ストレートパーマと黒染めを両方やってしまう事によるデメリット

ストレートパーマ(ストパー)と黒染めは両方できますか?

このブログはこんな疑問に答えます。

 

ストレートパーマと黒染めを両方やってしまう事によるデメリット

特に夏になると、『ストレートパーマ(パーマ)と黒染めをしているんですが、髪を明るくしたいです』というお客様が増えます!!

その場合に注意して頂きたいんですが、基本的にパーマやストレートパーマをされている方に、ブリーチをする事はおすすめしていません!!

 

その理由は、
髪の毛のダメージが大きくなりすぎてしまうからです!!

 

そして過去記事でも書きましたが、黒染めをしている髪の毛を明るくするにはブリーチが必須になります!!

もちろん使用した黒染めの薬や髪質、仕上がりのお色によっては必要無い場合もありますが、一般的には、黒染めが入っている状態から髪を明るくするにはブリーチが必要と思っていいでしょう!

 

と言う事で、黒染め+ストレートパーマは以下のようなデメリットがあります。

  • 黒染めをすると、ブリーチしないと明るくならない
  • パーマ(特にストレートパーマ)をしている場合、ブリーチをオススメしていない
  • でも黒染めをしていると、ブリーチしないと明るくならない

このループに陥ってしまいます。

 

ストレートパーマやパーマをしている場合は安易に黒染めをしないように注意して下さい!!

担当の美容師さんとしっかり相談してやらないと後で後悔する事になってしまいます。

髪質やパーマ、カラーの履歴によってはブリーチが可能な場合もございます!!
その辺は実際に髪の状態を見てみないと、何とも言えないですので、今黒染めとパーマをしていて明るくしたくて困っている方は一度ご相談ください✨

 

ソフトブリーチなど、髪の状況によってブリーチのダメージを極限まで抑えるようにトリートメントを混ぜながら明るくしていくも出来ますのでお気軽にお問い合わせください✨

 

 

結論ストレートパーマと黒染めは注意が必要です。

 

それではまた!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました