【オリーブベージュ】が似合う人は?「イエベ?ショート?ボブ?」

オリーブ

「オリーブベージュ」が似合う人がどんな人か知りたい人

・「オリーブベージュ」が似合う人ってどんな人?
・「イエベ」の人は似合うって聞いたけど…。
・「ショート」や「ボブ」でも似合うかな?

 

「オリーブベージュ」のヘアカラーが得意な美容師

このブログでは
・オリーブベージュが似合う人と似合わない人の特徴は?
・「イエベ」はもちろん「ショート」や「ボブ」でも相性◯です。
・オリーブベージュを楽しむ為のポイント
これらについて解説します。

 

このブログは、こんな人にオススメです。

  • 「オリーブベージュ」が似合う人がどんな人か知りたい
  • 自分が「オリーブベージュ」に似合うか心配
  • そもそも「オリーブベージュ」がどんな髪色か知りたい

 

このブログを書いているのはこんな人

・「オリーブベージュ」のヘアカラーが得意
・髪や美容に関するブログを毎日投稿している
・表参道で10年以上美容師をしている

 

今回は「オリーブベージュが似合う人」という超ピンポイントなお話をしていきます。

「オリーブベージュに染めたいけど、自分が似合うかどうか分からない」という人は必見です。

 

 

スポンサーリンク

オリーブベージュが「似合う人」と「似合わない人」の特徴は?

早速ですが、結論です。

オリーブベージュが「似合う人」と「似合わない人」は確かにいますが、日本人なら誰でも「似合わせられる」と考えます。

えっ!?
そうなんですか!?

ただ、あまりオススメしないのは「赤系カラーが好きな(よく染める)人」です。
「赤髪」や「ピンク」と「オリーブベージュ」は反対色なるので、ある程度の覚悟が無い限り、挑戦するのはオススメしません…。

「オリーブベージュ」にするか迷ってるなら試すのもありですか??

それは、もちろん「あり」だと思います。
ひとことで「オリーブベージュ」と言っても「明るさ」や「色の濃さ」の配合で全く異なる色になりますので、自分の好きな髪色を目指して色々挑戦してみるのは大切な事です。(より似合わせる方法は後ほど紹介します。)

 

 

「イエベ」はもちろん「ショート、ボブ」でも「オリーブベージュ」と相性◯

オリーブベージュは「イエベ(春、秋)」の人に似合うって聞いたことがありますが、実際はどうですか?

確かに「イエベ」の人と「オリーブベージュ」の相性は良い場合が多いです。
ただ、髪の毛だけではなく、全体の印象(例えばメイクや洋服)でイメージが変わりますし、そもそもヘアカラーというのは色落ちするものです。

確かに…。

染めた髪色がずっと同じという訳ではなく、色落ちの過程に自分のベストな色がある場合もあります。

なるほど!!
確かに、そう考えると「イエベ」の人だけではなく「ブルベ」の人も挑戦できそうですね!

その通り!!
先程お伝えしたように、日本人の髪は(多くの人の場合)赤みが強いので、その反対色である「オリーブベージュ」なら透明感がUPして、よりヘアカラーを楽しめるはずです。

 

髪の長さも問わず人気です。

もう1つ質問です。
「オリーブベージュ」が似合う「髪の長さ」とかありますか?

結論からお伝えすると、ショートやボブからロングまで、どんな長さでも似合うのでご安心ください。

ただ、これから紹介する「育てるカラー」の場合は髪の長さが長いほどキレイな「オリーブベージュ」になる場合があります。

育てるカラー???

はい!
では、この点について詳しく解説していきます。

 

 

育てるカラーならダメージも軽減

これはオリーブベージュ以外の髪色でもそうなんですが、透明感のある髪色を目指すなら「ベースの明るさ」と「ヘアカラーの濃さ」の差が重要になります。

どういう事??

ヘアカラーを入れる前の髪色(ベース)を出来るだけ明るくして、入れるカラーの濃さを出来るだけ濃く入れると(もちろん入れる色にもよりますが)めちゃくちゃ透明感のある髪色になります。

だから一度ブリーチして、髪を明るくしてからカラーを入れるんですよね。

その通り!!
その方法を「ダブルカラー」といいます。

ただ、ブリーチのダメージが心配という人は「少しずつ髪のベースを明るくしていく」という染め方もあります。

「ブリーチなし」でどうやって明るくしていくんですか??

ざっくり言うと、カラー剤には、この「2つの力」があります。⬇︎

  • 髪を明るくする力
  • 髪に色を入れる力

カラー剤の種類によってこのバランスが異なりますが、この2つの力を上手く調整する事で、少しずつ「髪のベース」を明るくしたり、暗くしたりすることが可能なんです。

という事は「ブリーチなし」でも「オリーブベージュ」にできるという事ですか!?

はい!
黒染めや白髪染めなどめちゃくちゃ濃い色素が入っている場合は除きますが「ブリーチなし」でもここまで透明感のある「オリーブベージュ」が可能です。⬇︎

かなりキレイですね!

そうなんです。
しかも「ブリーチなし」で染めているので、かなり「低ダメージ」となります。

なるほど!!
「育てるカラー」ってそういう事だったんですね!

もちろん、今すぐ「オリーブベージュ」にしたい場合は「ブリーチあり」でもOKですが、ダメージが心配な人は少しずつ「オリーブベージュ」に育てていくのもありかもです。

その方が自分に似合うかどうかも判断しやすいですね!

その通り!!
この方法なら、途中で路線変更していく事も可能です。

「オリーブベージュ」のブリーチなしについては、こちらのブログをどうぞ。⬇︎
【オリーブベージュ】は「ブリーチなし」でも可能「オススメは8トーン?」

 

 

オリーブベージュ「さらに楽しむ為のポイント」

オリーブベージュは「イエベ」や「ショート」「ボブ」でも楽しめる事は分かって頂けたと思いますが、さらに「オリーブベージュ」を楽しむ為のポイントを3つご紹介します。

それが、こちらです。⬇︎

  1. 継続してオリーブ系を入れる
  2. メイクや洋服も変えてみる
  3. カラーケアを楽しむ

サクッと解説していきます。

 

①継続してオリーブ系を入れる

これも「オリーブベージュ」に限らずですが、ヘアカラーというのは、継続して同じ系統の髪色を続ければ続けるほど「色の定着」が良くなっていきます。

初めは見慣れない場合でも、長く「オリーブ」を続ければ「イメージが定着」してくるかもですね!

その通り!!
その点、先程お伝えした「育てるカラー」との相性は抜群です。

 

 

② メイクや洋服も変えてみる

先程も軽く紹介しましたが「オリーブベージュ」の似合う、似合わないは「髪の長さ」や「イエベ、ブルベ」だけではありません。

「メイク」や「ファッション」でも変わるんでしたよね!?

その通り。
逆に「オリーブ系」などの寒色系で染める事が無いなら、普段やらない冒険として楽しんでみるのもありかもです。

確かに!
刺激もありそうですし、おしゃれの幅が広がりそうですね。

 

 

③カラーケアを楽しむ

「オリーブベージュ」の髪色をより楽しむポイントの最後は「カラーケア」です。

これも上で紹介しましたが、ヘアカラーは色落ちしていくので、ずっと同じ髪色ではありません。

せっかくなら、キレイな髪色を長く楽しみたいですね!

そんな場合は、しっかりと「カラーケア」をするのが大切です。

具体的には、どんなケアをすれば良いんですか??

それでは最後に「オリーブベージュ」の色持ちを良くする為の「カラーケア」をご紹介していきます。

 

 

オリーブベージュは「色持ちを良くする努力」も大切

いつも通り結論から。
「オリーブベージュの色持ち」を良くしたいなら、これらのポイントは超重要です。⬇︎

  1. カラーシャンプーの使用
  2. お湯の温度に注意
  3. 徹底的に保湿する

まず、ヘアカラーの色持ちを考慮するなら「紫シャンプー」などの「カラーシャンプー」の使用は必須になります!

オススメはこの辺り。⬇︎

その際も、シャワーのお湯は出来るだけ低めに設定して洗うようにしましょう。

お湯の温度まで影響するんですね…。

そうなんです!
「お風呂上がりの保湿」も忘れないでください。

ヘアオイルですか?

はい!
ドライヤーの熱から髪(カラー)を守るため、洗い流さないトリートメントは絶対使う事をオススメします。

色々注意する必要があるんですね。

「オリーブベージュ」に限らず、ヘアカラーを長く楽しみたいなら、これくらいシビアに髪を扱うようにしましょう。

 

オリーブベージュの髪色を長く楽しむ方法

  1. カラーシャンプーの使用
  2. お湯の温度に注意
  3. 徹底的に保湿する

 

 

「オリーブベージュ」の髪色を楽しもう

今回は「オリーブベージュ」の髪色が似合う人はどんな人?という件について解説してきました。

本文中で見てきたように、オリーブベージュに限らずヘアカラーは(似合う、似合わないも大切ですが)単純に、楽しむ事も大切です。

なるほど!
楽しみながら、しっかりケアするのが良さそうですね!

その通り!
という事で、最後に宣伝です。笑

髪色を「オリーブベージュ」に染めたい人で表参道までご来店可能な人はこちらからLINE下さい。⬇︎

いずれにせよ、このブログを読んでくれたあなたの髪がキレイな「オリーブベージュ」になる事を願っております。

こちらのブログもオススメです。⬇︎

【オリーブベージュ】の髪色が超カワイイ「ブリーチなし」でも楽しめる!?

【オリーブベージュ】の髪色が超カワイイ「ブリーチなし」でも楽しめる!?
髪色を「オリーブベージュ」に染めたいですか?このブログでは「オリーブベージュ」の髪色に染めるのが得意な美容師が「オリーブベージュの染め方」や「ブリーチなし」について解説しています。「オリーブベージュの髪色を長く楽しむポイントも紹介していますので、これからオリーブベージュに染める予定の人は必見です。

【激推し】オリーブベージュ(暗め)が最高な6つの理由「色落ちも◯」

【激推し】オリーブベージュ(暗め)が最高な6つの理由「色落ちも◯」
暗めのオリーブベージュについて知りたいですか?このブログでは「オリーブベージュに染めるなら暗めをオススメをする美容師(笑)」がオリーブベージュ(暗め)の魅力や染め方について解説しています。「オリーブベージュの色落ち」や「色持ちを良くする方法」も紹介していますので、これからオリーブベージュに染める人はもちろん、既にオリーブベージュの髪色に染めている人も必見です。

【オリーブベージュ(明るめ)】はブリーチが必要?「色落ちも解説」

【オリーブベージュ(明るめ)】はブリーチが必要?「色落ちも解説」
明るめのオリーブベージュについて知りたいですか?このブログでは「オリーブベージュ」のヘアカラーが得意な美容師が(明るめ)オリーブベージュの問題点や染め方を解説しています。色持ちを良くするポイントも紹介していますので、既にオリーブベージュに染めている人も必見です。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました