【ブリーチあり】オリーブベージュは「ブリーチあり」が最強!?「色落ちは?」

オリーブ

(ブリーチあり)オリーブベージュについて知りたい人

・ブリーチありの「オリーブベージュ」ってどんな髪色?
・明るめオリーブベージュの色落ちは早い?

 

オリーブベージュが得意な美容師

このブログでは
・オリーブベージュ(ブリーチあり)が超かわいい
・「染め方」と「注意点」を解説
・オリーブベージュの色落ち過程は?
これらについて解説します。

 

このブログはこんな人にオススメです。

  • (ブリーチあり)オリーブベージュに染めたい
  • オリーブベージュの色落ちが気になる
  • 色持ちを良くする方法も気になる

 

このブログを書いているのはこんな人

マキヤマといいます。

・オリーブベージュ(ブリーチあり)が得意
・オリーブベージュ(ブリーチなし)も得意
・表参道で美容師をしている(歴は10年以上)

 

今回は「ブリーチありでオリーブベージュに染める方法(レシピ)」や「色落ち」について解説します。

(ブリーチなし)オリーブベージュとも比較してますので、オリーブベージュに染めたいけど(ブリーチあり、なし)で迷っている人も必見です。

 

 

スポンサーリンク

オリーブベージュ(ブリーチあり)が超かわいい

早速ですが、ブリーチありの「オリーブベージュ」は超絶かわいいです。⬇︎

確かに、めちゃくちゃ良い色ですね!

実は「髪の状態」や「髪質」によっては「ブリーチなし」でも「オリーブベージュ」にする事は可能です。

えっ!?
そうなんですか!?

はい!
「ブリーチなし」でも、これくらいまでは「オリーブベージュ」になります。⬇︎

しっかり「オリーブベージュ」ですね。笑

「ブリーチなし」のオリーブベージュについて知りたい人はこちらをどうぞ。⬇︎
【オリーブベージュ】は「ブリーチなし」でも可能「オススメは8トーン?」

 

 

(ブリーチあり)オリーブベージュ「ブリーチなし」と比較

「オリーブベージュ」は「ブリーチなし」でも可能という事でしたが、ぶっちゃけ「ブリーチあり」と「ブリーチなし」どっちが良いですか?

正直、どちらにもメリット、デメリットがありますので「人(髪)による」というのが正解かもです。

という事で、まずは「オリーブベージュ」を「ブリーチあり」で染めるメリット、デメリットについて解説していきます。

 

 

「ブリーチあり」で染めるメリット

まずは、メリットから。

ブリーチありで「オリーブベージュ」に染めるメリットはこの辺りです。⬇︎

  1. 透明感がヤバい
  2. 赤みが出にくい
  3. (色落ち後)違う色にも染めやすい

これだけでも分かると思いますが、1つずつサクッと解説していきます。

 

ブリーチありのメリット【①透明感がヤバい】

「オリーブベージュ」に限らずですが、ブリーチあり、なしの1番の違いは「透明感」です。

確かに「ブリーチあり」だとキレイな(透明感のある)髪色になるイメージです。

そうなんです。
ブリーチで1度髪を明るくしてから「オリーブベージュ」を入れる事で「赤みの少ないオリーブベージュ」になります。

 

ブリーチありのメリット【②赤みが出にくい】

オリーブベージュを入れた後の色落ちも「ブリーチあり」と「ブリーチなし」では全く違います。

1度ブリーチをする事で(日本人特有の)赤みが削れるので、色落ちも赤っぽくならないというメリットがあります。

「色落ち」までキレイなのは嬉しいですね。

そうなんです。
見たことがあるかもしれませんが、髪のトーンは明るくなればなるほど「赤み」が薄くなっていきます。

ホントだ!!
どんどん黄色(金髪)っぽくなりますね!

そうなんです。
ある程度、明るくなっている場合はしっかり「ケア」をすれば、色落ちも楽しめると思います。(ケア方法について、詳しくは後ほど)

 

ブリーチありのメリット【③(色落ち後)違う色にも染めやすい】

「(ブリーチあり)オリーブベージュ」のメリットの最後は「次のカラーも楽しめる」です。

確かに、1度ブリーチしておけば「オリーブベージュ」が色落ちした後は何色にするか考えるのも楽しいですよね!!

そうなんです!!
「ベースの明るさ」が明るいと、染められる髪色の範囲が広がるのもヘアカラーの特徴です。

 

ブリーチあり(オリーブベージュ)のメリット

  1. 透明感がヤバい
  2. 赤みが出にくい
  3. (色落ち後)違う色にも染めやすい

 

 

「ブリーチあり」で染めるデメリット

続いては、デメリットを見ていきましょう。

ブリーチあり「オリーブベージュ」のデメリットで特に大きいのはこの2つです。⬇︎

  1. ダメージが大きい
  2. 金髪になりやすい

「ダメージ」と「色落ち」この2つについては、この後の「染め方と注意点」の所で詳しく解説していきたいと思います。

 

 

オリーブベージュの「染め方」と「注意点」を解説

オリーブベージュ(ブリーチあり)に染める時のポイントはこの3つです。⬇︎

  • 「ケアブリーチ」がオススメ
  • ベースの目安は12トーン以上
  • 明るくても「8トーン以下」

また、簡単に解説していきます。

 

「ケアブリーチ」がオススメ

(これはオリーブベージュに限らず)ブリーチのダメージが心配なら「ケアブリーチ」を使うのがオススメです。

ケアブリーチ??

はい!!
ブリーチのダメージを極限まで抑える「ケア剤」を使う方法です。

参考記事
【ケアブリーチ】デメリットは3つ「デメリットよりメリットが大きすぎる」

「ブリーチあり」のヘアカラーはいかにダメージを抑えながら染めるか?が重要になりますので迷っている人は美容師さんと相談してみてください。

 

 

ベースの目安は12トーン以上

オリーブベージュに染めるにはベースの明るさを「12トーン」くらいまで明るくするのがポイントです。

「12トーン」は中段、右から2番目です。⬇︎

これくらいなら「ブリーチなし」でも行けそうですね。

そこは、髪質やこれまでの履歴も影響してくるので個人差がありますが、そのあたりも踏まえて「ブリーチあり、なし」の相談をするようにしましょう。

 

 

明るくても「8トーン以下」

入れる「オリーブベージュの明るさ(トーン)」も重要です。

どれくらいの明るさで染めれば良いんですか?

明るくても「8トーン」以下がオススメです。

これくらい。⬇︎

逆に言うと、濃ければ濃いほど良いんですか?

色持ちという点から見たら「濃ければ濃いほどオススメです。」
特に「ブリーチあり」の場合は色落ちが早いので、イメージより暗め(濃いめ)で染めておくのがオススメです。

 

オリーブベージュ(ブリーチあり)に染めるポイント

  • 「ケアブリーチ」がオススメ
  • ベースの目安は12トーン以上
  • 明るくても「8トーン以下」

 

 

オリーブベージュ(ブリーチあり)の色落ちは「どんな色落ち過程?」

続いて「オリーブベージュ(ブリーチあり)の色落ち」について見ていきたいと思います。

どんな色に色落ちするんですか??

結論から言うと「最終的にはベースの明るさ」まで落ちてきます。

さっき言ってた、ブリーチの抜けた明るさにもよるという事ですね?

その通り!
ただ「ホームケア」の仕方によっても全く違うので、その点には注意しましょう。

どんな「ホームケア」をすれば良いんですか?

それでは、最後にその点を解説していきます。

 

 

オリーブベージュの色落ち過程をキレイにする「ホームケア」

いつも通り、結論からお伝えするとオリーブベージュの色落ちの過程をキレイにする為のポイントは3つです。⬇︎

  1. カラーシャンプーの使用
  2. カラートリートメントも使用
  3. お湯やアイロンの温度にも注意

「ブリーチあり」のカラーをするなら「①カラーシャンプー②トリートメント」は絶対です。

確かに、それはよく聞きますけど「オリーブベージュ」に染める場合は何色を使えば良いんですか?

「髪のベース」や「使用したカラー剤の配合」などにもよりますが、紫、アッシュ、シルバーあたりが良いでしょう。

オススメはこのあたり。⬇︎

その際も、シャワーの温度は「ぬるま湯」で優しく洗うようにしましょう。

※ヘアアイロンやドライヤーの熱にも要注意です。

 

 

オリーブベージュ(ブリーチあり)を楽しもう

今回は「ブリーチあり」の「オリーブベージュ」について、徹底解説してきました。

「オリーブベージュ」に限らず「ヘアカラーは継続して染める」というのも大切です。

確かに、その方が色持ちも良くなりそうですね!

そうなんです!
髪への色の定着も良くなり、発色が良くなったりもするので、少し「長期目線」で楽しめると最高です。

最後に少し宣伝です。
(ブリーチあり、なし問わず)オリーブベージュに染めたい人で、表参道までご来店が可能な人はこちらからLINEください。⬇︎

せめてInstagramのフォローだけでもお願いします。

失礼しました。笑
いずれにせ、このブログを読んでくれたあなたの髪がキレイなオリーブベージュになる事を願っております。

こちらのブログもオススメです。⬇︎

【オリーブベージュ(明るめ)】はブリーチが必要?「色落ちも解説」

【オリーブベージュ(明るめ)】はブリーチが必要?「色落ちも解説」
明るめのオリーブベージュについて知りたいですか?このブログでは「オリーブベージュ」のヘアカラーが得意な美容師が(明るめ)オリーブベージュの問題点や染め方を解説しています。色持ちを良くするポイントも紹介していますので、既にオリーブベージュに染めている人も必見です。

【オリーブベージュ】が似合う人は?「イエベ?ショート?ボブ?」

【オリーブベージュ】が似合う人は?「イエベ?ショート?ボブ?」
「オリーブベージュが似合う人」はどんな人か知りたいですか?このブログでは「オリーブベージュ」が得意な美容師が「オリーブベージュ」が似合う人はどんな人なのか?(イエベ?ショート?ボブ?は似合う?)解説しています。オリーブベージュに染めたいけど、自分が似合うか心配という人は必見です。

【超オススメ】オリーブグリーンの髪色は「ブリーチなし」でも相性◯

【超オススメ】オリーブグリーンの髪色は「ブリーチなし」でも相性◯
髪色を「オリーブグリーン」に染めたいですか?このブログでは「オリーブグリーン」の髪色が得意な美容師が「髪色をオリーブグリーンに染めるメリット」や「ブリーチなしのオリーブグリーン」について解説しています。「オリーブグリーンの髪色を長く楽しむ為のポイント」も紹介していますので、これから「オリーブグリーン」の髪色に染める人はもちろん、既にオリーブグリーンの髪色にしている人も必見です。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました