【最高】黒髪×インナーカラーはブリーチなしでもOK「理由はメリハリ」

インナーカラー

「ブリーチなし」で黒髪×インナーカラーにしたい人

・黒髪×インナーカラーは「ブリーチなし」でも可能ですか?

・黒髪×インナーカラーのメリットが知りたいです。

・黒髪に合うインナーカラーはどんな色がありますか?

 

黒髪のインナーカラーが得意な美容師

本記事では、

・黒髪×インナーカラーならブリーチなしでも可能
・黒髪×インナーカラーが最高な4つの理由

・黒髪に合うインナーカラー4色
このあたりを中心に解説していきます。

 

本記事は特にこんな人にオススメです。⬇︎

  • ブリーチなしでインナーカラーにしたい
  • 黒髪×インナーカラーが気になっている
  • 黒髪に合うインナーカラーの色を知りたい

 

このブログを書いているのはこんな人

・表参道で10年美容師をしている

・インナーカラーなどのデザインカラーが得意

・ブリーチなしのヘアカラーも得意

 

本記事では、そんな僕が【黒髪×インナーカラー】の組み合わせについて徹底解説していきます。

ブリーチの有無についても解説しているので、ブリーチなしでインナーカラーにしたい人も必見です。

 

 

黒髪×インナーカラーならブリーチなしでも大丈夫な理由

さっそくですが【黒髪×インナカラー】はブリーチなしでも大丈夫な理由を教えてください。

結論から言うと、ブリーチなしでも表面が黒髪ならメリハリが付きやすいからです。

表面が黒髪であれば、インナー部分が多少明るくなっていればある程度のメリハリ感は出ます。

このスタイルはブリーチなしで染めています。⬆︎

もちろん個人差はありますが、カラー剤の一番明るい物でもここまで明るくする事は可能です。

表面が明るいとモヤっとした印象になりますが、黒髪だからこそ、しっかりメリハリがつきます。

ブリーチなしでインナーカラーをするなら表面は黒髪一択です!!

 

 

「ブリーチなし」以外に【黒髪×インナーカラー】が最高な4つの理由

「黒髪×インナーカラー 」はブリーチなしでも可能という事は分かりました。

それ以外にも「黒髪×インナーカラー 」にメリットはありますか?

もちろんです!

それでは【黒髪×インナーカラー】が最強な4つの理由を解説します。

それがこちらです。⬇︎

  1. メリハリが出て超可愛い
  2. ダメージが少ない
  3. 普通のカラーに飽きた方でもOK
  4. バレないように染められる

順番にみていきましょう。(オススメな色は後半でご紹介します。)

 

 

メリハリが出て超可愛い

インナーカラーの表面の部分を黒髪にすると、明るさのメリハリが大きくなります。

それは、ブリーチなしで染めれる理由でもありましたね。

そうです。

ブリーチありで、インナー部分の明るさが明るくなるほどメリハリも大きくなるので、めちゃくちゃ可愛いです♡(逆に、表面も内側もどっちも明るいと「モヤッ」とした印象になります。

インナーカラーの上は黒髪(もしくは暗髪)が良さそうですね。

 

 

ダメージが少ない

黒髪×インナーカラーがオススメな理由2つ目はダメージが少ないという点です。

正確に言うと「ダメージ範囲が少ない」ということです。

例えば、ブリーチをするにしてもインナー部分だけすればOKです。(表面は黒髪ならブリーチは必要ありません。)

そして、インナーカラーの場所は生え変わるスピードが速いです。

ボブくらいの長さであれば1年くらいで全て生え変わります。(表面もブリーチした場合は、1年以上長くなります。)

短期間だけカラー(ブリーチ)したい人にも最高ですね。

 

 

普通のカラーに飽きた方でもOK

インナーカラーは通常のヘアカラーに飽きた方にもオススメのスタイルです。

特に、黒髪×インナーカラーはデザインカラー初心者さんにもオススメなスタイルです。

こんな方にも最高のカラーです。⬇︎

  • いつも同じカラーにしている
  • 少し違うカラーにしてみたい

 

 

 

バレないように染められる

最後は「バレないように染める事ができる」という点です。

学生さんの休み期間など短期間で楽しみたい場合にも「黒髪×インナーカラー」は最高です。
急な登校日があっても内側に隠したり、部分的に一日染すればOKなので回避可能です。

連休終わりに黒髪に戻すとしても内側だけなので楽チンですし、その後のケアも簡単ですね!!

【まとめ】黒髪×インナーカラーがブリーチなしで出来る以外のメリットはこちらでした。⬇︎

  1. メリハリが出て超可愛い
  2. ダメージが少ない
  3. 普通のカラーに飽きた方でもOK
  4. バレないように染められる

黒髪ベースなら色々なインナーカラーを楽しめそうですね。

 

 

黒髪に合うインナーカラー4色(ブリーチあり)

続いては、黒髪のインナーカラーに合う色をご紹介していきます。(ここでご紹介するのは全てブリーチをしています。)

今回ご紹介するのはこの4色です。⬇︎

  • ピンク×黒髪
  • 青×黒髪
  • ベージュ×黒髪
  • ホワイト×黒髪

順番に見てみましょう。

 

 

ピンク×黒髪

黒にピンクのインナーカラーは最高に映えです。

全体をピンクにすると、強めの印象になりやすくなりますが、インナーカラーならマイルドになって可愛いです♡

 

 

青×黒髪

青髪のデザインカラーは配色が難しいですが、黒髪×青なら相性抜群です。

このスタイルはインナーカラーではなくグラデーションカラーですが、青を少し深めに入れるとクールな印象になります。(色持ちも良くなります。)

ちなみに、青系のカラーは緑っぽく色抜けする可能性があるので注意してください。

詳しくはこちらを⬇︎
【なぜ緑?】ブルーブラックの色落ち後が緑になる理由 「対処法も解説」

 

 

ベージュ×黒髪

ベージュ、ミルクティー系のインナーカラーは黒髪との相性が抜群です。

王道系のインナーカラーといった感じですね。

そうですね。

ブリーチ回数は1〜2回です。
女性らしく可愛い色です♡

ちなみに、この色はムラシャン(紫シャンプー)の使用がオススメです。

参考記事。⬇︎
【ムラシャン(紫シャンプー)とは?】美容師による『まとめ記事』

 

 

ホワイト×黒髪

最後はホワイト×黒髪です。

全体をホワイトで染める場合はかなりダメージのリスクが必要です。

とはいえ、先ほど書いたようにインナー部分ならダメージ部分が限定的です。

ホワイトアッシュやホワイトヘアが気になっているけどダメージが心配という人は【黒髪×インナーホワイト】が良いかもしれませんね。

ちなみに、ブリーチ2回すればかなり白っぽくなります。
こちらもムラシャン必須です。

今回は、この4つのスタイルをご紹介しました。

  • ピンク×黒髪
  • 青×黒髪
  • ベージュ×黒髪
  • ホワイト×黒髪

とはいえ、まだまだご紹介したい組み合わせが沢山あります。⬇︎

これらの色味が入るインナーカラーも表面が黒髪なら良い感じです。

逆に合わない色が無いと言う最強の色。それが【黒髪】です!!

 

 

黒髪×インナーカラーはお任せください。

今回ご紹介したスタイルは全て僕が自分で染めています。
表参道までご来店可能な方は是非僕に染めさせてください。

「表参道は遠いから難しい。」という方は近くのカラーが得意な美容室で染めて下さい。(気になるカラーがあったら写真を保存してくださってもOKです。)

という事で【黒髪インナーカラー】楽しんでいきましょう♡

インナーカラーについてはこちらのブログもどうぞ。⬇︎

【楽チンでも可愛い】ミルクティー×インナーカラーってどんな色?

【楽チンでも可愛い】ミルクティー×インナーカラーってどんな色?
ミルクティーのインナーカラーについて知りたいですか? このブログではヘアカラーが得意な美容師がミルクティーのインナーカラーについて解説しています。 ミルクティーカラー、インナーカラーが気になる方は必見です。

 

【メンズ必見】メンズでもインナーカラーは出来ます。表参道の美容師ブログ

【バレない?】メンズでもインナーカラーは出来る「社会人でも可能」
メンズの【インナーカラー】について知りたいですか? このブログではヘアカラーが得意な美容師がメンズのインナーカラーについて解説しています。 「インナーカラーにしてみたい」というメンズは必見です。

LINEでのお問い合わせはこちらから。⬇︎

それではまた♡

コメント

  1. […] ついてはこちらのブログもどうぞ。⬇︎ ・【黒髪×インナーカラー】が最高な4つの理由【ブリーチなしでもOK】 […]

タイトルとURLをコピーしました