【オリーブベージュ】は「染めるトーン」と「ベースのトーン」の差が超重要?

オリーブ

オリーブベージュの「トーン」について知りたい人

・オリーブベージュは何トーンくらいが良い?
・何トーンあればオリーブベージュが入る?
・ブリーチなしでも可能?

 

オリーブベージュの「トーン」に詳しい美容師

このブログでは

・オリーブベージュは「染めるトーン」と「ベースのトーン」の差で全て決まる!?
・オリーブベージュなら「8トーン以下」「ベースは12トーン以上」がオススメ
・オリーブベージュは「ブリーチなし」でも可能?

これらについて解説します。

 

このブログはこんな人にオススメです。

  • オリーブベージュの「トーン」について知りたい
  • 何トーンあれば「オリーブベージュ」にできるか知りたい
  • 「ブリーチなし」で染めれるかも知りたい

 

このブログを書いているのはこんな人

マキヤマといいます。

・オリーブベージュのヘアカラーが得意
・ヘアカラーの「トーン」について詳しい
・表参道で働くフリーランス美容師(歴は10年以上)

 

今回は「オリーブベージュ」と「トーン」の関係性について解説していきます。

「オリーブベージュの染め方」はもちろん「色持ち」についても紹介するので、これから染める人はもちろん、既にオリーブベージュの髪色に染めている人も必見です。

 

 

スポンサーリンク

オリーブベージュは「染めるトーン」と「ベースのトーン」の差で決まる!?

「透明感」があって、オシャレな髪色「オリーブベージュ」

「オリーブベージュ」に染める場合には、超重要なポイントが2つあります。

早速ですが、それがこちらです。⬇︎

  1. 染めるトーン
  2. ベースのトーン

オリーブベージュに染める人にとって、この「2つのトーン」というのが非常に大切になりますので、1つずつ順番に解説していきます。

 

 

オリーブベージュは「何トーン」で染める?

まずは1つ目の「染めるトーン」について。
これは単純に「何トーンのオリーブベージュに染めるか?」という話です。

確かに、それは大切ですけど、何トーンくらいが良いとかあるんですか?

もちろん、どうしても「◯トーン」じゃなきゃダメというのはありませんが、オススメなのは「6〜8トーン」です。

これくらい。⬇︎

思っていたより暗いですね…。

「9トーン」や「10トーン」はNGなんですね…。

もちろん、NGではありません!
あくまでも「オススメは6〜8トーン」という感じです。

なるほど!
どうして、そのくらいのトーンがオススメなんですか?

その理由は3つあります。⬇︎

オリーブベージュは「8トーン以下」がおすすめな理由

  1. 透明感、くすみ感がMAX
  2. 色持ちが良い
  3. ブリーチなしでも可能?

「②色持ち(色落ち)」と「③ブリーチなし」については、後ほど詳しく解説するので、ここでは「① 透明感、くすみ感がMAX」という点について簡単に解説していきます。

確かに、最近よく「透明感」とか「くすみ感」って聞きますね!

そうなんです。
実は、あまり明るいトーン(9トーン以上くらい)だと、染めた時の「透明感」や「くすみ感」が出にくいです。(特にくすみ感)

ある程度、暗め(濃いめ)で染めた方が「くすみ感」が出やすいという事ですね!?

その通り!!
もちろんカラー剤の配合にもよりますが、少し濃いめ(暗め)のトーンで染めておいて、色落ちも楽しむというのが「ヘアカラー上級者」の楽しみ方です。笑

染めたてだけ楽しむのは「初心者の楽しみ方」なんですね!?笑

もちろん、タイミングによっては、明るめのトーンで染めたい場合もあって良いですが、基本的には「染めたては少しトーン低め(暗め)」がオススメです。

 

 

オリーブベージュ「トーン別」見え方の違い

オリーブベージュに染めるなら、ある程度暗め(トーン低め)が良いのは分かりましたが、実際どんな感じかイメージ湧きませんね…。

それでは、目安として「6トーン」「8トーン」「10トーン」の3つのオリーブベージュをご紹介します。

ただ、色の見え方は「髪質」や「オリーブベージュを入れる前の髪の状態(ベースの明るさ)」によっても前後するので、あくまでも参考程度にどうぞ!

「6トーン」オリーブベージュ

「8トーン」オリーブベージュ

「10トーン」オリーブベージュ

なるほど!
確かに、比較すると違いがありますね!

そうなんです!
ここまで解説していきたように、オススメは「8トーン(もしくは7トーン)」くらいです。

 

 

オリーブベージュは「12トーン以上」のベースが必要?

ここまでオリーブベージュに染める際の「トーンの話」をしてきましたが、初めにお伝えしたように、オリーブベージュに染めるポイントはもう1つありました。
それが「②ベースとのトーン差」です。

これは、どういう事ですか?

ここまでは、どれくらいのトーン(明るさ、濃さ)のオリーブベージュに染めるか?という事でしたが、それ以前に「ヘアカラーを入れる前の髪の明るさ(ベース)」は何トーンくらいの明るさが必要なのか?という事です。

なるほど!
で?
何トーンくらいが良いんですか??

また結論から言うと、ベース(カラーを入れる前の髪)の明るさは「12トーン」以上あるとキレイなオリーブベージュが入ります。

「12トーン」はこの画像の中段、右から2番目です。⬇︎

「明るめの茶髪」ですね!

はい!

ある程度ベースとカラーの「トーン差」が無いと「透明感のあるオリーブベージュ」にはならないので「12トーン以上」を目安にベースを明るくする様にしましょう。

 

 

オリーブベージュは「ブリーチなし」でも可能?

12トーン以上にすれば良いなら「ブリーチなし」でも可能ですか?

良い質問です!
またまた結論からお伝えすると「人(髪)によってはブリーチなしでもオリーブベージュに染める事は可能です。」

実際に、この髪色は「ブリーチなし」で染めています。⬇︎

「ブリーチなし」なのに、かなりキレイですね!

そうなんです!
僕の腕も褒めてください。(笑)
ただ、これまでに「黒染め」や「白髪染め」の履歴がある人は難しい場合もあるので、美容師さんとしっかり相談してください。

※表参道までご来店可能な人はページ下からLINEください。笑

ちなみに、ブリーチなしで「オリーブベージュ」に染めるには(ざっくり分けるると)この2パターンで「ベース作り」が可能です。⬇︎

  1. 1番明るいカラー剤で「ダブルカラー」
  2. カラーを続けて、ベースを明るくしていく

ブリーチなしで「オリーブベージュ」に染める方法をもっと詳しく知りたい場合はこちらのブログも併せてどうぞ。⬇︎
【オリーブベージュ】は「ブリーチなし」でも可能「オススメは8トーン?」

 

 

オリーブベージュの「色落ちをキレイにする方法」

最後に、オリーブベージュの「色持ち(色落ち)」について少しだけ解説します。

確かに「オリーブベージュ」って色落ちが早そうなイメージです。

残念ながら(そのイメージの通り)色持ちが良い色ではありません。
とはいえ、いくつかのポイントをおさえれば、色落ちも楽しむ事が出来ます。

特に大切なのはこの辺りです。⬇︎

  1. 濃いめのトーンで染める
  2. カラーシャンプーを使う
  3. カラートリートメントを使う
  4. 色落ちの原因をとことん避ける

「①濃いめのトーンで染める」は、ここまでずっとお伝えしてきた内容ですので省略します。
オリーブベージュに染めるなら「②カラーシャンプー」「③カラートリートメント」は絶対にオススメです。(ブリーチありの場合は特に)

「オリーブベージュ」の髪色には何色が良いですか?

「カラーの配合」と「髪のベース」にもよりますが「紫、シルバー、アッシュ」あたりが良いかと思います。

僕の個人的なオススメはこの辺り。⬇︎

もちろん、これ以外でも良いですが、いずれにせよ「カラーシャンプー&トリートメント」の使用は必須です。

最後の「④色落ちの原因を避ける」というのは?

例えば「温泉」とか「プール」「海水」あたりには要注意です。

オリーブベージュの色落ちについては、こちらでも詳しく解説しています。⬇︎
【オリーブ】の髪色は「暗め」がオススメな「3つの理由」色落ちも解説

 

 

「トーン」も意識して「オリーブベージュ」を楽しもう

今回は「オリーブベージュ」と「トーン」について解説してきました。

ご紹介したように、オススメは「8トーン以下」ですが、それ以上がダメという事ではなく「自分が、どれくらいのトーンを選択しているのか?」という理解が重要です。

せっかく「オリーブベージュ」に染めるなら、その辺りも理解して楽しめると最高ですね。

その通り!
それが分かって頂けた所で、最後に少しだけ宣伝です。笑

髪色をオリーブベージュに染めたい人で、表参道までご来店可能な人はこちらからLINEください。⬇︎

最後の最後に失礼しました。笑
失礼ついでに「Instagram」のフォローもお願いします。笑

めっちゃ宣伝。笑

大変失礼しました。笑
いずれにせよ、このブログを読んでくれたあなたの髪色がキレイな「オリーブベージュ」になる事を願っております。

こちらのブログもオススメです。⬇︎

【オリーブベージュ】が似合う人は?「イエベ?ショート?ボブ?」

【オリーブベージュ】が似合う人は?「イエベ?ショート?ボブ?」
「オリーブベージュが似合う人」はどんな人か知りたいですか?このブログでは「オリーブベージュ」が得意な美容師が「オリーブベージュ」が似合う人はどんな人なのか?(イエベ?ショート?ボブ?は似合う?)解説しています。オリーブベージュに染めたいけど、自分が似合うか心配という人は必見です。

【オリーブベージュ(明るめ)】はブリーチが必要?「色落ちも解説」

【オリーブベージュ(明るめ)】はブリーチが必要?「色落ちも解説」
明るめのオリーブベージュについて知りたいですか?このブログでは「オリーブベージュ」のヘアカラーが得意な美容師が(明るめ)オリーブベージュの問題点や染め方を解説しています。色持ちを良くするポイントも紹介していますので、既にオリーブベージュに染めている人も必見です。

【市販】オリーブベージュの市販はオススメしない?「レシピは?」

【市販】オリーブベージュの市販はオススメしない?「レシピは?」
オリーブベージュの市販カラー(やレシピ)について知りたいですか?このブログでは「オリーブベージュ」のヘアカラーが得意な美容師が「オリーブベージュの市販カラー」について徹底解説しています。オリーブベージュのレシピ(とその考え方)も紹介していますので、これから染める予定の人は必見です。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました