【ブリーチなし】でも青髪に出来る「ブリーチなしで髪色を青くする方法」

ブルーブラック/青髪

ブリーチなしで青髪にしたい人

・ブリーチなしでも青髪は可能?
・ブリーチなしの青髪はどれくらい青い?
・ブリーチなし青髪の色落ちは?

 

ブリーチなしの青髪が得意な美容師

このブログでは
・ブリーチなしでも青髪は可能
・ブリーチなしの青髪はここまで染まる
・ブリーチなしの青髪と個人差(ベース)
・ブリーチなし青髪の色落ち
これらについて解説します

 

この記事は特にこんな人にオススメです。⬇︎

  • ブリーチなしで青髪にしたい
  • ブリーチなしで青がどれくらい入るか知りたい
  • ブリーチのダメージが心配
  • ブリーチなし青髪の色落ちも知りたい

 

このブログを書いているのはこんな人

マキヤマといいます。
・ブリーチなしの青髪が得意
・ブリーチありの青髪も得意(笑)
・表参道(青山で)フリーランス美容師をしている(美容師歴は約10年)

 

今回は「ブリーチなし 青髪」について徹底解説していきます。

・青髪にしたいけど、ブリーチはちょっと……。
・なんとか、ブリーチなしで青髪に染めたい
そんな人は必見です。

 

 

【ブリーチなし】でも青髪に出来る

さっそく結論ですが、ブリーチなしでも青髪は可能です。

ただ「ブリーチなし青髪」は「ブリーチあり青髪」に比べると個人差が大きくなります。

個人差??

「個人差」については後ほど解説しますが、とりあえず「ブリーチなし」でも青髪は可能です。

 

 

「ブリーチなし青髪」ここまで青は入る

「ブリーチなし」でも青髪に出来る事は分かりました。

では「ブリーチなし」だと、どれくらい青が入るんですか?

当たり前ですが「ブリーチなし青髪」は「ブリーチあり青髪」ほど青髪にはなりません。

そうなんですか!?

はい!!
「ブリーチあり青髪」との違いは後ほど解説します。

まずは「ブリーチなし」の青髪をご紹介します。⬇︎

こちらはレディース⬆︎

こちらはメンズの「ブリーチなし」青髪です。⬇︎

結構「青い」ですね!

そうなんです!!
「ブリーチなし」でもここまで青髪になります。

 

 

「ブリーチなし青髪」と「個人差」

ここまで「ブリーチなし」でも青髪は可能というお話しをしてきました。
しかし、残念なお知らせがあります。

残念なお知らせ?

なんですか?

それは「人によっては、ブリーチなしでは青髪に出来ない人もいる」という事です。
要するに「個人差がかなり大きい」です。

なるほど……。
ちなみに、その個人差というのは??

例えばこの辺りです。⬇︎

  1. ベース
  2. 髪質
  3. カラー履歴

ここはかなり重要なので、1つずつ解説します。

 

①ベース

そもそも「ブリーチなしで青に染める」と言っても「髪のベースの明るさ」は人によって全然違います。⬇︎

画像が見にくくて申し訳ないですが、5〜6トーンの地毛(黒髪)の人もいれば「ブリーチなし」でも10トーンくらいの人もいます。(ブリーチなしだと、上2段のどれかです。)

確かに、その違いで「青みの入り方」も変わりそうですね!

そうなんです!!
イメージ的にはこんな違いです。⬇︎

  • 「真っ黒の画用紙」に「青の絵の具」を塗る
  • 「少し明るい(茶色い)画用紙」に「青の絵の具」を塗る

同じ「ブリーチなし」でも「ベースの髪色」が明るくなればなるほど、青が入りやすくなります。

 

 

②髪質

「ブリーチなし」で青に染めたいなら「髪質」も重要です。

どんな髪質だと良いんですか?

この辺りはかなり複雑で「人による」と言いたい所ですが「細くて柔らかい髪」だと(ブリーチなしでも)青が入りやすい(ことが多い)です。

髪質まで影響するんですね!

そうなんです。
それだけ「ブリーチなし」の青髪はシビアなんです。

 

 

③カラー履歴

最後は「カラー履歴」についてです。

特に注意して欲しいのは「黒染め」や「白髪染め」です。
これらの「濃い(暗い)色素」が入っていると「ブリーチなし」で青髪にするのは難しくなります。

では「黒染め」や「白髪染め」が入っている場合は「青髪」は諦めた方が良いですか?

人によっては、それでも「ブリーチなし」で青に出来る場合もあるので、担当美容師さんとしっかり相談してください。(どこで染めて良いか分からない人は、ページ下からLINE下さい。笑)

 

 

ブリーチなし青髪の染め方「2パターン」

「ブリーチなし青髪」についてだいぶ理解してきました。

で!?実際にはどうやって「ブリーチなし」で「青髪」に染めるんですか?

それは「企業秘密」なので……。
嘘です!!笑
僕は「フリーランス美容師」で「企業」ではないのでサクッと教えちゃいます。笑

「ブリーチなし」で「青髪」にしたい場合は、この2つの方法がオススメです。⬇︎

  1. (ブリーチなし)ダブルカラー
  2. 時間をかけて青髪を目指す

これだけで分かるかもですが、サクッと解説します。(最悪、ここは飛ばしてもOKです。笑)

 

①(ブリーチなし)ダブルカラー

まずは「(ブリーチなし)のダブルカラー」について。

「ダブルカラー」ってブリーチするから「ダブルカラー」じゃないんですか??

基本的にはそうなんですが、ちょっと特殊(?)な方法で「ブリーチ」の代わりに「カラー剤の1番明るいもの」を使う「ダブルカラー」です。

なるほど!!
「1番明るいカラー」で「ベース」を明るくしてそこに「青」を入れるという事ですね?

正解です!!
もちろん「ブリーチに比べるとベースの上がりは弱い」です。
それでも、地毛(黒髪)から青を入れるより、全然色の入りが良いです。

なるほど!
「ブリーチなし」と言っても色々あるんですね。

そうなんです!!
この方法は「企業秘密」なのであまり広めないように。(冗談です。笑)

 

 

②時間をかけて青髪を目指す

もう1つは「時間をかけて青髪を目指す」という染め方です。

どういう事ですか??

月1くらいのペースで「定期的に青を入れていく方法」です。
そうすると、カラーが抜ける度にベースの明るさが明るくなっていきます。(色を入れながら削るイメージです。)

「長期戦」ですね!!

そうですね!!
徐々に青みが強くなっていくので「青くしすぎるのもちょっと……。」という人にもオススメの方法です。

 

 

ブリーチなし青髪は限界もある「ケアブリーチもあり?」

ここまで「ブリーチなし青髪」について解説してきましたが、やはり「ブリーチなし」の青には限界があります。

「ほんのり青髪」を目指している人は「ブリーチなし」でも良さそうですが「しっかり青髪」ならブリーチが必要という事ですね?

その通りです!
ちなみに「髪色を青くしたいけど、どうしてもブリーチのダメージが心配」という人は「ケアブリーチ」もオススメです。

ケアブリーチ?

ケアブリーチは「ブリーチのダメージを極限まで抑えるケア剤が入ったブリーチ」です。

普通のブリーチよりダメージは減るんですか?

はい!!
かなりダメージレベルは下がるので、「しっかり青髪」にしたいけどダメージが心配な人は検討してみても良いと思います。

参考記事
【ケアブリーチ】デメリットは3つ「デメリットよりメリットが大きすぎる」

 

 

「ブリーチなし青髪」と「ブリーチあり青髪」の違い

「ブリーチあり」と「ブリーチなし」の青髪はどれくらい違うんですか?

まだ「ブリーチあり」の青髪を紹介していませんでしたね。
「ブリーチあり」の青髪はこちらです。⬇︎

かなり「青」ですね。笑

そうなんです!!

メンズはこちら。⬇︎

やっぱり「ブリーチなし」より「ブリーチあり」の方がキレイな(ハッキリした)青髪になる事は間違いないです。

これを見ると、ブリーチしたくなっちゃいますね。笑

もちろん「ブリーチなし」にも「ダメージが少ない」「派手になりすぎない」などのメリットはあります。

なるほど!!

「ブリーチあり」「ブリーチなし」自分に合った方を選んで、理想の「青髪」を目指していきましょう。

 

 

「ブリーチなし青髪」の「色落ち」

ちなみに「ブリーチなし」の青髪はどんな感じの色落ちですか?

それでは、最後に「ブリーチなし青髪」の色落ちについて解説します。
ここでお話しするのはこの3つです。⬇︎

  • ベースによる
  • 基本は茶髪に色落ち
  • カラーシャンプーの利用がオススメ

また、サクッと解説します。

 

ベースによる

そもそもですが「青の入り方」が「ベース」によって違ったように、色の落ち方も「ベース」によって異なります。

なるほど!!
やはり「べース」はかなり重要ですね!!

 

 

基本は茶髪に色落ち

(べースの明るさ次第ですが)多くの場合「ブリーチなし青髪」は「茶髪」に抜けてきます。
とはいえ、べースがほぼ黒(6トーン)の青髪の色落ちは「ほぼ黒」です。

イメージ的には「青に染める前の色」に戻っていく感じです。⬇︎

なるほど。

ただ、繰り返し青で染め続けていくと、だんだん「色の定着」が良くなるので、長く青髪を楽しむ事ができます。

 

 

カラーシャンプーの利用がオススメ

(ブリーチのあり・なしに関わらず)青髪は比較的「色落ちが早い髪色」です。

なんとか「色持ちを良くする方法」は無いですか?

あります!!
それは「カラーシャンプー」の使用です。

「カラーシャンプー」って「ムラシャン」とか?

それです!!
青髪の場合は「紫シャンプー(ムラシャン)」や「ネイビーシャンプー」あたりがオススメです。

「ネイビーシャンプー」なんてあるんですね!!

そうなんです!!
ぜひ、これらのシャンプーを使用して「ブリーチなし青髪」も楽しみましょう。(もちろん「ブリーチあり」でもカラーシャンプーは使用しましょう。)

オススメのカラーシャンプーはこちら。(上がネイビー、下が紫です。)⬇︎

 

 

「ブリーチなし青髪」どこの美容院で染めれる?「もちろん僕にお任せを。笑」

「自撮り」すいません。笑

実は、僕自身も青髪にしたりします。(これはブリーチありです。)

そんな話はさておき(笑)今回は「ブリーチなし 青髪」について解説してきました。

このブログの内容を、簡単にまとめるとこんな感じです。⬇︎

  • ブリーチなしでも青髪は可能
  • ブリーチなし青髪は「ベース」が重要
  • 青髪にならない人もいる(個人差あり)
  • 「ブリーチあり」の方が青みが強い
  • 「青髪」には「カラーシャンプー」が必須

(最後に宣伝ですが。笑)どこで「ブリーチなし青髪」に染めて良いか分からない人で、表参道までご来店可能な人は、こちらからLINEください。(もちろん「ブリーチあり青髪」でもOKです。笑)⬇︎

いずれにせよ、このブログを読んでくれたあなたの髪色が「ブリーチなし(あり)」でキレイな青になる事を願っております。

「青髪」についてはこちらのブログもオススメです。⬇︎

【青髪】は暗めが最高!!美容師も「青髪(暗め)」をオススメする理由

【青髪】は暗めが最高!!美容師も「青髪(暗め)」をオススメする理由
青髪(暗め)について知りたいですか?このブログでは「暗めの青髪(=ブルー ブラック)が得意な美容師」が「青髪(暗め)のメリットやデメリット」を解説しています。青髪(暗め)の色落ちについても紹介していますので、これから青髪にする人はもちろん既に青髪の人も必見です。

【青髪】カラーシャンプーは何色を使う?「結論は紫かネイビー」ピンクもあり?

【青髪】カラーシャンプーは何色を使う?「結論は紫かネイビー」ピンクもあり?
青髪とカラーシャンプーの関係について知りたいですか? このブログでは「青髪のカラーが得意」「カラーシャンプーについて詳しい」そんな美容師が「青髪とカラーシャンプーの関係性」について解説しています。「青髪にカラーシャンプーは効果があるか知りたい」「青髪は何色のカラーシャンプーを使えば良いか知りたい」 そんな人は必見です。

【青髪】似合うコーデやファションは!?「どんな人に合う?」

【青髪】似合うコーデやファッションは!?「どんな人に合う?」
青髪に合うコーデ(ファッション)が知りたいですか?このブログでは青髪のカラーが得意な美容師が「青髪とコーデ(ファッション)」について解説しています。これから青髪にしたい人はもちろん、既に青髪だけど、どんなコーデが合うか知りたい人は必見です。

それではまた♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました