【メンズヘアカラーピンク】が大人気「市販やブリーチなしでも可能?」

ピンク

メンズヘアカラー「ピンク」にしたい人

・メンズのヘアカラーで「ピンク」ってどう?
・メンズヘアカラー「ピンク」はどんな色?

・メンズヘアカラー「ピンク」は市販でも可能?色落ちは??

 

メンズヘアカラー「ピンク」が得意な美容師

このブログでは
・メンズヘアカラー「ピンク」が大人気
・メンズヘアカラー「ピンク」の市販は「基本NG」
・メンズヘアカラー「ピンク」は「ブリーチなし」でも可能だけど…。
・メンズヘアカラー「ピンク」の色持ちを良くする3つの方法
これらについて解説していきます。

 

このブログはこんな人にオススメです。⬇︎

  • メンズヘアカラー「ピンク」にしたい
  • メンズヘアカラー「ピンク」に「市販」や「ブリーチなし」で染めたい
  • メンズヘアカラー「ピンク」の色持ちを良くしたい

 

このブログを書いているのはこんな人

・メンズのヘアカラーが得意
・ピンクのヘアカラーも得意
・表参道で10年ほど美容師をしている

 

今回は、メンズのヘアカラー「ピンク」について解説していきます。

ピンクのヘアカラーをしてみたい(興味がある)メンズは必見です。

 

 

【メンズヘアカラーピンク】が大人気「市販やブリーチなしでも可能?」

早速ですが、このブログの結論です。
女性にも人気な「ピンク」のヘアカラーですが、最近はメンズにも大人気です。⬇︎

ていうか、今の時代は「レディース」も「メンズ」もジェンダーのくくりで分ける事自体ナンセンスですね!!

確かに!!
最近は「韓国アイドル」の影響もあって、メンズのピンクも増えてきましたね。

そうなんです。
という事で、このブログではメンズヘアカラー「ピンク」について徹底解説していきます。

「これからピンクのヘアカラーをしたいメンズ」は必見です。

 

 

メンズヘアカラー「ピンク」も色々ある?

まずは「メンズヘアカラーピンク」にも色々あるという点をお伝えします。

「色々ある」って言っても「ピンク」は「ピンク」じゃないんですか?

そうなんです。
例えば、同じ「ピンク」のヘアカラーでもこんな違いがあります。⬇︎(レディースのスタイルもありますがご了承ください。)

ピンクアッシュ(ピンクホワイト)

ピンクブラウン

サーモンピンク

ビビットピンク

確かに全然違いますね!!

そうなんです。
まずは、自分がどんなピンクのヘアカラーにしたいかを決めるのも重要です。

 

 

【メンズヘアカラーピン】の市販は「基本NG」

メンズヘアカラーも「ピンク」が人気なのは分かりましたが、そもそもピンクって市販で染める事もできますか?

結論からお伝えすると、可能かもしれませんが、オススメしません。

なぜですか?

メンズヘアカラー「ピンク」を市販で染める事をオススメしない理由はこの3つです。⬇︎

  1. 色ムラになる
  2. 無駄なダメージが出る
  3. イメージのピンクにならない

これだけで分かるかもですが、簡単に解説していきます。

 

①「色ムラになる」

メンズヘアカラー「ピンク」の市販をオススメしない理由の1つ目は「色ムラ」になるかもだからです。

確かに「色ムラ」は嫌ですね…。

キレイな「ピンクヘア」を楽しみたいなら「美容室」で染めるのがオススメです。

 

 

②「無駄なダメージが出る」

メンズヘアカラー「ピンク」の市販をオススメしない理由の2つ目は「無駄なダメージが出る」かもだからです。

確かに、市販のカラー剤はダメージが大きいって聞いたことあります。

そうなんです。
(ピンクに限らず)美容室でヘアカラーをする場合でもダメージが全くない訳では無いですが、出来る限りダメージを抑えて染めるようになっています。(多くの美容室では…。)

いくらキレイな「ピンク」のヘアカラーをしても、ダメージがヤバくて髪が切れてしまったりしたら悲しいですからね…。

そうなんです。
最近は「ケアブリーチ」や「ケアカラー」の進化も凄まじいので、ダメージが心配な人は、その辺りもしっかり相談しながら染めるのが良いでしょう。

 

 

③イメージのピンクにならない

メンズヘアカラー「ピンク」の市販をオススメしない理由の最後は「イメージ通りにならないかも?」という点です。

それは悲しいですね…。

「なんとなくピンクっぽいヘアカラーなら良いかな?」というメンズはそれでも良いかもですが「こんな感じのピンクが良い」というイメージがあるメンズは美容室で相談しながらやるのが良いでしょう。

確かに、その方が安心ですね!

その通り!!
しかも「髪質」や「ダメージ具合」によっても染め方も違うので、基本的には「メンズヘアカラーピンク」の市販カラーはオススメしません。

 

メンズヘアカラー「ピンク」の市販をオススメしない3つの理由

  1. 色ムラになる
  2. 無駄なダメージが出る
  3. イメージのピンクにならない

 

 

メンズヘアカラー「ピンク」は「ブリーチなし」でも可能だけど…。

メンズヘアカラー「ピンク」の市販カラーはオススメしない事は分かりましたが、ピンクって「ブリーチなし」でも可能ですか??

結論から言うと「人(髪の状態)によってはブリーチなしでも可能だけど、基本はブリーチが必要」です。

やっぱり「ブリーチあり」が基本なんですね。

そうなんです。
という事で「ピンク」のヘアカラーとブリーチの関係について簡単に解説します。

 

 

「ピンクブラウン」はブリーチなしでも可能な場合も

まず「ピンクブラウン」などの(割とナチュラルな)ピンクヘアは「ブリーチなし」でも可能な場合もあります。

レディースのスタイルで申し訳ないですが「ピンクブラウン」はこんな色です。⬇︎

「可能な場合」と「不可能な場合」の違いはなんですか?

「髪質」や「ベースの髪色」です。

  • 「真っ黒、黒染め、地毛」なメンズ
  • 「前のヘアカラーが色落ちして明るくなった」メンズ

この2人のメンズがいた場合、ブリーチなしのピンクが入りやすいのは、間違いなく、下のメンズです。

ピンクのヘアカラーを入れる前の髪がどれだけ明るいか?も大切なんですね。

はい!
もちろん、髪質にもよるので、そのあたりは担当美容師さんとしっかり相談しましょう。

 

 

ホワイトピンク、ピンクアッシュはブリーチが数回必要な場合も

メンズヘアカラー「ピンク」は「ブリーチなし」でも可能な事は分かりましたが「ブリーチあり」のパターンについても教えてください。

例えば、上でも紹介した「(白っぽい)ホワイトピンク」などは「ブリーチ1回」でも難しいです。

このカラーです。⬇︎

この色だと、何回ブリーチすれば良いんですか?

もちろん個人差はありますが、2回以上必要になる場合もあります。

ピンクヘアは「ブリーチなし」から「ブリーチ2回以上」まで色々あるんですね。

その通り!
自分に合った「ピンクヘア」に必要なブリーチ回数を美容師さんと相談するようにしましょう。(表参道まで来れる人は、ぜひ僕にお任せを。笑)

 

  • メンズヘアカラー「ピンク」は「ブリーチなし」でも可能な場合も…。
  • とはいえ、基本は「ブリーチあり」
  • (白っぽいピンクヘアなど)ブリーチ2回以上必要な場合も

 

 

メンズヘアカラー「ピンク」の色持ちを良くする3つの方法

もう1つ質問です。
メンズヘアカラー「ピンク」って色落ちは早いですか??

それでは、最後に「メンズヘアカラーピンクの色持ちを良くする方法」をサクッと解説します。

早速ですが、(メンズに限らず)ピンクのヘアカラーの色持ちを良くしたいなら、この3つのポイントを押さえておくことが大切です。⬇︎

  1. 濃いめに入れる
  2. ピンクシャンプーを使う
  3. 定期的に色を入れる

1つずつ簡単に解説します。

 

①濃いめに入れる

これは、メンズに限らず、そしてピンクヘアに限らずですが、ヘアカラーの基本は「染めたては濃いめ(暗め)」です。

なぜ「濃いめ」が良いんですか?

その方が「色落ちも楽しめるから」です。

確かに、いきなりイメージ通りだと、色持ちしていくのが悲しいですが、イメージより濃いめに入れておけば、色落ちも楽しめますね。

その通り!
少しでも色持ちを良くしたいなら「染めたては濃いめ」がオススメです。

 

 

②ピンクシャンプーを使う

メンズヘアカラー「ピンク」の色持ちを良くしたいなら「ピンクシャンプー」も大切です。

最近、薬局とかでも売ってますよね。

そうですね!!
この「ピンクシャンプー(トリートメント)」を使う事で、ピンク(赤)系のヘアカラーの色持ちが良くなります。

なるほど!

「ピンクヘア」にするなら「ピンクシャンプー(トリートメント)」は必須のアイテムです。

ピンクシャンプー(トリートメント)についてはこちらもどうぞ。⬇︎
【ピンクシャンプー】市販で買う?どれが良い?「美容師が解説」

 

 

③定期的に色を入れる

メンズヘアカラー「ピンク」の色持ちを良くする方法3つ目(最後)は「定期的に色を入れる」という事です。

どういう事?

そもそも、ピンクに限らず「ヘアカラーは色落ちするもの」です。

まぁそれはそうですよね…。

しかし、ピンクならピンクで、同じ系統の色を継続して入れていくと、だんだん髪への定着が良くなっていきます。

なるほど!

逆にいうと、ブリーチした後のヘアカラーが1番色落ちしやすいので、特にそのタイミングは濃いめに染めるようにしましょう。

 

メンズヘアカラー「ピンク」の色落ちを遅らせる3つの方法

  1. 濃いめに入れる
  2. ピンクシャンプーを使う
  3. 定期的に色を入れる

 

 

【メンズヘアカラーピンク】を楽しもう!!

今回は、メンズヘアカラー「ピンク」について徹底解説してきました。

メンズのヘアカラー「ピンク」はかなり人気ですが、個人的にもめちゃくちゃオススメです。

(今の所は)他のメンズと被りにくい色ですし、良いかもですね!

そうですね!
最後に少しだけ宣伝ですが表参道まで、ご来店可能な人でピンクのヘアカラーをしたいメンズは、ぜひ僕にお任せください。

めっちゃ宣伝…。笑

失礼しました…。笑

「表参道まで行けるよー!!」という人はこちらから「メンズ ヘアカラー ピンクのブログ読んだよ」とLINE下さい。⬇︎笑

いずれにせよ、このブログを読んでくれたメンズの髪がキレイなピンクになる事を願っております。

こちらのブログもオススメです。⬇︎

【ブリーチ1回】でピンクは可能「ブリーチ1回で入るピンクはこんな髪色」

【ブリーチ1回】でピンクは可能「ブリーチ1回で入るピンクはこんな髪色」
「ブリーチ1回のピンク」について知りたいですか?このブログでは「ピンクヘア」が得意な美容師が「ブリーチ1回」の「ピンクヘア」について徹底解説しています。「ブリーチ1回」でどれくらいのピンクになるか知りたい人や「ブリーチなし、ブリーチ2回(以上)」のピンクとの違いが知りたい人は必見です。

【ラベンダーピンク(明るめ)】がめちゃ可愛い「でも注意点あり!?」

【ラベンダーピンク(明るめ)】がめちゃ可愛い「でも注意点あり!?」
ラベンダーピンク(明るめ)について知りたいですか?このブログではラベンダーピンクが得意な美容師が「ラベンダーピンク(明るめ)」の問題点と対策(ケア方法)について解説しています。色落ちを遅らせる方法も紹介していますので、これからラベンダーピンク(明るめ)にしたい人はもちろん、既にラベンダーピンクに染めている人も必見です。

【ミルクティベージュ(メンズ)】は市販で染めれる?「染め方を解説」

【ミルクティベージュ(メンズ)】は市販で染めれる?「染め方を解説」
ミルクティベージュ(メンズ)に市販で染めたいですか?このブログでは「ミルクティベージュが得意な(メンズ)美容師」が「ミルクティベージュ(メンズ)を市販で染める方法」について徹底解説しています。ミルクティベージュを市販で染めたいメンズは必見です。

それではまた♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました