【大人気】オリーブ系ヘアカラー「美容師がメリットや色落ちも解説」

オリーブ

オリーブ系のヘアカラーにしたい人

・オリーブ系のヘアカラーにしたいです。
・オリーブのヘアカラーは「ブリーチなし」でも可能?
・オリーブのヘアカラーの色落ちは??

 

オリーブのヘアカラーが得意な美容師

このブログでは
・オリーブ系ヘアカラーが大人気「オリーブのメリットを美容師が解説」
・オリーブ系のヘアカラーは「ブリーチなし」でも可能
・オリーブのヘアカラーの「色落ち」と「色持ちを良くする3つのポイント
これらについて解説します。

 

このブログは、特にこんな人にオススメです。⬇︎

  • オリーブ系のヘアカラーが気になる
  • 「ブリーチなし」でオリーブにしたい
  • オリーブ系ヘアカラーの色落ちについても知りたい

 

このブログを書いているのはこんな人

蒔山(マキヤマ)といいます

・オリーブ系ヘアカラーが得意
・「ブリーチなし」オリーブも得意
・表参道で10年ほど美容師をしている

 

今回は、大人気の「オリーブ系のヘアカラー」について解説していきます。

色持ちを良くするポイントも紹介するので、これからオリーブの髪色にする人は必見です。

 

 

スポンサーリンク

オリーブ系ヘアカラーが大人気「美容師が解説」

早速ですが「オリーブ系ヘアカラー」が大人気です。

確かに、最近よく聞きますが「オリーブ系ヘアカラー」ってどんな髪色なんですか?

名前の通りですが、オリーブのような髪色です。

そのままですね。笑

写真で言うと、こんな感じです。⬇︎

オシャレな髪色ですね!!

そうなんです。
細かく分けると「オリーブグレー」とか「オリーブベージュ」などに分かれますが、まずは「オリーブ系ヘアカラー」のメリットを解説していきます。

 

 

「オリーブ系ヘアカラー」で染めるメリット

また結論から。
「オリーブ系ヘアカラー」で染めるメリットで特に大きいのは、この辺りです。⬇︎

  1. 透明感が出やすい
  2. オシャレな印象に
  3. ブリーチなしでも可能

サクッと解説します。

 

オリーブ系ヘアカラーのメリット【①透明感が出やすい】

「オリーブ系ヘアカラー」はビックリするくらい透明感が出やすい髪色です。⬇︎

確かに、透明感凄いですね!

そうなんです。
これは、他の色にはなかなか出せない特徴で「透明感ならオリーブ」って感じです。笑

 

 

オリーブ系ヘアカラーのメリット【②オシャレな印象に】

「オリーブ系ヘアカラー」のメリットの2つ目は「オシャレな印象」です。

確かに、オリーブ系の髪色にしている人ってあまりいないですし、オシャレな印象です。

そうなんです。
しかも「オリーブ」という響きもオシャレです。笑

 

 

オリーブ系ヘアカラーのメリット【③ブリーチなしでも可能】

「オリーブ系ヘアカラーのメリット」の最後は「ブリーチなしでも可能」です。

えっ!?
オリーブ系のヘアカラーは「ブリーチなし」でも染めれるんですか?

そうなんです。
もちろん「ブリーチあり」の方がキレイなのは間違い無いですが「ブリーチなし」でも、かなりキレイな「オリーブ」になります。

この辺りは「ブリーチなし」で染めています。⬇︎

めっちゃキレイですね!

「オリーブ系ヘアカラー」と「ブリーチなし」については、もう少し詳しく説明する必要がありますので、次で説明します。

 

オリーブ系ヘアカラーのメリット

  1. 透明感が出やすい
  2. オシャレな印象に
  3. ブリーチなしでも可能

 

 

オリーブ系のヘアカラーは「ブリーチなし」でも可能

上でお伝えしたように、オリーブ系ヘアカラーは「ブリーチなし」でも可能です。

誰でも「ブリーチなし」で可能なんですか??

もちろん「髪質」や「これまでのカラー履歴(例えば黒染めをしているとか)」によっては不可能な場合はありますが、基本的には「ブリーチなし」で染めることが出来ます。

「ブリーチのダメージが心配な人」にとっては最高ですね。

そうなんです。
ちなみに、オリーブ系のヘアカラーに染める為にはベースの明るさが「10トーン」くらいあれば可能です。

「10トーン」ってどれくらいですか?

この画像の「中段の真ん中」が「10トーン」です。

これくらいあれば「オリーブ系」に出来るんですか?

そうなんです。
ただ、この辺りは「染め方(カラー剤の配合)」や「髪の状態」にもよるので、しっかり相談しながら染めるようにしましょう。

 

 

オリーブのヘアカラーの「色落ち」は?

「オリーブ系ヘアカラー」の「メリット」や「染め方」は分かりましたが「色落ち」に関してはどうですか??

結論から言うと「染め方」や「ケア方法」によって色落ちが異なります。

どういう事ですか??

染め方(薬の配合)やケアの仕方が悪いとすぐに(茶髪や金髪に)色落ちしてしまいます。

せっかくキレイなオリーブになってもすぐ色落ちするのは悲しですね…。

そうなんです。
でも、逆に言うと「染め方」や「ケア方法」次第では長く楽しめるという事です。

確かに。
で?
具体的には、何に気をつければ良いんですか??

それでは最後に「オリーブ系ヘアカラーの色持ち良くする3つのポイント」を解説していきます。

 

 

オリーブの色持ちを良くする「3つのポイント」

いつも通り、結論からお伝えすると「オリーブ系のヘアカラーの色持ちを良くする為の3つのポイント」はこちらです。⬇︎

  1. 濃いめのオリーブで染める
  2. カラーシャンプー、トリートメントを使う
  3. 継続してオリーブを続ける

順番に解説していきます。

 

オリーブの色持ちを良くする方法【①濃いめのオリーブで染める】

オリーブ系ヘアカラーを長く楽しみたいなら、染めたては「濃いめ(暗め)オリーブ」にするのがオススメです。

確かに、濃いめの方が色落ちも楽しめそうですね…。

そうなんです。
この点について詳しく語り出すと1記事書けるくらいなので(笑)省略しますが、染めたては、できる限り濃いめに染めるのがオススメです。

 

 

オリーブの色持ちを良くする方法【②カラーシャンプー、トリートメントを使う】

(オリーブ系ヘアカラーに限らず)ヘアカラーの色持ちを良く(色抜けをキレイに)したいならカラーシャンプー、トリートメントは必須です。

色持ちを良くするシャンプーとかトリートメントですよね?

はい!!
ヘアカラーの持ちを良くするために作られた(色素入りの)シャンプー、トリートメントです。

やはり、オリーブ系のヘアカラーでも使った方が良いんですね!

はい!!
髪の状態によっても異なりますが「アッシュ」や「シルバー」のシャンプー&トリートメントあたりがオススメです。⬇︎

 

 

オリーブの色持ちを良くする方法【③継続してオリーブを続ける】

オリーブのヘアカラーの色持ちを長く(キレイに)楽しみたいなら、継続してオリーブを続けるというのが大切です。

どういう事??

オリーブ系ヘアカラーを続ければ続けるほど、髪への定着が良くなり、色持ちが良くなるからです。

それは嬉しいですね。

これもオリーブ系に限らず他の髪色でも同じですが、出来る限り同じ系統の髪色で染めるのがオススメです。

 

オリーブ系ヘアカラーの色持ちを良くする「3つのポイント」

  1. 濃いめのオリーブで染める
  2. カラーシャンプー、トリートメントを使う
  3. 継続してオリーブを続ける

 

 

オリーブ系ヘアカラーで「透明感」を楽しもう

今回は、大人気のヘアカラー「オリーブ系」について徹底解説してきました。

「ブリーチなし」でも挑戦しやすい「オシャレな髪色」でしたね!

その通り!!

オリーブ系カラーは「長期的に継続して楽しむには最高の髪色」です。

最後に少し宣伝です。笑

オリーブ系のヘアカラーをしたい人で、表参道までご来店可能な人はこちらからLINEください。⬇︎

宣伝失礼しました。笑
いずれにせよ、このブログを読んでくれたあなたの髪がキレイなオリーブ系ヘアカラーになる事を願っております。

こちらのブログもオススメです。⬇︎

【相性抜群】ブルーブラック×ボブが最高な理由3つ「どこで出来る?」

【相性抜群】ブルーブラック×ボブが最高な理由3つ「どこで出来る?」
「ブルーブラック×ボブ」について知りたいですか? このブログでは「ブルーブラック×ボブ」が得意な美容師がこの組み合わせが最高な理由を解説しています。 これから「ブルーブラック×ボブ」にしたい人は必見です。

【楽チンでも可愛い】ミルクティー×インナーカラーってどんな色?

【楽チンでも可愛い】ミルクティー×インナーカラーってどんな色?
ミルクティーのインナーカラーについて知りたいですか? このブログではヘアカラーが得意な美容師がミルクティーのインナーカラーについて解説しています。 ミルクティーカラー、インナーカラーが気になる方は必見です。

【ラベンダーピンク】暗め(濃いめ)がオススメな理由「色持ちは?」

【ラベンダーピンク】暗め(濃いめ)がオススメな理由「色持ちは?」
「ラベンダーピンク暗め(濃いめ)」について知りたいですか?このブログでは「ラベンダーピンクが得意な美容師」が「ラベンダーピンク(暗め)」について徹底解説しています。色持ちが良くなる方法も紹介しているので、これからラベンダーピンク(暗め)にしたい人はもちろん、既にラベンダーピンクに染めている人は必見です。

それではまた!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました