【ブルージュ】はブリーチなしでも可能!?「人(髪)による?」

ブルーブラック/青髪

ブルージュ(ブリーチなし)について知りたい人

・ブルージュって「ブリーチなし」でも出来る?
・「ブリーチなし」と「ブリーチあり」の違いは?
・ブルージュ(ブリーチなし)の色落ちはどんな髪色?

 

ブルージュ(ブリーチなし)が得意な美容師

このブログでは
・ブルージュは【ブリーチなし】でも可能「ただし、人(髪)による」
・(ブリーチなし)ブルージュと(ブリーチあり)ブルージュの違いは3つ
・ブルージュ(ブリーチなし)の色落ちは茶髪?「ケア方法も解説」
これらについてお話していきます。

 

このブログは、こんな人にオススメです。⬇︎

  • ブリーなしで「ブルージュ」に染めたい
  • ブリーチのダメージが心配
  • 「ブルージュの色落ち」についても知りたい

 

このブログを書いているのはこんな人

マキヤマといいます

・ブルージュ(ブリーチなし)が得意
・ブルージュ(ブリーチあり)も得意(笑)
・表参道で10年以上美容師をしている

 

今回は、自分の髪色も「ブルージュ」に染めたりもする美容師が「ブルージュ(ブリーチなし)」ついて徹底解説していきます。

自撮りの画像を使って(笑)ブルージュの色落ちについても紹介していますので、これから「ブルージュ」に染める予定の人は必見です。

 

 

スポンサーリンク

ブルージュは【ブリーチなし】でも可能「ただし、人(髪)による」

早速ですが、結論です。
メンズ、レディース問わず大人気な髪色「ブルージュ」は「ブリーチなし」で染める事も可能です。

ただし、誰でも出来るという訳ではなく、人(髪)によっては不可能な場合もあります。

どんな人が可能で、どんな人が不可能なんですか?

では、そのあたりも踏まえて「ブルージュ(ブリーチなし)」について、さらに詳しく見ていきましょう。

 

ブルージュを入れるには「12トーン」以上は必要?

まず、大前提として「ブルージュ」のヘアカラーを入れるなら、暗くても「12トーン」くらいのベースの明るさが必要です。

中段、右から2番目が「12トーン」です。⬇︎

結構明るいですね…。

「ブリーチなし」でも、ここまで明るく出来るんですか?

「ブリーチなしでブルージュに染める方法」は後ほど解説しますが「12トーン」くらいまでならブリーチなしでも可能です。

 

 

「黒染め、白髪染め」をしてるい場合はNG

基本的には「ブリーチなし」でも(ブルージュが入る)「12トーン」くらいまで明るくする事は可能なんですが、ここ数年で「黒染め」や「白髪染め」をした履歴がある場合は要注意です。

黒染め、白髪染めがあると「ブルージュ」にならないんですか?

残念ながら「黒染め」や「白髪染め」をヘアカラーで明るくする事は出来ません。
もちろん「黒染め、白髪染めをしたタイミング」や「髪の長さ」にもよりますが、それらの履歴が残っている場合はブリーチが必要になります。

逆に言うと、黒染めや白髪染めをしていなければ「ブリーチなし」でも「ブルージュ」にできるという事ですね?

その確率は高いと思います。

 

 

(ブリーチなし)ブルージュと(ブリーチあり)ブルージュの違いは3つ

ここまで「ブリーチなし」でも「ブルージュ」は可能という件について解説してきました。

とはいえ、より「ブルージュ」のカラーを楽しみたいなら、断然「ブリーチあり」の方がオススメです。(もちろん僕自身も、ブリーチありで染めています。)

「ブリーチありブルージュ」と「ブリーチなしブルージュ」は、どんな違いがあるんですか?

ざっくり分けると、大きくこの3つの違いがあります。⬇︎

  1. 透明感(鮮やかさ)
  2. ダメージ具合
  3. 色落ちのキレイさ

これらの3つの違いは「ブルージュ」を「ブリーチあり、なし」どちらで染めるか?で非常に重要な違いになってきます。
1つずつ、順番に見ていきましょう。

 

ブリーチあり、なしの違い【①透明感(鮮やかさ)】

「ブリーチあり、なし」の大きな違いは「透明感、鮮やかさ」です。

ブルージュに限らずですが、ヘアカラーというのは、どれだけベース(ヘアカラーを入れる前の髪色)の明るさが明るいか?によって色の入り方が違います。

だからこそ、ブリーチをしてベースを明るくするんですよね?

その通り。

こちらがブリーチありのブルージュ⬇︎

こちらがブリーチなしのブルージュ⬇︎

確かに、全然違いますね…。

ヘアカラーは「画用紙と絵の具」の関係に近く、画用紙の色が明るい(白い)ほど、絵の具の色が分かりやすくなるように、髪の明るさがどれだけ明るいかでヘアカラーの入りが異なります。

なるほど!
だから、ベースが明るいほど、色み(青み)が出やすいんですね。

その通り!!
全く同じカラー剤で染めても「どこまでベースの明るさが明るいか?」で入る色みが違ってきます。

 

 

ブリーチあり、なしの違い【②ダメージ具合】

当たり前ですが「ブリーチありブルージュ」は「ブリーチなしブルージュ」と比較して、ダメージが大きいです。

確かに、ブリーチのダメージは心配ですよね…。

上で紹介したように「ベースの明るさ」次第でブルージュの透明感や鮮やかさが変わるので、自分の髪のダメージ具合を美容師さんと相談しながらブリーチするかどうか決めると良いかと思います。

なるほど…。
迷いますが、ダメージが出る事なので慎重に考えたいですね。

そうですね。
ダメージが心配な人は「ケアブリーチ」や「ケアカラー」で出来るだけダメージを軽減させる方法もアリかもです。

参考記事
【ケアブリーチ】デメリットは3つ「デメリットよりメリットが大きすぎる」

 

 

ブリーチあり、なしの違い【③色落ちのキレイさ】

「ブリーチあり、なし」の「ブルージュ」の違い、最後は「色落ち」についてです。

「ブリーチなしブルージュ」の色落ちについてはこの後詳しく解説しますが、やはり「ブリーチあり」のブルージュの方が断然キレイな色落ちです。

参考までに、僕がブルージュに染めた時の色持ちの過程をどうぞ。⬇︎

染めたて

1週間後

2週間後

1ヶ月後

確かにキレイな色落ちですね。
「ブルーシルバー」というか「グレージュ」っぽい感じですね。

やはり「ブルージュ」のヘアカラーをより楽しみたいなら「ブリーチなし」より「ブリーチあり」がオススメです。

 

「ブリーチありブルージュ」と「ブリーチなしブルージュ」の3つの違い

  1. 透明感(鮮やかさ)
  2. ダメージ具合
  3. 色落ちのキレイさ

 

 

ブルージュ(ブリーチなし)の色落ちは茶髪?「ケア方法も解説」

「ブリーチなし」ブルージュの色落ちはどんな感じですか?

「ブリーチあり」の時のように「シルバー」や「グレージュ」っぽくなるんですか?

結論から言うと「ブルージュ(ブリーチなし)」の色落ちは茶髪です。
「シルバー」や「グレージュ」っぽく抜ける事はありません。

なぜですか??

そもそも、ベースがそこまで明るくないからです。

先程の画像をもう1度。⬇︎

この中段の茶髪に色落ちしてきます。

色持ちはどうですか?

もちろん、染めるカラー剤の配合にもよりますが(色落ち幅が少ない分)「ブリーチあり」より色落ちが早く感じるかもです。

やっぱり「色の染まり(透明感、鮮やかさ)」も「色落ちのキレイさ(色落ちの過程)」も「ブリーチあり」の方が魅力的ですね…。

そうですね…。
ただ「ブリーチなし」の方が間違いなくダメージは少ないので、慎重に検討するようにしましょう。

 

 

「ブリーチなし」で「ブルージュ」に染める方法は2つ

質問です。
「ブルージュ」は黒髪(地毛)から染めることも出来ますか?

良い質問です。

結論から言うと(髪によっては)可能です。
このブログの初めに、ブルージュの髪色に染めるには最低でも「12トーン以上」の明るさが必要とお伝えしました。

はい!
「黒染め」や「白髪染め」が無ければブリーチなしでも12トーンくらいまでは明るくなるんですよね?

そうなんです。

でも、どうやって明るくするんですか?

「ブリーチなし」で「ブルージュ」に染める方法はざっくり2つあります。⬇︎

  1. カラー剤でダブルカラー
  2. カラーする度、徐々にベースを明るくしていく

あれ?
「①ダブルカラー」って、1度ブリーチで髪を明るくしてから色を入れるからダブルカラーなんですよね?

一般的にはそうなんですが「ブリーチの代わりに明るいカラー剤(ライトナーというもの)を使う」という事も可能です。

「髪を明るくする力」はブリーチの方が上ですが、ブリーチなしで染める分、ダメージは少ないです。

なるほど!
もう1つの「徐々に明るくしていく」というのは?

こちらはヘアカラーを繰り返す度にベースを明るくしていく方法です。
こちらのメリットは「少しずつブルージュを目指せる」という点です。

それなら会社や学校、バイトなどであまり派手に出来ない人には丁度良いですね。

そうですね!
周りの人の目を慣らすことも出来るので、髪色を少しづつブルージュにしていきたい人にはオススメの方法です。

なるほど…。
色々な染め方があるんですね。

はい。
もちろん髪質やカラー履歴、ダメージ具合などは1人1人違うので、担当の美容師さんと相談して、自分に合った染め方をする様にしましょう。

 

 

「ブリーチなし、あり」自分に合う【ブルージュ】を楽しもう

今回は、大人気の髪色「ブルージュ」はブリーチなしでも可能?という件について解説してきました。

本文で解説したように、オススメは「ブリーチありのブルージュ」ですが「ダメージが心配」「会社や学校でバレたく無い」という人は「ブリーチなしブルージュ」を検討してみてください。

いずれにせよ、せっかく染めるなら「ブルージュ」の髪色を楽しみたいですね。

そうですね!
ちなみに「ブリーチなし、あり」どちらも、ブルージュのヘアカラーは難易度が高いので、市販でセルフカラーしたりするのは絶対辞めましょう。

ブルージュに染めたい人で、表参道までご来店可能な人はこちらからLINEください。⬇︎

宣伝ついでに「Instagram」のフォローもお願いします。笑

最後の最後に失礼しました。笑
「ブリーチあり」「ブリーチなし」いずれにせよ、このブログを読んでくれたあなたの髪色がキレイなブルージュになる事を願っております。

ブルージュについては、こちらのブログもオススメです。⬇︎

【ブルージュ】色落ちは緑?シルバー?「美容師が色落ち過程も解説」

【ブルージュ】色落ちは緑?シルバー?「美容師が色落ち過程も解説」
ブルージュの色落ちについて知りたいですか?このブログでは、ブルージュの色落ちに詳しい美容師が「ブルージュの色落ちの過程」と「色落ちをキレイに、色持ちを良くする方法」を解説しています。自分の髪を使って「ブルージュの色落ち」を紹介していますので、これからブルージュに染める予定の人は必見です。

美容師解説【ブルージュ】ヘアカラーが大人気?「どんな髪色?色落ちは?」

美容師解説【ブルージュ】ヘアカラーが大人気?「どんな髪色?色落ちは?」
「ブルージュ」のヘアカラーについて知りたいですか?このブログでは「ブルージュ」のヘアカラーが得意な美容師が、大人気な髪色「ブルージュ」について徹底解説しています。「ブルージュの色落ち」や「色持ちを良くする方法も紹介するので、これから「ブルージュ」の髪色に染める予定の人はもちろん、既に「ブルージュ」のヘアカラーをしている人も必見です。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました