【解説】襟足のみインナーカラーのメリット【メンズも出来る?】

インナーカラー

襟足だけインナーカラーにしてみたい人

・襟足だけインナーカラーに出来ますか?
・どんなメリットがありますか?
・メンズでも襟足インナーカラーは可能ですか?

 

インナーカラーが得意な美容師

このブログでは
・襟足だけインナーカラーは可能
・襟足のみインナーカラーにするメリット
・メンズの襟足インナーカラー
これらについて解説します。

 

このブログは特にこんな人にオススメです。

  • 襟足のみインナーカラーにしたい人
  • インナーカラーがあまりバレたくない人
  • インナーカラーをしてみたいメンズ

 

 

本記事を書いているのはこんな人

マキヤマといいます。

・インナーカラーが得意
・特にブリーチカラーが得意
・表参道で10年美容師をしてます

 

そんな僕が
インナーカラー×襟足について解説します。

 

 

襟足だけインナーカラーは可能

襟足だけインナーカラーにしてみたいです。

結論から言うと、襟足だけインナーカラーにすることは可能です。

本記事ではこの点を深掘りしてみます。

 

 

襟足だけインナーカラーにするメリット

まずは、襟足のみインナーカラーにするメリットを解説します。

それは以下の3つです。⬇︎

  • バレにくい
  • ダメージが限定的
  • メンズでも可能

順番にみていきましょう。

 

 

バレにくい

もちろん髪の長さにもよりますが、襟足だけのインナーカラーはバレにくいです。

バイトや職場で隠れて染めたい人には最高ですね。

ただ、インナーカラーは髪型もセットで考える必要があります。

要するに、バレやすさには個人差があります。

 

重めのボブやロングなら内側に隠れるのでバレにくいです。
逆にメンズやショートは表面が短いので隠せなくなります。(バレてもOKな方は逆に目立ちやすいのでオススメです)

 

 

ダメージが限定的

襟足だけインナーカラーで染める場合はダメージも限定的になります。

耳上を入れない事で

  • バレにくい
  • ダメージ部分が減る

という2つのメリットがあります。

インナーカラーをしてみたいけどブリーチが初めてだからちょっと心配。
そんな人でも【襟足だけ】なら多少安心感があるかもですね。

 

 

メンズでも可能

最後はメンズも可能だという事です。

メンズのインナーカラーはイメージが湧かないです。

ではメンズのインナーカラーについて少し深掘りします。
(ここは女性の方は飛ばして頂いてもOKです。)

 

 

メンズの襟足インナーカラー

さっそくですが、僕が以前染めさせて頂いたカラーを貼りました。⬆︎

 

 

ウルフカットの襟足だけブリーチしてベージュ系に染めています。
このように、メンズでも襟足のみインナーカラーを楽しむ事が出来ます。

インナーカラーは女性のボブとかロングのイメージが強いですが、おしゃれメンズの間でも人気です。

 

ただ、メンズは特にスタイル(髪型)との組み合わせも重要になります。
この状況によって、

  • 襟足だけ
  • サイドも入れる

などの入れ方の調整が必要です。

 

メンズのインナーカラーについては以前このブログでも紹介しました。

こちらも合わせてどうぞ。⬇︎
【メンズ必見】メンズでもインナーカラーは出来ます。表参道の美容師ブログ

 

 

インナーカラーについてQ&A

今回は襟足のみインナーカラーについて解説してきました。

まとめると、

  • バレにくい
  • ダメージが限定的
  • メンズでも可能

これらのメリットがありました。

 

ここからはインナーカラーについてのQ&Aを見ていきたいと思います。

参考リンクも貼りながら解説するので、詳しく知りたい人はそちらもチェックしてください。

 

 

表面は何色がオススメ?

インナーカラーの内側の色は決まっているけど上(表面)の色が決まってません。

実はこれ結構あるあるです。

個人的には暗めがオススメです。
もちろんインーカラーの色にもよりますが、表面を黒(もしくは暗め)にするとインナーカラーとのメリハリがつきやすいです。

詳しくはこちらもどうぞ。⬇︎
【黒髪×インナーカラー】が最高な4つの理由【ブリーチなしでもOK】

 

 

ブリーチなしでも可能?

ブリーチなしでもインナーカラーにすることは可能です。
ただ、ブリーチした方がメリハリが出て可愛くなるのは確かです。

ダメージが心配な方は

  • ブリーチ範囲を減らす(襟足だけにする)
  • ケアブリーチを使う

これらで対処するのもありですね。

参考記事はこちら。⬇︎
【結論】ブリーチなしでもインナーカラーに出来る

 

 

セルフでも出来ますか?

出来なくは無いでしょうが、インナーカラーのセルフカラーはあまりオススメしていません。

内側の薬(ブリーチ)が表面についてしまったりしたら後戻りはできません。(笑)
内側だけ色を足す程度ならまだ良いですが、セルフカラーの中でも難易度が高いと言って良いでしょう。

美容室でやりましょう。

 

参考記事⬇︎
【最強】インナーカラー×金髪が可愛いすぎ。「ブリーチやセルフは?」

 

 

隠し方は?

途中でも書きましたが、メンズやショートヘアの人は隠すのは諦めましょう。(笑)

ボブやロングの人は襟足だけを染めて内側に包み込むようにすればバレません。
どうしても心配な人は襟足の1番下を染めずにその上(後頭部の少し下あたり)を染めるのもありかもです。

この辺りは1人1人の髪型(髪質)によっても違うので、心配な方は是非1度ご相談ください。
(ショートでもショートボブなら大丈夫かも。)

 

参考記事⬇︎
【必見】オフィスでもインナーカラーを楽しもう「会社でバレたくない」

 

 

まとめ

今回は【インナーカラー×襟足】をテーマに解説してきました。

襟足とサイド(耳上)を染めるインナーカラーが一般的ですが、襟足だけ染めるやり方もありです!

逆にサイド(耳上)だけ染めるイヤリングカラーというのもあります。⬇︎
【最高】イヤリングカラー・インナーカラーが可愛すぎ【優勝です】

【最高】イヤリングカラー・インナーカラーが可愛すぎ【優勝です】
【イヤリングカラー】【インナーカラー】について知りたいですか?このブログではインナーカラー、イヤリングカラーが得意な美容師が【イヤリングカラー】【インナーカラー】の魅力を伝えるブログです。これから試してみたい人は必見のブログです。

 

 

インナーカラーと言っても染め方は様々です。
皆様も是非色々なインナーカラーを楽しんでみてください。

インナーカラーについてはこちらのブログもどうぞ。⬇︎
【インナーカラー×外ハネ】が可愛すぎる。「×切りっぱなしも優勝」

【インナーカラー×外ハネ】が可愛すぎる。「×切りっぱなしも優勝」
インナーカラーの外ハネについて知りたいですか?このブログではインナーカラーが得機な美容師が【インナーカラー×外ハネ×切りっぱなし】について解説しています。インナーカラー、外ハネ、切りっぱなしが気になっている人は必見です。

 

【注意】男子のインナーカラーはダサい?「入れ方次第でクールです」

【注意】男子のインナーカラーはダサい?「入れ方次第でクールです」
男子のインナーカラーについて知りたいでですか?このブログでは、インナーカラが得意な美容師が男子のインナーカラーは入れ方次第でダサい?について解説しています。これからインナーカラーをしてみたい男子は必見です。

 

【最高】インナーカラー×シルバーが最強。「ブリーチ回数、やり方は?」

【最高】インナーカラー×シルバーが最強。「ブリーチ回数、やり方は?」
インナーカラーをシルバーにしたいですか?このブログでは、インナーカラーが得意でシルバーカラーも得意な美容師が【インナーカラー×シルバー】について解説しています。これからインナーカラーをシルバーにしたい人は必見です。

 

表参道までご来店可能な方はお気軽メッセージください。
こちら(インスタ)からでも可能です。

 

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました