【セルフ】ミルクティーベージュ「ブリーチなし」は市販でも可能?「美容師が解説」

ミルクティベージュ

ミルクティベージュ(ブリーチなし)を市販で染めたい人

・ミルクティベージュ(ブリーチなし)は市販でも出来る?
・ミルクティベージュ(ブリーチなし)市販の染め方は?
・そもそも、ミルクティベージュの「ブリーチなし」はどこまで色が入る?

 

ミルクティベージュ(ブリーチなし)が得意な美容師

このブログでは
・ミルクティベージュ(ブリーチなし)の市販はオススメしない?
・ミルクティベージュ(ブリーチなし)の市販をオススメしない理由は3つある
・それでもミルクティベージュ(ブリーチなし)を市販で染めたい場合のやり方
これらについて解説します。

 

この記事は特にこんな人にオススメです。⬇︎

ミルクティベージュ(ブリーチなし)を市販で染めたい
・ミルクティベージュ(ブリーチなし)を市販で染める方法を知りたい
・「ブリーチなし」でどこまでミルクティベージュに染まるか知りたい

 

このブログを書いているのはこんな人

マキヤマといいます

・ミルクティベージュ(ブリーチなし)が得意
・ミルクティベージュ(ブリーチあり)も得意
・表参道(青山)でフリーランス美容師をしている(美容師歴は10年ほど)

 

今回は「ミルクティベージュ(ブリーチなし)市販」について徹底解説していきます。

ミルクティベージュを「ブリーチなし」で市販カラーで染めたい人は必見です。

 

 

ミルクティベージュ(ブリーチなし)の市販はオススメしない?

早速ですが(あくまでも美容師的には)「ミルクティベージュ(ブリーチなし)」を市販で染める事はオススメしません。

なぜですか?

それは「ミルクティベージュ(ブリーチなし)市販」の難易度がかなり高いからです。(明るめのミルクティベージュは特に)

それでも「ミルクティベージュ(ブリーチなし)」を市販で染めたい場合はどうしたら良いですか??

分かりました!!
それでは、このブログで「ミルクティベージュ(ブリーチなし)」を市販で染める方法について徹底解説していきます。(出来るだけ失敗しにくいように説明しますが、あくまでも自己責任でお願いします。)

 

 

ミルクティベージュ(ブリーチなし)の市販をオススメしない理由は3つ

失礼しました。笑(ハイトーン時代の僕です。w)

この後「ミルクティベージュ(ブリーチなし)を市販で染めるやり方」を解説しますが、その前に「ミルクティベージュ(ブリーチなし)の市販はオススメしない理由」を解説していきます。

そこからですか!?

「ミルクティベージュ(ブリーチなし)」の市販カラーの難しさをしっかり理解することも大切ですので、まずは(あくまでも美容師的に)オススメしない理由を紹介していきます。

ポイントはこの3点です。⬇︎

  1. 希望のミルクティベージュにならない
  2. 色ムラになる可能性
  3. ダメージが大きい

順番に解説していきます。

 

①希望のミルクティベージュにならない

まずは、イメージしている「ミルクティベージュ」にならないかも?という可能性です。

この後、解説しますが「ブリーチなし」のミルクティベージュには限界がありますし、全ての人がキレイな「ミルクティベージュ」になる訳ではありません。

「個人差がある」って事ですね!

そうなんです。
(詳しくは後ほど紹介しますが)「ミルクティベージュは特に個人差が出やすいカラー」となります。

 

 

②色ムラになる可能性

ミルクティベージュ(ブリーチなし)を市販でオススメしない理由2つ目は「色ムラになる可能性」についてです。

(これは「ミルクティベージュ」に限らずですが)市販カラーの場合は色ムラになる可能性もあります。

確かに「色ムラ」になるのは嫌ですね…。

「ミルクティベージュ」は(ブリーチなしでも)明るめのカラーなので、色ムラが目立ちやすいかもです。

「市販カラー」と「色ムラ」は隣り合わせという事ですね…。

 

 

③ダメージが大きい

ミルクティベージュ(ブリーチなし)を市販でオススメしない最後の理由は「ダメージが大きい」という事です。

美容室のカラー剤は市販カラーよりダメージを抑えて染める事も可能です。(全てではありませんが。)

ダメージ的には、美容室で染めた方が良さそうですね。

しかも「①希望の色にならない」「②色ムラになる」などの失敗を治す為に、余計なダメージになってしまいます。

どんどんダメージが蓄積されてしまいますね。

そうなんです。
だからこそ(美容師的には)「ミルクティベージュ(ブリーチなし)」は市販ではなく美容室で染める事をオススメします。(あくまでも美容師的には。笑)

 

 

ミルクティベージュは「ブリーチなし」でもここまでミルクティベージュに

そもそもですが「ミルクティベージュ」は「ブリーチなし」で、どこまでミルクティベージュになりますか?

それでは「ミルクティベージュ(ブリーチなし)を市販で染める方法」を解説する前に、その点についてご紹介します。

早速ですが、ミルクティベージュはブリーチなしでもここまで染まります。⬇︎

結構「ミルクティベージュ」ですね。

そうなんです!(もちろん個人差はあります。)
ただ「ブリーチなし」だとこれくらいが限界です。

では「ブリーチあり」だと、どれくらいの「ミルクティベージュ」になりますか??

これくらいです。⬇︎

これは完全に「ミルクティベージュ」ですね!

透け感がすごい!!

ぶっちゃけ、ミルクティベージュは「ブリーチあり」が基本です。
ただ「ブリーチなし」でも髪質やカラー履歴によっては(上の画像のように)かなりミルクティベージュになるのも事実です。

「ブリーチなし」「ブリーチあり」の違いがなんとなく分りました。

という事で、どうしても「ミルクティベージュ(ブリーチなし)」を市販で染めたい場合の染め方について解説していきます。

 

 

それでもミルクティベージュ(ブリーチなし)を市販で染めたい場合のやり方

ここからは「ミルクティベージュ(ブリーチなし)」を市販で染める方法を解説します。
初めにも書きましたが、この方法で試す場合でも「あくまでも自己責任で」お願いします。

また早速ですが、工程的には、このような流れです。⬇︎

  1. 髪の状態を見極める
  2. ベースを明るくする
  3. ミルクティベージュを入れる
  4. ミルクティ(紫)シャンプーを使う

順番に解説していきます。

 

①髪の状態を見極める

「ミルクティベージュ」を市販で染めたい場合に、何よりも重要なのは「自分の髪の状態」です。

髪の状態??

はい!
これらの履歴がある人は要注意(ミルクティベージュにできないかも?)です。⬇︎

  • 黒染め
  • 白髪染め
  • 縮毛(ストパー)
  • パーマ

特に、上の2つ(黒染め・白髪染め)の場合は「市販」どころか「ブリーチなし」では染められない可能性もあります。

やっぱり「白髪染め」や「黒染め」の場合はブリーチ必要なんですね。

はい!
むしろ、希望の色によっては「ブリーチあり」でも難しいかもです。

縮毛(ストパー)やパーマは??

これらの履歴がある場合は「髪のダメージレベルに差がある」という事です。

なるほど!!
これらの人は「ミルクティベージュ(ブリーチなし)」を市販で染めると失敗する可能性が高いという事ですね!!

その通りです!!
これらの履歴がある場合は、美容室で相談するようにしましょう。

 

 

②ベースを明るくする

上の4つの履歴をがない人は「ミルクティベージュ(ブリーチなし)」を市販で染める2つ目の「ベースを明るくする」というステップです。

ベースって??

ベースは「素髪(すがみ)」の事です。
ミルクティベージュ(ブリーチなし)を市販で染めるなら「ベースの明るさ」が非常に重要です。

どれくらい、明るくすれば良いんですか??

結論から言うと「出来るだけ」です。笑
(個人差はありますが)「ブリーチなし」だと上の2段くらいが限界かもです。⬇︎

どうやって「ベース」を明るくすれば良いですか?

方法は「2つ」です。

  1. 市販1番で明るいカラーをする
  2. 徐々に明るくする

⑴はブリーチなし(ブリーチの代わりにカラー剤)で「ダブルカラー」をするという事で、⑵はヘアカラー(市販)を繰り返して、少しずつベースを明るくしていくという方法です。

少し難しそうですね!!

ベースの明るさの変化は「個人差がかなり大きい」ですが、うまくいけば「ブリーチなし」でも、これらの方法でベースを明るく(ミルクティベージュを入れる準備が)出来ます。

 

 

③ミルクティベージュを入れる

ミルクティベージュ(ブリーチなし)を市販で染める3つ目は「ミルクティベージュ」を入れるというステップです。

遂に「ミルクティベージュ」を入れるんですね!

はい!
ただ、いくらミルクティベージュを入れても「ベース」が整ってないと、色は入らないので「⑵ベースを明るくする」の工程を頑張りましょう。

「ミルクティベージュ」を入れる注意点とかありますか?

うーん!
ベース以外で言うと「出来れば、最初は濃いめがオススメ」という事です。

え!?
ミルクティベージュって明るめの髪色ですよね?

もちろん、明るめのミルクティベージュにしたい気持ちは分かりますが、ミルクティベージュのカラー自体、色持ちが良い色ではありません。

そうなんですね…。

だからこそ、初めは濃いめに染めておくのが(色持ちが良くなるので)良いかもです。
どんなカラー剤が良いかはこの後紹介します。

 

 

④ミルクティ(紫)シャンプーを使う

「ミルクティベージュ(ブリーチなし)」を市販で染める4つ目は「ミルクティ(紫)シャンプーを使う」というステップです。

ミルクティ?紫?シャンプー?

ハイトーンカラーにするなら「カラーシャンプー」は絶対に必須です。

「カラーシャンプー」って色付きのシャンプーですよね?

そうです!!
ミルクティベージュに染める場合は「ミルクティシャンプー」や「紫」シャンプーの使用をオススメします。

「ミルクティシャンプー」なんてあるんですね!!

でも、なんで「紫」なんですか?

「紫」は「黄色」の反対色で、黄ばみを抑える事でミルクティベージュをキープしやすく出来ます。(黄ばみより赤みが気になる場合は「シルバーシャンプー」や「アッシュシャンプー」でも良いかもです。)

「ミルクティベージュ」はシャンプー選定も重要なくらいシビアな髪色なんですね!!

 

 

「ミルクティベージュ(ブリーチなし)市販」で使うカラー剤は?

ここまで「ミルクティベージュ(ブリーチなし)を市販で染める方法」について徹底解説してきました。

せっかくなので、市販で染める場合はどんなカラー剤やシャンプーを使えば良いか軽くチェックしてみます。(もちろん自己責任でお願いします。笑)

 

カラー剤

カラー剤でオススメなのは、この2つです。⬇︎

  • ミルクティベージュに染めるカラー剤
  • ベースを明るくするカラー剤

この辺りで良いかな。⬇︎

 

シャンプー

続いて「カラーシャンプー」でオススメはこの辺りです。⬇︎

ミルクティシャンプー

紫シャンプー

シルバー(アッシュ)シャンプー

 

 

ミルクティベージュ(ブリーチなし)は市販より美容室がオススメ「でも健闘を祈ります。笑」

今回は「ミルクティベージュ(ブリーチなし)の市販カラー」について徹底解説してきました。
「ミルクティベージュ(ブリーチなし)」は市販ではなくても、かなり難しいカラーです。

出来れば「市販」ではなく「美容室」で染める事をオススメしますが、どうしても「市販」で染めたい場合は、今回のブログの内容をチェックして試してみてください。

(最後に宣伝ですが。笑)表参道までご来店可能な人で「ミルクティベージュ(ブリーチなし・あり)」に染めたい人はこちらからLINEください。⬇︎笑

いずれにせよこのブログを読んでくれたあなたの髪がキレイな「ミルクティベージュ」になる事を願っております。

こちらのブログもどうぞ。⬇︎

【ミルクティーベージュ】「ブリーチなし」で「明るめ」に出来る?

【ミルクティーベージュ】「ブリーチなし」で「明るめ」に出来る?
ミルクティベージュを「ブリーチなし」で明るめに染めたいですか?このブログでは「ミルクティベージュ」や「ブリーチなしカラー」が得意な美容師が「ミルクティベージュ(ブリーチなし)明るめ」について解説しています。染め方は色持ちを良くする方法も解説していますので、これから「ミルクティベージュ」をブリーチなしで明るめに染めたい人は必見です。

【楽チンでも可愛い】ミルクティー×インナーカラーってどんな色?

【楽チンでも可愛い】ミルクティー×インナーカラーってどんな色?
ミルクティーのインナーカラーについて知りたいですか? このブログではヘアカラーが得意な美容師がミルクティーのインナーカラーについて解説しています。 ミルクティーカラー、インナーカラーが気になる方は必見です。

【最強】ラベンダーアッシュベージュが可愛いすぎ「メリットは7つ」

【最強】ラベンダーアッシュベージュが可愛いすぎ「メリットは7つ」
「ラベンダーアッシュベージュ」の髪色について知りたいですか?このブログでは「ラベンダーアッシュベージュ」のヘアカラーが得意な美容師が「ラベンダーアッシュベージュ」の「メリット」や「ブリーチとの関係」「色落ちを遅らせる方法」などを解説しています。特に、これから「ラベンダーアッシュベージュ」に染めたい人は必見のブログです。

それではまた♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました