【ミルクティベージュ(ブリーチなし)】レシピはベース次第?「緑が大事?」

ミルクティベージュ

ミルクティベージュ(ブリーチなし)のレシピが知りたい人

・ミルクティベージュ(ブリーチなし)のレシピはどんな感じかな?
・ミルクティベージュは(ブリーチなし)でも出来る?

 

ミルクティベージュ(ブリーチなし)のレシピに詳しい美容師

このブログでは

・ミルクティベージュ(ブリーチなし)のレシピ

・ミルクティベージュ(ブリーチなし)のレシピは緑(マット)が重要な理由

・ミルクティベージュ(ブリーチなし)のレシピはベース次第
これらについて解説していきます。

 

この記事は特にこんな人にオススメです。⬇︎

  • ミルクティベージュ(ブリーチなし)にしたい
  • ミルクティベージュ(ブリーチなし)のレシピが知りたい
  • ミルクティベージュ(ブリーチなし)に染めるポイントも知りたい

 

このブログを書いているのはこんな人

マキヤマといいます

・ミルクティベージュ(ブリーチなし)のレシピに詳しい
・ミルクティベージュ(ブリーチなし)が得意
・表参道(青山)で10年ほど美容師をしています

 

今回は「ミルクティベージュ(ブリーチなし)のレシピ」について徹底解説していきます。

【「ミルクティベージュ(ブリーチなし)」に染めたいけど、レシピが分からない】という人は必見です。

 

 

ミルクティベージュ(ブリーチなし)のレシピ

それでは早速「ミルクティベージュ(ブリーチなし)のレシピについてご紹介していきます。

ポイントはこの3つです。⬇︎

  1. ベースは「マット」
  2. ミルクティ、グレー、アッシュで透明感をプラス
  3. 黄みがある人は紫もプラス

順番に見ていきましょう。

 

①ベースは「マット」

「ミルクティベージュ(ブリーチなし)」のレシピで1番重要なのは「マット(緑)」です。

なぜ緑??

その理由は「赤み消し」です。

後ほど詳しく解説しますが「(ミルクティベージュに限らず)ブリーチなし」のヘアカラーは緑(マット)の使い方が重要になります。

 

 

②ミルクティ、グレー、アッシュで透明感をプラス

「ミルクティベージュ(ブリーチなし)」のレシピのポイント2つ目は「透明感を出し、ミルクティ感を出す」色です。

ミルクティ感!?

「マット(緑)」の中に「ミルクティ」や「グレー」「アッシュ」などを混ぜる事で透明感、ミルクティ感を出す事ができます。

なるほど!!

ただし、あまり色々混ぜると暗くなるので明るめの色を(10〜30%など)少量が良いでしょう。
あくまでもベースは「マット(緑)」です!

 

 

③黄みがある人は紫もプラス

「ミルクティベージュ(ブリーチなし)」のレシピのポイント3つ目は「紫」です。

特に、髪が明るくなりやすい人は「ブリーチなし」でも「黄色み」が出てきます。
そんな場合は、黄色みを打ち消す「紫」を混ぜるのもありです。

ただ、これもあまり暗くならない程度に少量にするのが良いでしょう。

 

 

ミルクティベージュ(ブリーチなし)レシピはこんな感じ

ここまでの3つのポイントをまとめると「ミルクティベージュ(ブリーチなし)のレシピ」はこんな感じです。⬇︎

マット(緑):ミルクティ(アッシュ):紫
1:20%前後:少々

もちろんこの数字は人(髪)によって変わります。(あくまでも参考までに。)

 

 

ミルクティベージュ(ブリーチなし)のレシピは緑(マット)が重要な理由

「ミルクティベージュ(ブリーチなし)」のレシピでは「緑(マット)」が重要とお伝えしました。

なぜ「緑(マット)」が重要なんですか??

その理由がこちらです。⬇︎

  • 赤みを打ち消す
  • 透明感を出す

そもそも「緑(マット)」は赤の反対色です。
そして、ブリーチなしの髪は赤みが強い(ことが多い)です。⬇︎

「ブリーチなし」の「ベース」は上2段のいずれかになると思います。(ベースについては後ほど)

確かに「ブリーチなし」では赤が強いです。

その赤を消して、透明感ある「ミルクティベージュ」にする為に「マット(緑)」をメインで入れるんです!!

 

 

ミルクティベージュ(ブリーチなし)のレシピは「ベース次第」

ここまで「ミルクティベージュ(ブリーチなし)」のレシピについて解説してきましたが、このレシピは個人差が大きいです。

なぜですか??

「ミルクティベージュ(ブリーチなし)」のレシピは「ベース次第」だからです。

ベース次第?
どういう事ですか??

それでは、まず「ベース」とは何か?という点から解説します。(これはミルクティベージュに限らず、ブリーチなしカラーでは非常に重要です。)

 

「ベース」とは?「ブリーチなし」のレシピにも影響する?

「ベース」は簡単に言うと「現状の地毛」の事です。

現状の地毛?
どういう事ですか??

日本人の地毛は黒の場合が多いですが、一度でもヘアカラー(やブリーチ)をすると髪が明るくなります。
対して、一度もカラーをした事がない根本は黒い髪が生えてきます。

「リタッチ」ってやつですね!

はい!!
このようにヘアカラーの履歴によっても「ベース」の明るさが決まります。

先程見たように「ブリーチなしの人の地毛」は上2段のどれかになると思います。⬇︎

「ブリーチなし」と言っても「ベース」の明るさは様々なんですね!!

その通り!!
だからこそ、ミルクティベージュ(ブリーチなし)のレシピも「ベース」次第で全く変わります。

なるほど!!
「ベース」については、なんとなく理解しました。

 

 

ミルクティベージュの「ブリーチなし」は限界があるかも?

ここまで「ミルクティベージュ(ブリーチなし)のレシピ」と「髪のベース」についてご紹介しました。

ただ、残念ながら、人(髪)によっては「ブリーチなし」でミルクティベージュは不可能な場合もあります。

えっ!?
そうなんですか!?

「ベースの明るさ」や「これまでのカラー履歴」によってはブリーチが必要な場合も多くあります。

この判断は担当美容師さんにお任せしましょ。(表参道までご来店可能なら、ページ下から僕にLINEください。笑)

 

 

ミルクティベージュ(ブリーチなし)ならミルクティ(シルバー)シャンプーを使おう

最後に「ミルクティベージュ」の「カラーケア」について解説します。

「ミルクティベージュ(ブリーチなし)」はレシピも重要ですが、それと同じくらい「ホームケア」も重要です。

どんな「ホームケア」をすれば良いんですか?

タイトルにも書きましたが「ミルクティシャンプー」や「シルバーシャンプー」などの「カラーシャンプー」の使用がオススメです。

「ミルクティシャンプー」なんてあるんですね!?

そうなんです!!
そもそも「ミルクティベージュ」は色落ちしやすい色なのに「ブリーチなし」だとさらに色抜けが早く感じられます。

だからこそ「カラーシャンプー」は必須という事ですね?

その通り!!
さらに色持ちを良くしたいなら、そもそも「ミルクティベージュ」のレシピを濃いめ(暗め)に作るというのもオススメです。

確かにその方が、長く「ミルクティベージュ」を楽しめそうですね!!

 

 

ミルクティベージュ(ブリーチなし)を正しいレシピで楽しもう♡

今回は「ミルクティベージュ(ブリーチなし)」について徹底解説してきました。

「ミルクティベージュ(特にブリーチなし)」のレシピはかなり難しいです。
「どれだけベースを明るく出来るか?」にもかかってきます。

最後に宣伝ですが(笑)ミルクティベージュ(ブリーチなし)で染めたい人で表参道(青山)までご来店可能な人はこちらからLINE下さい。⬇︎

いずれにせよ、このブログを読んでくれたあなたが「適切なレシピ」でキレイなミルクティベージュの髪色になる事を願っております。

ミルクティベージュについてはこちらのブログもどうぞ。⬇︎

【セルフ】ミルクティーベージュ「ブリーチなし」は市販でも可能?「美容師が解説」

【セルフ】ミルクティーベージュ「ブリーチなし」は市販でも可能?「美容師が解説」
「ミルクティベージュ(ブリーチなし)」を市販で染めたいですか?このブログでは「ミルクティベージュ(ブリーチなし)」が得意な美容師が「ミルクティベージュ(ブリーチなし)を市販で染める方法」や「注意する点」「使用するカラー剤」などを解説しています。これから「ミルクティベージュ(ブリーチなし)」を市販で染めたい人は必見のブログです。

【楽チンでも可愛い】ミルクティー×インナーカラーってどんな色?

【楽チンでも可愛い】ミルクティー×インナーカラーってどんな色?
ミルクティーのインナーカラーについて知りたいですか? このブログではヘアカラーが得意な美容師がミルクティーのインナーカラーについて解説しています。 ミルクティーカラー、インナーカラーが気になる方は必見です。

【ミルクティーベージュ】「ブリーチなし」で「明るめ」に出来る?

【ミルクティーベージュ】「ブリーチなし」で「明るめ」に出来る?
ミルクティベージュを「ブリーチなし」で明るめに染めたいですか?このブログでは「ミルクティベージュ」や「ブリーチなしカラー」が得意な美容師が「ミルクティベージュ(ブリーチなし)明るめ」について解説しています。染め方は色持ちを良くする方法も解説していますので、これから「ミルクティベージュ」をブリーチなしで明るめに染めたい人は必見です。

それではまた♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました