【ブルージュ】色落ちは緑?シルバー?「美容師が色落ち過程も解説」

ブルーブラック/青髪

「ブルージュ」の色落ちが気になる人

・「ブルージュの色落ち」ってどんな髪色になりますか?
・「ブリーチあり、なし」それぞれの色落ちが知りたいです
・やっぱり「ブルージュ」の色落ちは早い?

 

「ブルージュ」の色落ちに詳しい美容師

このブログでは
・【ブルージュ】の色落ちは緑?「美容師が色落ちの過程を解説」
・ブルージュの色落ち過程(ブリーチなし編)
・ブルージュの色落ち過程(ブリーチあり編)
・ブルージュを長く(色落ちをキレイに)楽しむ為の「5つのポイント」
これらについて解説していきます。

 

このブログは、こんな人にオススメです。⬇︎

  • 「ブルージュ」の色落ち過程が気になる
  • 「ブルージュ」に染めるか迷っている
  • 「ブルージュ」の「ブリーチのあり、なし」で色落ちの違いを知りたい

 

このブログを書いているのはこんな人

マキヤマといいます。
・「ブルージュ」のヘアカラーが得意
・自分の髪も「ブルージュ」に染めたりする
・表参道で10年以上美容師をしている

 

今回は、大人気の髪色「ブルージュ」の色落ちについて解説していきます。

僕自身の髪を「ブルージュ」に染めての色落ち過程も紹介していますので「ブルージュに染めたいけど、色落ちが気になる」という人は必見です。

 

 

スポンサーリンク

【ブルージュ】の色落ちは緑?「美容師が色落ちの過程を解説」

初めにお伝えしておきますが「ブルージュの色落ち」は個人差が大きいです。

シルバー、アッシュ、ベージュのように透明感のある色落ち過程を楽しめる場合もあれば、人によっては緑っぽくなってしまうケースもあります。

緑に色落ちするのは、ちょっと嫌ですね…。

もちろん、中には緑に色落ちさせたい人もいるかもですが「なぜブルージュの色落ちが緑になる可能性があるか?」これを、しっかり理解するのは大切です。

という事で、このブログでは、人気のヘアカラー「ブルージュ」の色落ちについて徹底的に解説していきたいと思います。

 

 

ブルージュの色落ち過程(ブリーチなし編)

まずは「ブリーチなし」でブルージュに染めた場合の色落ちから。

そもそも「ブリーチなし」でもブルージュに染めれるんですか?

人(髪)によっては「ブリーチなし」でも、ある程度の「ブルージュ」に染める事は可能です。
こちらの髪色は「ブリーチなし」で染めています。⬇︎

ほんとだ!!

もちろん「ブリーチあり」の方がキレイな色になるのは間違いないですが、どうしてもブリーチしたくない人は検討してみても良いかもですね。

ブリーチなし「ブルージュ」についてはこちらのブログもどうぞ。⬇︎
【ブルージュ】はブリーチなしでも可能!?「人(髪)による?」

 

【結論】ブルージュ(ブリーチなし)の色落ちは早く「茶髪」

結論から言うと(ブリーチなし)ブルージュの色落ちは「茶髪」になります。

そもそも「ブリーチなし」の場合は、ベース(ヘアカラーを入れる前の髪色)の明るさは茶髪です。

個人差はありますが、この表の中段(茶髪の段)くらいの人が多いでしょう。⬇︎

「このどれかに色落ちしてくる」という事ですね?

その通り!
そして「ブリーチなし」のブルージュは「ブリーチあり」の場合と比較して「抜け幅」が少ない分、色落ちが早いです。

「ブリーチあり」のブルージュの方が長い期間楽しめるという事ですか?

その分、ケアや染め方が重要になりますが、それらをクリアすれば「ブリーチあり」の方が色落ちを楽しむ事ができるはずです。

 

 

ブルージュの「色落ち過程(ブリーチあり編)」

続いて(ブリーチあり)ブルージュの色落ちについて見ていきましょう。

上でお伝えしたように「ブリーチあり」のブルージュは特に「色落ちの個人差」が大きくなります。

なぜですか?

1番大きな理由は「ベースの明るさ(ブリーチ回数)の違い」です。

まずは、僕がブリーチ2回して「ブルージュ」に染めた時の色落ちの過程をご覧ください。⬇︎

染めたて

「1週間後」の色落ち

「2週間後」の色落ち

「1ヶ月後」の色落ち

キレイな色落ちですね。

ここまでキレイな色落ちなのは、染め方もケアしっかりしているからです。笑

先程の画像をもう1度。⬇︎

染め方(や使用したカラー剤)にもよりますが、ブルージュ(ブリーチあり)の色落ちは最終的に下段(金髪)のどれかに色落ちします。

なるほど…。
でも、人によっては色落ちの過程が緑っぽくなるんですよね。

そうなんです。
では、次にブルージュの「色落ちの過程」について詳しく解説していきます。

 

 

ブルージュ(ブリーチあり)の色落ちは緑?シルバー?

まずは「なぜブルージュの色落ちが緑になってしまう場合があるのか?」について解説します。

いつも通り結論からお伝えすると「ブルーの青」と「金髪の黄色」が混ざる事が原因です。

「青+黄色→緑」という事ですね。

はい。
初め(染めたて)は、青(ブルージュ)が強くても、徐々に色落ちしてきてベースの黄色が出てくると「青+黄色→緑」になるんです。

なるほど!!

そこで、しっかりケアしてあげれば「シルバー」とか「アッシュ」っぽく色落ちさせる事が出来るという訳ですね。

その通り。
だからこそ「ブルージュ」はしっかりとケアするのが大切なんです。

※ブルージュは染め方が悪いと色落ちにも影響するので、どこで染めて良いか分からない人はページ下からLINEください。

 

 

ブルージュを長く(色落ちをキレイに)楽しむ為の「ポイントは5つ」

最後に、ブルージュの髪色を長く(色落ちをキレイに)楽しむ為のポイントを5つご紹介します。

上でも紹介した内容と被る部分も出てくるかもですが、この5つのポイントを守ると「ブルージュ」をより楽しめるので、是非チェックしてみて下さい。

「ブルージュの色持ちを良く、キレイな色落ちを楽しむ為の5つのポイント」というのがこちらです。⬇︎

  1. ベースを明るくする
  2. 濃いめ(暗め)の「ブルージュ」で染める
  3. 紫シャンプーを使う
  4. 色落ちの原因を避ける
  5. 継続して「ブルージュ」で染める

順番に解説していきます。

 

①ベースを明るくする

「ブルージュの色落ち」に1番影響を与えると言っても過言ではないのが「ベースの明るさ」です。

「どれだけベースが明るいか」で「色落ちのキレイさが変わる」んですね。

そうなんです。
ベースが明るければ明るいほど(黄色みも少なくなるので)色落ちはキレイになりやすいです。
とはいえ、ブリーチの回数が増えるとダメージも大きくなるので、その辺りは担当の美容師さんと、しっかり相談しながら進めるようにしましょう。

 

 

②濃いめ(暗め)の「ブルージュ」で染める

「ブルージュ」の濃さ(暗さ)によっても色持ちする期間が異なります。

確かに「濃いめ(暗め)」で染めた方が色持ちは良さそうですね。

そうなんです。
先程、紹介した僕の髪色もかなり濃いめの「ブルージュ(むしろネイビー?)」で染めたのでかなり長持ちしています。

いきなり理想のカラーにしてしまうとすぐに抜けてしまいそうだから、最初は濃すぎる(暗すぎる)くらいが丁度良いかもですね。

その通り!
ヘアカラーの基本は「染めたては濃いめ(暗め)」です。
「ブルージュ」の色落ちも楽しむために「出来る限り濃いめ」で染めるようにしましょう。

 

 

③紫シャンプーを使う

ここまではブルージュの色持ちを良くする為に「美容室で(美容師が)出来る対策」でしたが、染めた後にお家で出来る「ホームケア」も大切です。

特に重要なのは「(ムラシャンこと)紫シャンプーの使用」です。

「紫シャンプー」って紫色の色素が入ったシャンプーですよね?

はい!
「黄色の反対色」である紫の色素を入れる事で黄色を打ち消してくれるんです。

という事は「青+黄色」になりにくいから「緑になりにくい」という事ですか?

そういう事です。
「紫シャンプー」を使うと色持ちも良くなり、色落ちもキレイになるので「ブルージュ」に染める場合は100%使用するのがオススメです。

個人的にオススメな紫シャンプーはこちら。⬇︎

もちろんこれ以外でも良いですが、いずれにせよ「ブルージュ」に染めるなら「紫シャンプー」は必ず使うようにしましょう。

 

 

④色落ちの原因を避ける

(ブルージュに限らずですが)ヘアカラーをするなら、これらには出来るだけ髪を近づけないようにしましょう。⬇︎

  • 海水
  • 温泉
  • プール
  • 紫外線

特に「ブリーチあり」の場合は、これらによって一瞬で色落ちしてしまう事もあるので注意しましょう。

色落ちだけでなく、髪のダメージにもなりそうですね。

その通り!!
シャワーの温度が高い(熱い)のも色落ちの原因になるので、出来る限りぬるま湯で(優しく)洗うようにしましょう。

 

 

⑤継続して「ブルージュ」で染める

最後は「ブルージュ」の髪色を継続するという点です。

ヘアカラーは同じ系統(ブルー系ならブルー系)を継続すればするほど「髪への色の定着」が良くなります。
もちろん、永遠にブルージュにする必要は無いですが、できる限り長期的な期間でヘアカラー(ブルージュ)を楽しむようにしましょう。

 

ブルージュの色持ちを良く、キレイな色落ちを楽しむ為の5つのポイント

  1. ベースを明るくする
  2. 濃いめ(暗め)の「ブルージュ」で染める
  3. 紫シャンプーを使う
  4. 色落ちの原因を避ける
  5. 継続して「ブルージュ」で染める

 

 

「ブルージュ」は(しっかりケアして)色落ちも楽しもう

今回は、人気の髪色「ブルージュ」の色落ちについて解説してきました。

「ブルージュ」は「ケア次第」で、めちゃくちゃキレイな色落ち(シルバーやアッシュ)になります。

せっかくなら、しっかりケアして色落ちも楽しみたいですね。

その通り!!

最後に宣伝です。笑
ブルージュのヘアカラーにしたい人で、表参道までご来店可能な人はこちらからLINEください。⬇︎

ついでに[Instagram]のフォローもお願いします。笑

失礼しました。笑
いずれにせよ、このブログを読んでくれたあなたの髪色が、キレイな「ブルージュ」になり、色落ちも楽しめる事を願っております。

こちらのブログもオススメです。⬇︎

メンズ髪色【ブルージュ】が大人気「オススメすぎる3つの理由」

メンズ髪色【ブルージュ】が大人気「オススメすぎる3つの理由」
メンズにも大人気の髪色「ブルージュ」について知りたいですか?このブログでは(メンズ)ブルージュが得意な美容師が「メンズブルージュ」の染め方や色落ちについて解説しています。色持ちを良く(色落ちがキレイに)する為のポイントも紹介していますので、これからブルージュに染める予定のメンズは必見です。

美容師解説【ブルージュ】ヘアカラーが大人気?「どんな髪色?色落ちは?」

美容師解説【ブルージュ】ヘアカラーが大人気?「どんな髪色?色落ちは?」
「ブルージュ」のヘアカラーについて知りたいですか?このブログでは「ブルージュ」のヘアカラーが得意な美容師が、大人気な髪色「ブルージュ」について徹底解説しています。「ブルージュの色落ち」や「色持ちを良くする方法も紹介するので、これから「ブルージュ」の髪色に染める予定の人はもちろん、既に「ブルージュ」のヘアカラーをしている人も必見です。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました