【オリーブ】の髪色は「暗め」がオススメな「3つの理由」色落ちも解説

オリーブ

髪色を(暗めの)オリーブにしたい人

・髪色をオリーブにしたいです

・オリーブは「暗め」と「明るめ」どっちが良い?
・オリーブの「色持ちを良くする方法」とかありますか?

 

髪色を(暗めの)オリーブに染めるのが得意な美容師

このブログでは
・オリーブの髪色は「暗め」がオススメな「3つの理由」
・オリーブ(暗め)を「ブリーチなし」で染める方法
・オリーブの髪色を「長く楽しむポイント」
これらについて解説します。

 

このブログは、特にこんな人にオススメです。⬇︎

  • 髪色をオリーブに染めたい
  • 「明るめオリーブ」か「暗めオリーブ」で迷っている
  • オリーブの色落ちについても知りたい

 

このブログを書いているのはこんな人

蒔山(マキヤマ)といいます

・「オリーブ」の髪色が得意
・「暗め(濃いめ)カラー」も得意
・表参道で10年ほど美容師をしている

 

今回は「(暗め)オリーブ」について解説します。

「オリーブの髪色を長く楽しむポイント」も解説しますので、これから染める人はもちろん、既にオリーブに染めている人も必見です。

 

 

スポンサーリンク

オリーブの髪色は「暗め」がオススメな「3つの理由」

さっそく結論からお伝えします。
「オリーブ」の髪色に染めるなら「暗め(濃いめ)」がオススメです。

例えば、これくらい。⬇︎

どうして「暗め(濃いめ)」が良いんですか?

では、まずはその理由から解説していきます。

「オリーブの髪色は暗めがオススメな理由」はこの3点です。⬇︎

  1. 色持ちが良い
  2. 赤みが消えやすい
  3. ブリーチなしでも可能

1つずつ解説していきます。

 

オリーブは「暗め」がオススメな理由【①色持ちが良い】

まず1つ目は「色持ちが良い」という点です。

この点については、後ほど「オリーブの髪色を長く楽しむポイント」でも解説しますが、初め(染めたて)は「暗め(濃いめ)」にした方が、オリーブの色持ちが良くなります。

せっかく「オリーブ」の髪色に染めるなら、長く楽しめた方が良いですね!!

もちろん「明るめ(薄め)」のオリーブも可愛いですが、色持ちの観点から言うと、断然「暗め(濃いめ)」の方がオススメです。

 

 

オリーブは「暗め」がオススメな理由【②赤みが消えやすい】

オリーブは暗めがオススメな理由の2つ目は「赤みが消えやすい」です。

もともと、日本人(アジア人)の髪は赤みが強いです。

確かに、そのイメージです。

残念ながら「オリーブ」などの「緑系」の髪色は「赤の反対色」になるので、しっかり赤みを消さないと「オリーブ」にはなりません…。

日本人が、髪色を「オリーブ」は難しいという事ですか?

説明した通り、元々の赤みが強いので「赤系」の髪色に染める時に比べると「オリーブ」は難易度が高まります。

なるほど!!
だからこそ「暗め(濃いめ)」で染めてしっかり赤みを消すという事ですね!?

その通り!!
しっかり赤みが消えたオリーブは、めちゃくちゃ「透明感」が出て良い感じです。⬇︎

 

 

オリーブは「暗め」がオススメな理由【③ブリーチなしでも可能】

暗めのオリーブがオススメな理由の最後は「ブリーチなしでも可能」という事です。

えっ!?
オリーブって「ブリーチなし」でも可能なんですか?

もちろん「髪質」や「髪の状態(履歴)」にもよりますが、暗め(濃いめ)オリーブなら可能です。
例えば、この髪色もブリーチなしで染めています。⬇︎

「ブリーチなし」の割に、結構オリーブ感ありますね!!

そうなんです。
ただ「ブリーチなし」のオリーブは染め方のコツがいるので注意が必要です。

どんなコツですか??

では、次はその点について解説します。(ブリーチありのオリーブにする予定の人はスルーでもOKです。)

 

オリーブの髪色は「暗め(濃いめ)」がオススメな「3つの理由」

  1. 色持ちが良い
  2. 赤みが消えやすい
  3. ブリーチなしでも可能

 

 

オリーブ(暗め)を「ブリーチなし」で染める方法

また結論からお伝えすると「ブリーチなし」でオリーブ(暗め)に染めるなら、この3つのポイントが大切です。⬇︎

  1. ベースを明るくする
  2. 濃いめ(暗め)オリーブを入れる
  3. ホームケアをしっかりする

サクッと解説します。

 

①ベースを明るくする

髪色をオリーブにするには、ある程度、髪を明るくする必要があります。

どれくらい明るいと「オリーブ」が入るんですか??

「髪の状態」や「入れる色」にもよりますが、11トーンくらいまで明るいと「オリーブ」が入りやすいです。

11トーンは「中段、右から3番目」です。⬇︎

 

 

②濃いめ(暗め)オリーブを入れる

ベースを明るくして、オリーブを入れるのは分かりましたが、さっきの画像で見ても、やはり「11トーン」くらいだと「赤み」が強いですね!!

そうなんです。
だからこそ、濃いめ(暗め)オリーブを入れて「赤み」を打ち消す必要があるんです。

 

 

③ホームケアをしっかりする

実は、いくら暗め(濃いめ)のオリーブを入れても、ホームケアの仕方が悪いと、すぐに色落ちしてしまいます。

せっかくオリーブにしたのに、それは悲しいですね…。

そうなんです。
だからこそ、ケアの仕方も大切なんです。

どんなケアをすれば良いんですか??

では、その辺りも踏まえて、最後に「オリーブの髪色を長く楽しむ方法」を解説します。

オリーブの「ブリーチなし」について詳しくは、こちらのブログもどうぞ。⬇︎
【透明感】ブリーチなしでも「オリーブ」の髪色になる?「色落ちは?」

 

オリーブを「ブリーチなし」で染める方法

  1. ベースを明るくする
  2. 濃いめ(暗め)オリーブを入れる
  3. ホームケアをしっかりする

 

 

オリーブの髪色を「長く楽しむ方法」

いつも通り、結論からお伝えします。

オリーブの髪色を長く楽しみたいなら、この4点が大切です。⬇︎

  1. 暗め(濃いめ)に染める
  2. カラーシャンプー(トリートメント)を使う
  3. 色落ちの要因から遠ざける
  4. オリーブを継続する

1番上の「暗め(濃いめ)に染める」というのは、もはや説明不要だと思うので、残りの3つを解説していきます。

 

カラーシャンプー(トリートメント)を使う

髪色をオリーブに染めるなら「カラーシャンプー(トリートメント)」の使用は必須です。

色付きの「シャンプー」とか「トリートメント」ですよね?

はい!!
オリーブの髪色の場合は「アッシュ」や「紫」「シルバー」あたりから選べば良いかと思います。
※細かくは、担当の美容師さんと相談してください。

個人的にオススメなのは、この辺りです。⬇︎

もちろん、これ以外のメーカーでも良いですが、カラーシャンプー&トリートメントは必ず使うようにしましょう。

 

 

色落ちの要因から遠ざける

オリーブの色持ちを長く楽しみないなら、これらの「色落ちの要因」を避けるのもオススメです。⬇︎

  • 海水
  • 温泉
  • プール
  • 紫外線

これらはオリーブに限らず「ヘアカラーの色落ち要因」となるので、できる限り避けるようにしましょう。

 

 

オリーブを継続する

「オリーブの髪色を長く楽しむポイント」の最後は「オリーブを継続する」です。

どういう事ですか??

これもオリーブに限らずですが、ヘアカラーというのは、同じ系統の髪色を続ければ続けるほど「髪への定着」が良くなっていきます。

なるほど!!
だから、オリーブを続けて染めるのが大切なんですね?

その通り!!
色落ちする度に、継続してオリーブの髪色で染めるのがオススメです。

 

オリーブの髪色を長く楽しむ「4つのポイント」

  1. 暗め(濃いめ)に染める
  2. カラーシャンプー(トリートメント)を使う
  3. 色落ちの要因から遠ざける
  4. オリーブを継続する

 

 

オリーブの髪色は「暗め」がオススメ「長くオリーブを楽しもう」

今回は「オリーブの髪色は暗めがオススメ」という件について徹底解説しました。
もちろん「明るめオリーブ」も良いですが、せっかくなら、長く楽しめる「暗め(濃いめ)」がオススメです。

最後に少し宣伝です。笑
(暗め)オリーブに染めたい人で、表参道までご来店可能な人はこちらからLINEください。⬇︎

宣伝ついでに「Instagram」のフォローもお願いします。笑

いずれにせよ、このブログを読んでくれたあなたの髪色がキレイなオリーブになる事を願っております。

こちらのブログもオススメです。⬇︎

【透明感◎】オリーブの髪色が可愛すぎる「染め方、色落ちは?」美容師が解説

【透明感◎】オリーブの髪色が可愛すぎる「染め方、色落ちは?」美容師が解説
「オリーブの髪色」について知りたいですか?このブログでは「オリーブの髪色」が得意でオリーブオイル好きな美容師(笑)が「オリーブの髪色の魅力や染め方」について解説しています。「オリーブの色持ちを良くする方法」も紹介していますので、これからオリーブに染める予定の人はもちろん、既にオリーブの髪色の人も必見です。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました