ロングヘアやミディアムヘアでもホワイトアッシュに出来る?メンズのホワイトアッシュが得意な美容師のブログ

ホワイトアッシュ

どうも!

メンズのホワイトアッシュが得意な美容師です。笑

 

今回はメンズでは無く

【ミディアムヘアやロングヘアでもホワイトアッシュに出来るのか?】

というテーマでお話ししていきます。

 

ホワイトアッシュに関してはこちらのブログもどうぞ⬇︎

ホワイトアッシュ、ホワイトヘア、シルバーヘアにしたいメンズが急増中!!表参道・原宿でホワイト系ヘアカラーが得意な美容師のブログ

 

ブリーチ何回で【ホワイトヘアー】になるか!?ブリーチ実験☆表参道でホワイトヘアーが得意な美容師のブログ

 

ロングヘアやミディアムヘアでもホワイトアッシュに出来るか!?

さて!!

早速結論から書いて行きたいと思います。

 

ロングヘアやミディアムヘアでもホワイトアッシュに出来ます。

 

【ロングヘア】や【ミディアムヘア】だけで無く【ボブ】でも【ショート】でもでもホワイトアッシュにする事は可能です。

(スーパーロングまで行くと中々難しいですが。)

 

 

こちらはこれまでに僕がやったカラーです。⬇︎

この様に、長さに関わらずホワイトアッシュにする事は可能です。

 

しかし!

同じ条件で伸ばしてきた髪なら、

ショートヘアよりボブ

ボブよりミディアム

ミィディアムよりロングヘア

の方が比較的ダメージが大きくなります。

 

それはどうしてでしょうか?

 

 

髪の長さによるダメージの違いは?

上に書いたように、髪の長さが長いほどダメージは大きくなりやすいです。

その理由はなんでしょう?

 

 

それは、髪の毛に自己再生能力が無いからです!

一度伸びた髪の毛は自分で再生する力がありません。

 

だから、髪の毛が長ければ長いほど毛先の髪は前(昔)に生えた髪の毛だという事です。

そして、再生能力が無いという事は

一度発生したダメージを補修する力はありません。

 

これが髪の毛が長くなれば長くなるほどダメージが大きくなりやすい理由です。

 

ミディアムヘアやロングヘアの人がホワイトアッシュにする場合、注意するべき事は?

ミディアムヘアやロングヘアの方がホワイトアッシュにする事は可能ですが、

その場合に注意するべき事がいくつかあります。

 

その中でも特に重要な2つの理由をご紹介したいと思います。

 

 

①ケア剤は絶対必須

1つ目は、ケア剤が必須!!

という事です。

 

ホワイトアッシュやホワイトブロンドにするには最低でも2回はブリーチが必要になります。

 

メンズやショートヘアならまだ良いのですが、

ブリーチ回数が2回を超えてくると、ミディアムやロングの場合はダメージをどれだけ抑えて染めていけるかが勝負になります。

 

ここでケアブリーチが効果的になります!

これまでのブリーチのダメージがウソのように感じられるほどケア材はダメージケア能力が高いです。

 

できればショートヘアでも使った方が良いですが、ミディアム〜の方がブリーチする場合はケア剤必須になります!!

(ケア剤はどこの美容室でもおいてある訳では無いので気になる方はご予約お待ちしています!

 

 

②ブリーチ回数は出来るだけ少なく

僕が自分の髪をブリーチしたときの写真です。笑

ケラスターゼの紫シャンプーと紫トリートメント(マスク)【ブランドアブソリュ】をブリーチ2回した自分の髪に使ってみた。

 

 

上でも書いたようにホワイトアッシュにするにはブリーチが何回か(複数回)必要になります。

ボブやミディアムより長い場合は特にダメージケアには力を入れる必要があります。

 

ムダなダメージを出来る限り少なくしたいので、ブリーチ回数を出来る限り少なくする事が重要になります。

一番ダメなのは、ブリーチした後に濃い色素(黒染めなど)を入れてしまう事です。

暗くしたり明るくしたりを繰り返すとかなり髪の毛を痛める原因になります。

 

不可能では無いですが、髪ヘのダメージが相当大きくなります。

ここは注意して下さい。

 

まとめ

今回は、

ミディアムヘアやロングヘアでもホワイトアッシュが出来るか?

というテーマでお話ししてきました。

 

 

ストレートパーマをしていたり、黒染めをしていたりと髪の状態によってはホワイトアッシュに出来ない可能性もあります。

これは髪の長さに関わらずです。

 

 

どんな髪であって出来る限りのケアをしながらホワイトカラーを楽しんでいきましょ!!

シルバーヘアやホワイトヘアの色抜けについて

 

 

 

 

ご予約はインスタグラムから!!

 

 

それではまた!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました