもキレイ?」
(暗め)ピンクパープルについて知りたいですか? このブログでは「(暗め)ピンクパープルが得意な美容師」が「ピンクパープルは暗めがオススメな理由」「ピンクパープルの色落ちをキレイにする方法」これらについて解説しています。 これから「ピンクパープル(暗め)」にしたい人は必見です。

【髪色】ラベンダーピンクはブリーチなしでも可愛い「でも透明感は……。」

【髪色】ラベンダーピンクはブリーチなしでも可愛い「でも透明感は……。」
ラベンダーピンク(ブリーチなし)ついて知りたいですか?このブログではラベンダーピンクのヘアカラーが得意な美容師がラベンダーピンク(通称ラベピ)の「ブリーチなしとありの違い」「色落ち」について解説しています。ブリーチなしでラベンダーピンクにしたい人も必見です。

それではまた♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました