【最高】ピンクパープルの色落ちは?「結論」色抜けがめちゃキレイ!

ピンクパープル

ピンクパープルの色落ちについて知りたい人

・ピンクパープルの色落ちはどんな色?
・やっぱり色落ちは早い?
・ピンクパープルの色落ちを遅らせる方法も知りたいです。

 

ピンクパープルが得意な美容師

このブログでは
・ピンクパープルの色落ちはこんな色
・ピンクパープルの色落ちはそこまで早くない(個人差あり)
・色落ちを遅らせて、キレイにカラーキープする方法
これらについて解説します。

 

本記事は特にこんな人にオススメです。⬇︎

  • ピンクパープルの色落ちについて知りたい
  • ピンクパープルの色落ちを伸ばしたい
  • これからピンクパープルにする

 

このブログを書いているのはこんな人

マキヤマといいます。

・ピンクパープルが得意な美容師
・ブリーチを使ったハイトーンカラーが得意
・表参道でフリーランス美容師をしている(美容師歴は約10年)

 

本記事では、そんな僕が「ピンクパープルの色落ち」について徹底解説していきます。

「ピンクシャンプー?パープル(紫)シャンプー?どっちが良い?」そんな疑問も解消しますので、ぜひ最後までお付き合い下さい。

 

 

ピンクパープルの色落ちはこんな色

ピンクパープルは色落ちするとどんな色になりますか?

それでは早速「ピンクパープルの色落ち」について解説していきます。

 

 

最終的な色落ち後はベースの色に近づいていく

「ピンクパープル」のヘアカラーが完全に色抜けするとベースの色が出てきます。

ベースってなんですか?

ベースは自分の本来の髪の色の事です。(地毛では無いです。)

ブリーチした直後はその色がベースで、ブリーチ無しの人ならヘアカラーが完全に抜け切った(茶髪?)の状態がベースです。

ベースはこんな感じです。⬇︎

 

 

ピンクパープルとベースの関係

ピンクパープルに限らず、ほとんどのヘアカラーは色落ちするとベースの色に戻ります。

とはいえ、ピンクパープルからいきなりベースまで抜けるわけではありません。
徐々に色落ちしていきます。

では色落ちの過程はどんな感じの色になりますか?

その点についても見てみましょう。

 

 

色落ちの経過はピンクベージュやベージュ

当たり前ですが、ピンクパープルの色落ち過程は個人差があります。(ベースによる影響が一番)
ピンクパープルは、基本的にはブリーチありのカラーなので色落ちしてくると「ピンクベージュ」っぽくなってきます。

人(髪)によっては「白っぽいピンクベージュ」になったりします。

イメージで言うとこんな感じです。⬇︎(画像はイメージです。)

ただ、ピンクが強い「ピンクパープル」だとオレンジっぽく色落ちしてしまう事もあります。

この辺は「ベース」と「ヘアカラーの配合」にもよるので、色落ちまでイメージして美容師さんに染める相談をするようにしましょう。

どこで染めて良いか分からない人は、ページ下から僕にLINE下さい。笑(色落ちはの仕方やケア方法などの相談もさせて頂けます。)

 

 

ピンクパープルの色落ちはそこまで早くない(個人差あり)

やっぱりピンクパープルって色落ちは早いですか?

結構そんなイメージがあるかもですが、意外にそんな事はありません。(もちろん髪のダメージ具合やベースの明るさによってはかなり早くもなります。)

この点について少しだけ解説します。

 

 

寒色系カラーに比べて色持ちは良い

そもそも「アッシュ」や「グレー」などのいわゆる「寒色系」のヘアカラーに比べると「ピンクパープル」などの「暖色系」カラーは色持ちが良いです。

イメージとしては「寒色系は髪の表面に色素が入る」「暖色系は髪の芯に色素が入る」といった感じです。

この点については、語り出したら終わらなくなるのでまたいつか別記事で解説します。(そもそも専門知識すぎて必要ないかも。笑)

 

 

ピンクよりパープルの方が色落ちは早い

ピンクパープルはその名前の通りですが「ピンク」と「パープル」が混ざった色です。

ピンクとパープルはどっちが色落ちしやすいですか?

実はパープルの方が色落ちは早いです。(もちろん色の濃さなどによっても異なりますが。)

先程の例で言うと、パープルよりピンクの方が髪の芯まで入るイメージです。

 

 

色落ちを遅らせて、キレイにカラーキープする方法

「ピンクパープル」の色落ちを遅らせて「キレイな色に抜けさせる方法」はありますか?

それでは「ピンクパープル」のカラーキープに大切なポイントを3つ紹介します。
それがこちら。⬇︎

  1. かなり濃いめに染める
  2. カラーシャンプーを使う
  3. ピンク強めにする

簡単に解説していきます。

 

 

①かなり濃いめに染める

そもそもですが、初めにカラーした色が薄すぎるとすぐに色落ちしてしまいます。
もちろん暗すぎるのも嫌かもですが、出来れば1週間後にベストになるくらいの計算で染める方が色落ちも楽しめてオススメです。

染めたての色をベストにしたい気持ちは分かりますが、計画的にヘアカラーを楽しむと髪の為にも良いです。

 

 

②カラーシャンプーを使う

先程紹介したカラーシャンプーの使用も大切です。

どうしても普通のシャンプーを使うとすぐに色落ちしてしまいますが、カラーシャンプーならピンクパープルの色持ちが良くなるのはもちろん、色落ちもキレイになります。

使用するシャンプーの色については、後ほど紹介します。

 

 

③ピンク強めにする

最後はピンクを強めにするという事です。
ピンクとパープルを比較すると、どうしてもパープルの色落ちの方が早くなります。

という事で、色持ちを長くしたいならピンクを多めにするというのも1つの選択肢ですね。

 

 

ピンクシャンプー?パープル(紫)シャンプー?どっちが良い?

ピンクパープルの色落ちを考えたら「ピンクシャンプー」か「パープル(紫)シャンプー」どっちを使うのが良いですか?

そんな疑問に答えます。

 

 

「結論」どっちでも好みでOK

ぶっちゃけ、好みによります。笑

ピンク強めが良い人は「ピンクシャンプー」、パープル強めが良い人は「パープルシャンプー」を使えば良いでしょう。

 

 

両方混ぜて(交互で)もOK

上級編ですが、カラーシャンプーを混ぜる(もしくは1日おきに使う)という方法もありです。

混ぜて使う事で両方のメリットを得ることも出来ますし、色の調整も可能です。
この点についてはこちらのブログもどうぞ。⬇︎

このサイトが【ムラシャンピンクシャン混ぜる】というワードで検索されました

 

 

カラーバターは色ムラになるから止めよう

最後に1つ注意点(というか忠告)ですが、色落ちしたからといってカラーバターなどの「カラートリートメント」を使用するのはやめましょう。

発色が良いので誰でもキレイな色になりますが、色ムラになったり次のカラーで邪魔になってしまったりします。

かなり長期的な問題になる事もありますので注意しましょう。

ピンクシャンプーやパープルシャンプーとセットになってるトリートメントなら使ってもOKです。
ちなみにオススメなのは「エヌドット」のカラーシャンプー&トリートメントです。⬇︎

詳しくはこちらのブログもどうぞ。⬇︎

【最強】N.(エヌドット)のムラシャンが優勝【ムラシャン王座決定戦】

 

 

「ピンクパープル」の色落ちを楽しもう

今回は「ピンクパープルの色落ち」について徹底解説してきました。
ピンクパープルは色落ちもキレイな色なのでしっかりケアしてあげれば長く楽しめると思います。

既にピンクパープルにしている人はしっかりケアして、これからピンクパープルにするという人はこちらからLINEください。⬇︎(笑)

「ピンクパープル」や「カラーシャンプー」についてはこちらのブログもどうぞ。⬇︎

【髪色】ピンクパープルのヘアカラーが最高「色落ち◯ブリーチなしも◯」

【髪色】ピンクパープルのヘアカラーが最高「色落ち◯ブリーチなしも◯」
ピンクパープルの髪色にしたい人・ピンクパープルってどんな髪色?・ピンクパープルのヘアカラーってどう染める?・色落ちやケア方法も知りたいです。ピンクパープルのヘアカラーが得意な美容師...

 

【インナーカラー×ピンクパープル】が可愛い「ブリーチなしもOK」

404 NOT FOUND | Tomohiro Makiyama
美容師が美容情報やドライヤー、ムラシャンを語るブログ

 

【最強】ピンクパープルはブリーチなしでも可能「ケアブリーチもあり」

【最強】ピンクパープルはブリーチなしでも可能「ケアブリーチもあり」
ピンクパープル(ブリーチなし)にしたい人・ピンクパープルはブリーチなしで染めれますか?・やっぱり「ブリーチあり」のピンクパープルの方が良い?・本当はブリーチありが良いけどダメージが心配です。ピ...

それではまた♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました