メンズヘアカラー「グレージュ」が超クール「ブリーチなしでも可能?」

グレージュ

グレージュのヘアカラーをしたいメンズ

・グレージュのヘアカラーってどんな色?
・ブリーチなしでも可能?
・色落ちは??

 

メンズグレージュが得意な美容師

このブログでは
・メンズヘアカラー「グレージュ」が超クール
・グレージュは「ブリーチなし」でも可能だけど…。
・グレージュは「暗め」がオススメ!?
これらについて解説していきます。

 

このブログは、こんなメンズにオススメ

  • グレージュのヘアカラーが気になる
  • グレージュに染めるか迷っている
  • グレージュの染め方(ブリーチのありなし、明るめ暗め)も気になる

 

このブログを書いているのはこんな人

・メンズヘアカラー「グレージュ」が得意
・自分の髪もよく「グレージュ」に染める(笑)
・表参道で10年以上働く(フリーランス)美容師

 

今回は、メンズにも大人気のヘアカラー「グレージュ」について徹底解説していきます。

グレージュの色持ちを良く(色落ちも楽しむ)方法も紹介していますので、これからグレージュに染めたいメンズはもちろん、既にグレージュに染めているメンズも必見です。

 

 

スポンサーリンク

メンズヘアカラー「グレージュ」が超クール

早速ですが、メンズヘアカラー「グレージュ」は超カッコ良いです。

 

僕自身も、よく染めています。↓笑

「グレージュ」はメンズはもちろん、レディースにも大人気なヘアカラーで、誰にでも愛される髪色と言っても良いでしょう!!

 

レディースのグレージュについては、こちらのブログもどうぞ↓
【髪色】(暗め)グレージュはブリーチなしでも可能「色落ちは…」

 

 

そもそも「グレージュ」ってどんな髪色?

グレージュというのは「グレー」と「ベージュ」を混ぜた(中間の)髪色です。

 

グレー↓

ベージュ↓

グレージュ↓

※写真はイメージです。www

 

グレージュは赤みが少ないので、透明感があって、めちゃくちゃオシャレな(そしてモテる?)ヘアカラーです!!

 

確かに「グレージュ」って響きだけでもオシャレですよね…。笑

ちなみ、グレージュはブリーチなしでも染められるんですか??

良い質問です!!
それでは、次はメンズに大人気なヘアカラー「グレージュ」の染め方について見ていきましょう。

 

 

グレージュは「ブリーチなし」でも可能だけど…。

結論から言うと、グレージュはブリーチなし(ヘアカラーのみ)でも可能です。

ただ、オススメなのは間違いなく「ブリーチあり」です。

 

もちろん、ブリーチはダメージが大きいですが、メンズなら(レディースに比べると)髪が短い場合が多いですし、負担も少ないかと思いますので、よほどの理由が無い限りは「ブリーチあり」をオススメします。

 

ちなみに、ブリーチなしでも、継続してヘアカラーしていれば、これぐらいのグレージュにはなります。↓

※もちろん、染め方(使用するカラー剤)にもよります。

 

 

グレージュは「ブリーチあり」がオススメな理由

ダメージが大きくなるのに、なぜ「ブリーチあり」のグレージュの方が良いんですか??

その理由は、この2つです。↓

①透明感がハンパない

②色落ちもキレイ

グレージュと言っても、明るめのグレージュから↓

暗めのグレージュまであります。↓

いずれにしても、一度ブリーチをしてベースを明るくした方が(赤みが少なく)透明感が出やすくなります。

こちらは(グレージュを入れる前の)髪のベースを表したチャートですが、できるだけ明るくなっている方が、透け感のあるグレージュにする事ができます。

 

透明感!!
良い響きですね!!!

そうなんです。

しかも、ベース(グレージュを入れる前の髪色)が明るいほど、色落ちの過程もキレイになる傾向があるので、グレージュを入れたいメンズは、基本的にブリーチをしてから入れる事をオススメします。

 

僕自身は、ブリーチ2回してグレージュを入れる事が多いので、こんな感じのブロンドに色落ちしてきます。↓

 

確かに、これは色落ちも楽しめそう…。

ちなみに、グレージュの色持ちを良く(色落ちをキレイに)するコツとか無いんですか??

実は、それが、めちゃくちゃ大切なんです!!!

それでは、次は【グレージュの色持ちを良く(色落ちをキレイに)する方法】を解説していきたいと思います。

 

 

グレージュの色持ちを良く(色落ちをキレイに)する方法「暗め」がオススメ!?

早速ですが、グレージュの色持ちを良く(色落ちをキレイに)する為のポイントがこちら↓

  1. 濃いめ(暗め)に染める
  2. カラーシャンプーを使う
  3. グレージュを継続する

1つずつ解説します。

 

①「濃いめ(暗め)に染める」

グレージュに限らず、ヘアカラーは色落ちするものです。

だからこそ、色落ちするのを見越して、理想より濃いめ(暗め)に染めておくのがオススメです。

 

グレージュに染めたい場合は、染めたては暗めの「グレー」に染めておくと、色落ちして(黄色みが出て)きて「グレージュ」っぽくなるので、2度楽しめる感じです!!

という事で、迷ったら「暗めグレー」に染めるのをオススメします。

 

 

②「カラーシャンプーを使う」

グレージュの色落ちも楽しみたいなら、色素入りのシャンプー「カラーシャンプー」は必須です。

グレージュに染める場合は、1番定番な「紫シャンプー(通称ムラシャン)」や「シルバーシャンプー」あたりがオススメです。

髪の状態(ブリーチ具合)にもよるので、染めてくれた美容師さんに相談して、自分の髪に合うカラーシャンプーを選んでみてください。

 

カラーシャンプーについては、こらちのブログも併せてどうぞ↓
エヌドット【カラーシャンプー】の使い方「その使い方は効果的?」

 

 

③「グレージュを継続する」

最後は「グレージュを継続する」という件です!

ヘアカラーというのは、同じ系統の色を継続するほど、色持ちが良くなったり、色の入りが良くなる傾向があります。

逆に、ブリーチ直後のカラーはマジで色落ちしやすいので、特に濃いめ(暗め)に染める事をオススメします。

 

グレージュの色持ちを良く(色落ちをキレイに)する方法

①濃いめ(暗め)に染める
②カラーシャンプーを使う
③グレージュを継続する

 

 

グレージュの「市販セルフ」はNGです。

最後に、超大事なことをお伝えします!!

市販のカラー剤を使って、セルフカラーでグレージュに染めようと思っているメンズがいるかも?ですが、、、、

 

ぜっっったいに、オススメしません!!

 

希望のグレージュにならなかったり、色ムラになってしまう可能性もありますし、市販のカラー剤は髪が痛みやすい物も多い為、髪への負担も大きくなってしまうかもです。

 

初めから美容室で染める事をオススメします。

 

 

【結論】メンズヘアカラー「グレージュ」は超カッコ良い

今回は、メンズヘアカラー「グレージュ」について解説してきました。

お伝えした通り、グレージュは赤みが少なく、透明感がある超クールな髪色です!!

 

そして、せっかくグレージュに染めるなら、ホームケア(カラーシャンプー)をしっかりして、色落ちの経過も含めて楽しんでみてください。

 

という事で、最後に宣伝です。
髪色をグレージュに染めたいメンズで、表参道までご来店可能な人はこちらからLINEください。↓

 

最後に宣伝、失礼しました。笑
いずれにせよ、このブログを読んでくれたメンズの髪色が、キレイなグレージュになる事を願っております!!

 

グレージュの色落ちをより楽しめる、オススメのカラーシャンプーはこちら↓↓

 

こちらのブログもオススメです。↓

【神7】メンズヘアカラーを7種類に分別「何色に染める?」

404 NOT FOUND | Tomohiro Makiyama
美容師が美容情報やドライヤー、ムラシャンを語るブログ

 

【メンズ版】ブリーチなし「暗めカラー」オススメ3選

【メンズ版】ブリーチなし「暗めカラー」オススメ3選
メンズにおすすめな(ブリーチなし)暗めカラーを知りたいですか?このブログでは「ブリーチなしメンズカラー」が得意な美容師が「ブリーチなしでも可能な暗めのカラー」でメンズにオススメな髪色を紹介しています。「ブリーチなしカラーの染め方」や「注意点」も紹介していますので、ブリーチなしで暗めカラーをしたいメンズは必見です。

 

【ガチ推し】メンズヘアカラー「ダークグレー」がまじでオススメって話し

404 NOT FOUND | Tomohiro Makiyama
美容師が美容情報やドライヤー、ムラシャンを語るブログ

 

それではまた!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました